SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-11-22 03:29:38

投資信託 > 特集 > 【運用担当 槇氏へのインタビュー動画掲載】野村リアルグロース・オープンの安定したパフォーマンスの秘訣に迫る!

【運用担当 槇氏へのインタビュー動画掲載】野村リアルグロース・オープンの安定したパフォーマンスの秘訣に迫る!

2018/9/7

【運用担当 槇氏へのインタビュー動画掲載】野村リアルグロース・オープンの安定したパフォーマンスの秘訣に迫る!

野村−野村リアルグロース・オープン

カテゴリ:国内株式 レーティング:

トータルリターン:6ヵ月  +0.62%、1年  +26.39%、3年(年率)  +13.19%

金額買付 積立買付 ポートフォリオへ追加 投信アラートメール設定

2003年10月の設定から約15年という歴史がある野村アセットマネジメント株式会社の「野村リアルグロース・オープン」。
「野村リアルグロース・オープン」はモーニングスターレーティングで4ツ星(2018年7月末時点)を獲得している他、設定来のトータルリターンが 165.7%と、同期間でベンチマークとしているRussell/Nomura Total Market Growthインデックスが93.7%、市場平均であるTOPIXが116.2%に対して、良好なパフォーマンスを維持している点も魅力の1つです。※
今回は、「野村リアルグロース・オープン」の運用の秘訣に加え、運用を担当されているシニア・ポートフォリオマネージャーの槇 重人氏に銘柄選定時の企業を分析する視点や日本の株式市場に対する展望等についてのインタビュー動画も掲載しておりますので是非ご覧ください。

  • ※7月末時点、ブルームバーグおよび野村総合研究所SuperFocusのデータ等より野村アセットマネジメント作成。

「足で稼ぐ」地道なリサーチ活動で日本の成長企業に投資!ポイントは「強さ」と「勢い」

「野村リアルグロース・オープン」の銘柄選定の基軸は『利益成長』にあります。この『利益成長』を判断する際、大事なポイントとなるのが、「強さ」と「勢い」の2点です。「野村リアルグロース・オープン」があらゆる相場環境を中長期的に乗り越え、安定的で高いパフォーマンスを維持している背景には「強さ」と「勢い」を兼ね備えている点も影響しているといえるでしょう。

「強い企業」(成長の継続力) 主に景気変動の波を乗り越えて利益成長を実現してきた実力企業 [投資判断のポイント]今後も継続的な利益成長の実現が可能か <「継続的な利益成長」とは> ●過去の実績を裏付ける力が今後も発揮される可能性が高いか ●「勢いのある企業」が、企業自身や事業環境の変化により継続的な利益成長が可能か

「勢いのある企業」(成長の急伸力) 企業自身や事業環境が変化することで高い利益成長が期待できる企業 [投資判断のポイント]●第1のスイッチが入り、高い利益成長を実現するかどうか●第2のスイッチを持ち、「強い企業」になりうるか ※「第2のスイッチ」がなくても、「第1のスイッチ」により高い利益成長が実現できると判断した際は、積極的かつ機動的に投資機会を求めます。<2つの「スイッチ」とは> ●「第1のスイッチ」:企業の利益成長を押し上げる企業自身や事業環境の変化 ●「第2のスイッチ」:「勢いのある企業」が「強い企業」に進化する企業自身や事業環境の変化

  • (注)上記は、ファンドの視点における成長企業について単純化したイメージ図であり、全てを説明しているものではありません。
    ファンドの運用においては、定量分析、定性分析、バリュエーション評価に加え、流動性等を勘案のうえ、銘柄の選定を行ないます。
    資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。
    また、上記の内容は、今後変更となる場合があります。
  • ※野村アセットマネジメント作成資料より抜粋。

【強い企業】M&Aキャピタルパートナーズ (サービス業)

独立系M&A(企業の合併・買収)仲介会社。中小企業を対象にM&Aを活用した事業承継を提案し、調剤薬局に強い顧客基盤を持っています。M&A仲介業は中堅中小企業の後継者不足を背景に事業承継案件が好調で、成約数大幅増を目指しセミナーを継続開催しています。コンサルタントも積極的に採用。経営統合したレコフは大型案件にも豊富な実績を持っています。

株価の推移

期間:2013年11月末〜2018年5月末、月次

営業利益の推移

期間:2013年9月期〜2017年9月期

  • (出所)ブルームバーグデータ、同社IR資料より野村アセットマネジメント作成。
  • ※上記は投資候補銘柄の一例として記載したものであり、個別銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ファンドへの組み入れを保証するものではありません。
  • ※上記は過去の情報であり、当ファンドの運用成果等を示唆・保証するものではありません。
  • ※野村アセットマネジメント作成資料より抜粋。

