SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-08-19 18:50:53

投資信託 > 特集 >  仮想通貨だけじゃない?!日本初ブロックチェーン関連銘柄に特化した「インベスコ世界ブロックチェーン株式ファンド」が運用開始

仮想通貨だけじゃない?!日本初ブロックチェーン関連銘柄に特化した「インベスコ世界ブロックチェーン株式ファンド」が運用開始

2019/8/6

【インベスコ 世界ブロックチェーン株式ファンド】愛称:世カエル(世界を変える技術) 追加型投信/内外/株式/インデックス型

大きな注目を集めているビットコインをはじめとした、いわゆる“仮想通貨”(=暗号資産)を支えている技術が「ブロックチェーン」です。
ブロックチェーンという言葉に馴染みのない方も多いかもしれませんが、現在ブロックチェーンは様々な分野に応用されつつあり、社会を大きく変える可能性を秘めた技術であると言えます。
ここでは、日本初のブロックチェーン関連銘柄に特化した、「インベスコ世界ブロックチェーン株式ファンド」についてご紹介します!

  • ※ファンド名、愛称、ファンドの特色に「ブロックチェーン」を含むファンドのうち、目論見書の「ファンドの特色」にブロックチェーン関連銘柄に投資を行うことを明記しているファンドとする。2019年7月11日現在。モーニングスター社調べ。

世界を変える?インターネットに続く技術革新!

人類の歴史のなかでは、ひとつの技術の登場がその後の世界を大きく変えてきました。ブロックチェーンもまた、そうした技術の一つとなるのではないかと期待されており、様々な分野への応用が進められています。

世界を変えてきた技術革新

【1400年代】印刷機 知識の共有化による近代文明の発展→【1800年代】エンジン 世界中にヒトとモノの移動が可能に→【1990年代】インターネット 物理的制御を超えて世界中がつながるように→【これから】ブロックチェーン インターネットに次ぐ革命を起こす技術

ブロックチェーンというと仮想通貨ばかりが連想されがちです。確かに、ブロックチェーン技術は代表的な仮想通貨であるビットコインの誕生と共に実用化され、仮想通貨の広まりと共に発展してきました。しかし、ブロックチェーン技術は仮想通貨以外の幅広い分野に応用可能であると同時に、インターネットと同様に各分野の基幹技術として応用されることで、現在の社会を大きく変える可能性を秘めています。

ブロックチェーン技術の活用例

振込:銀行や国境といった垣根がなくダイレクトに可能

中央管理システムが介在しないため、手軽かつ便利に、個人間で価値・資産のやりとりが可能に

【これまでの振込】[口座]個人:送金→銀行(中央管理システム)→[口座]個人:受取 [口座]個人→[口座]個人は、銀行介在 各々に口座がないと振込ができない 【ブロックチェーンの振込】中央管理システム不在のブロックチェーン上(資産をメッセージのように手軽に送れる) [アプリ]個人→[アプリ]個人へ直接やりとり 口座がなくても簡単に国内外に送金可能

物流:ブロックチェーンで模倣品を排除する仕組み

ダイヤモンドのニセモノ防止、医薬品の偽造防止、食の安全管理など物流全般の幅広い活用が期待

【これまでの問題点】各過程でデータ・情報が分断されているため、物流過程で不正があっても発見が不可能→【これからの解決策】ブロックチェーンで製品情報の履歴が記録されるため、改ざんは困難・追跡可能で不正を排除 【ブロックチェーンによる物流管理システム】製造情報→出荷情報→店頭情報→リセール情報→製品個体情報 QRコードで○正規品 ×模倣品 簡単に判定
  • ※出所:各種資料を基にインベスコ・アセット・マネジメントにて作成
  • ※上記はイメージであり、実際とは異なる場合もあります。

あらゆる分野に応用可能?ブロックチェーンの将来性に注目!