【勢いのある企業】エラン (サービス業)

介護医療関連事業。病院や介護関連施設などで、入院患者・入所者が入院・入所時に必要な衣服やタオルを洗濯サービス付きでレンタルできるシステムを提供。高齢化で医療・介護施設向けの日用品レンタルサービスの新規契約施設数が増加していることに加え、既存施設における利用率も向上しています。入院時の連帯保証人代行サービス提供の企業と提携するなど、さらなる差別化を図っています。

株価の推移

期間:2014年11月末〜2018年5月末、月次

営業利益の推移

期間:2013年12月期〜2017年12月期

  • (出所)ブルームバーグデータ、同社IR資料より野村アセットマネジメント作成。
  • 2018年5月31日現在、『強い企業』と『勢いのある企業』としてファンドの株式組入比率がそれぞれ1位の銘柄を掲載しています。
  • ※上記は投資候補銘柄の一例として記載したものであり、個別銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ファンドへの組み入れを保証するものではありません。
  • ※上記は過去の情報であり、当ファンドの運用成果等を示唆・保証するものではありません。
  • ※野村アセットマネジメント作成資料より抜粋。

日本の成長企業を発掘するコツとは?

投資対象とされる成長企業。日本はそれほど多い印象はないけど、銘柄はどうやって探しているの?

まず、会社四季報などを用いて、利益が連続して大きく伸びている企業や今期、横ばいあるいは減益でも来期以降大きく伸びる予想になっている企業、今期・来期と売上高の伸びが加速している企業などを抽出します。
また、こうした企業は小型株が多いのですが、小型株の場合、証券会社のアナリストの方々がカバーしていないことが多いため、抽出した銘柄に対しては自ら企業訪問を行っています。年間400社程度の企業を訪問を行っていますが、実際に「今すぐ投資したい!」と思えるような企業はほんの一握りであり、その数は1%にも満たないのが現実です。

野村アセットマネジメント株式会社
運用部株式グループ
シニア・ポートフォリオマネージャー
槇 重人氏

投資する企業の選定はどうやって決めるの?

私が企業訪問をした際に必ず行っていることが2点あります。1点目は、その企業がどこにも負けない技術優位性など、『利益成長を実現するポテンシャルを持っているか』という点、2点目は、そのポテンシャルが『利益として顕在化するためにはどのような事業環境が必要か』という点です。
ここで重要なことは、成長企業に変身するために必要な「何か」を常に自分にインプットし続けていくことです。こうした様々な過程を通し、ポテンシャルのある企業に利益を伸ばせる事業環境が訪れたと判断できた瞬間に投資を開始します。

上位銘柄に最近IPOを行った銘柄が多くあるけど、積極的に採用しているの?

「証券会社のアナリストの方々のカバーが行き届いていない銘柄に投資チャンスがある」と申し上げましたが、IPO直後の銘柄は、総額の大きいもの以外は証券会社によって本格的なリサーチが行われておらず、投資家にとっては情報収集を先行できるチャンスがとても多い、魅力的なマーケットだと思っています。ただし、IPO時は人気が先行して割高になるケースも多いことから、株価の割安性はしっかりと見極めた上で、投資することを心がけています。例えば、2016年10月に上場した金融機関向け営業支援システムを手掛けるキャピタル・アセット・プランニングは、IPO後の株価は下落基調でしたが、高齢者の資産運用マーケットの拡大と、契約のペーパレス化の進展により需要が大きく、中長期の成長性が織り込まれていないと判断し、上場約1か月後に投資を行いました。

  • ※上記は投資候補銘柄の一例として記載したものであり、個別銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ファンドへの組み入れを保証するものではありません。

基準価額上昇に寄与した上位銘柄

基準価額(分配金再投資)のパフォーマンスは2003年10月30日の設定以降と比較した際、ベンチマークを上回る成果をだしています。成長株を数多く、ポートフォリオに組み入れている「野村リアル・グロースオープン」の好調なパフォーマンスに寄与した上位銘柄をご紹介します。

基準価額(分配金再投資)とベンチマークの推移

期間:2003年10月30日(設定日)〜2018年7月末、月次

  • ・基準価額(分配金再投資)およびベンチマークは、ファンドの設定日前日を10,000として指数化しております。
  • ・基準価額(分配金再投資)とは、当初設定時より課税前分配金を再投資したものとして計算した価額であり、ファンドの収益率を測るためのものです。
    したがって、課税条件等によって受益者ごとに収益率は異なります。また、換金時の費用、税金等は考慮しておりません。
  • ・ベンチマークはRussell/Nomura Total Market Growthインデックスです。
  • (出所)ブルームバーグおよび野村総合研究所SuperFocusのデータ等より野村アセットマネジメント作成。
  • ※上記は過去の情報であり、当ファンドの運用成果等を示唆・保証するものではありません。
  • ※野村アセットマネジメント作成資料より抜粋。

【寄与度1位】エスプール(サービス業)

人材ソリューション事業とビジネスソリューション事業を手掛ける企業。営業支援、倉庫軽作業の請負、マーケティングや商品企画といったサービスを提供しています。コールセンター向けの人材派遣が伸びており、人手不足を背景にまとまった人数を送るグループ型派遣の需要が高まっており、ネット通販の拡大で、物流倉庫での商品の梱包作業などを受託する事業も伸びています。障がい者雇用支援サービスが伸びており、中長期的にも成長が見込めます。

株価の推移

期間:2018年1月末〜2018年5月末、月次

営業利益の推移

期間:2013年11月期〜2017年11月期

  • (出所)ブルームバーグデータ、同社IR資料より野村アセットマネジメント作成。
  • ※上記は投資候補銘柄の一例として記載したものであり、個別銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ファンドへの組み入れを保証するものではありません。
  • ※上記は過去の情報であり、当ファンドの運用成果等を示唆・保証するものではありません。
  • ※野村アセットマネジメント作成資料より抜粋。

【寄与度2位】キャリアインデックス(サービス業)

情報サイト運営。複数の求人や専門学校に一括応募できることが強み。主力の求人情報サイトでは製造業向けの派遣やアルバイトの求人の応募が伸びています。利用者の応募数に応じた成功報酬が拡大する。ファッション・アパレル業界に特化した求人サイトも女性を中心に利用が広がり、利幅の厚い求人サイト事業の伸びにより採算が改善しています。

株価の推移

期間:2016年12月末〜2018年5月末、月次

営業利益の推移

期間:2015年3月期〜2018年3月期

  • (出所)ブルームバーグデータ、同社IR資料より野村アセットマネジメント作成。
  • 過去1年間(2017年5月31日〜2018年5月31日)のファンドの基準価額上昇に寄与した上位銘柄を掲載しています。
  • 寄与度については野村アセットマネジメントが独自に計算したものです。
  • ※上記は投資候補銘柄の一例として記載したものであり、個別銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ファンドへの組み入れを保証するものではありません。
  • ※上記は過去の情報であり、当ファンドの運用成果等を示唆・保証するものではありません。
  • ※野村アセットマネジメント作成資料より抜粋。

≪取り下ろし≫運用担当 槇 重人氏にインタビュー

「野村リアルグロース・オープン」運用担当である野村アセットマネジメントの運用部 シニア・ポートフォリオ・マネージャー 槇 重人氏にご出演いただいた取り下ろしインタビュー動画は右記よりご覧いただけます。
四季報を用いて、自らの足で実際に企業訪問を行う地道な作業の背景にある理由とは?直近のポートフォリオを元に、個別銘柄の顔ぶれから気になるIPO銘柄への投資まで様々な質問にお答えいただきました。是非、ご視聴ください。

  • ※動画ページへ移動します。

野村−野村リアルグロース・オープン

カテゴリ:国内株式 レーティング:

トータルリターン:6ヵ月  +0.62%、1年  +26.39%、3年(年率)  +13.19%

金額買付 積立買付 ポートフォリオへ追加 投信アラートメール設定
  • ※モーニングスターレーティング、トータルリターンは、2018年7月末時点のものを記載しています。
  • ※上記は過去の実績であり、将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。
  • ※運用状況によっては、分配金額が変わる場合、又は分配金が支払われない場合があります。

ご注意事項

  • 「毎月分配型」「隔月分配型」の投資信託については、お取引の前に必ず「毎月または隔月分配型投信の収益分配金およびNISAでのご注意事項、ならびに通貨選択型投信に関するご注意事項」PDFです。新しいウィンドウで開きます。の内容をご確認いただきますようお願いいたします。
  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価格は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客様が実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • ご投資にあたっては、目論見書や契約締結前交付書面をよくお読みください。

お客様サイトへログイン

PR

  • モーニングスター スマートフォンアプリ「株・投信情報」
  • つみたてステーション

ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.