今後拡大していくであろうブロックチェーン市場のベースとなるのは、世界中のヒトやモノを繋ぎ、今なお拡大を続けるインターネット市場です。インターネットと同様に幅広い分野への応用が期待されるブロックチェーンの市場規模は、2030年には自動車産業の市場規模を大きく上回る約340兆円に拡大するとの試算もあり、投資先として将来性のある非常に魅力的な市場であると言えるのではないでしょうか。

【代替通貨】決算機能 デジタル権利証 【シェアリング】配車・民泊 Iotとの組み合わせ 【サプライチェーン】偽造・不正の防止 食の安全管理 【権利証明】土地登記 身分証明 【取引の自動化】著作権の利用 余剰電力の取引 ブロックチェーンの幅広い活用による波及効果は2030年までに3.1兆米ドル(約340兆円)*に拡大するとの試算もあります。約340兆円の市場規模は、200〜250兆円と言われる自動車産業の市場規模を凌ぐ大きさ(世界の販売台数9,680万台(2017年、国際自動車工業連合会)に基づく推計) 【巨大なインターネット市場がベース】全世界のインターネット人口:37億人(2017年) 出所:世界銀行、国連 全世界の携帯電話契約数:82億台(2018年) 出所:国際電気通信連合
  • *出所:市場規模:Gartner 『Forecast: Blockchain Business Value, Worldwide, 2017-2030』(2017年3月)市場規模の3.1兆米ドルを109.715円/米ドルで換算、WMロイターのレートに基づく。
  • ※作成時点での潜在的な市場規模の予測であり、将来を保証するものではありません。

ブロックチェーンの発展ははじまったばかり!今が投資のチャンス?

多くの可能性を秘めたブロックチェーンですが、その活用は初期段階にあると言えます。今は主に金融業界での活用が進み、いわゆるフィンテックブームの裏側での活躍が多いブロックチェーン技術ですが、今後は様々な業界への活用が期待され、非常に大きな市場規模の拡大が期待されています。インターネット技術をうまく活用し人々の暮らしを変えたアマゾンやグーグルといった会社が世界有数の企業になったように、いま、ブロックチェーン関連企業に投資することで、フィンテックの先にある大きな成長機会を捉えることができると言えるのではないでしょうか。

【ブロックチェーンの発展】ブロックチェーンは2009年に暗号資産(仮想通貨)の中核技術として登場、現在はパラダイムシフトの序章 【2009年】ビットコイン運用開始 ブロックチェーンの最初の実用化→【2015年頃】ブロックチェーンで自動契約の実用化(取引できる対象が拡大)→【2019年】現在(まだ始まったばかり) 【ブロックチェーン1.0】暗号資産(仮想通貨)への適用→【ブロックチェーン2.0】金融業界での活用 2025年市場規模*:約19兆円** →【ブロックチェーン3.0】他業界への拡大(世界が変わる)2030年市場規模*:約340兆円**
  • *出所:市場規模:Gartner 『Forecast: Blockchain Business Value, Worldwide, 2017-2030』(2017年3月)
  • **市場規模は2025年の1,760億米ドル、2030年の3.1兆米ドルを109.715円/米ドルで換算、WMロイターのレートに基づく。
  • ※作成時点での潜在的な市場規模の予測であり、将来を保証するものではありません。

ご注意事項

  • 「毎月分配型」「隔月分配型」の投資信託については、お取引の前に必ず「毎月または隔月分配型投信の収益分配金およびNISAでのご注意事項、ならびに通貨選択型投信に関するご注意事項」PDFです。新しいウィンドウで開きます。の内容をご確認いただきますようお願いいたします。
  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価格は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客様が実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • ご投資にあたっては、商品概要や目論見書(目論見書補完書面)をよくお読みください。

お客様サイトへログイン

PR

  • モーニングスター スマートフォンアプリ「株・投信情報」
  • つみたてステーション
  • 【動画】ウェルスナビ CEO柴山「起業の想い」

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.