SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-12-11 16:24:08

投資信託 > 【買付手数料引き下げ】ゴールドマンサックスアセットをはじめ、計18ファンドの手数料引き下げ!

【買付手数料引き下げ】ゴールドマンサックスアセットをはじめ、計18ファンドの手数料引き下げ!

2018/6/21

お客さまからの多数のご要望にお応えし、インターネットコースにおけるご購入時の手数料の引き下げを継続的に実施しております。

今回の対象ファンドはゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントの人気ファンドを含めた、計18ファンド!
16本の買付手数料が無料に、2本の買付手数料が引き下げになります。
これにより、買付手数料無料のファンドは計1,305本(2018/6/21時点)となり、ますますご購入いただきやすくなります!

この機会にぜひ、ご購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

ピックアップファンド!「GS 日本フォーカス・グロース」

「GS日本フォーカス・グロース」は長期にわたり持続的な成長が期待できる日本の上場株式のうち、確信度の高い30銘柄程度に厳選して投資するファンドです。
「グロース株式」に「集中(フォーカス)投資」する理由とは?!ポイントは2つ!

①日本株式の中には、長期的に大きく成長する可能性を秘めたグロース株式が存在

日本の株式市場には、過去10年間で数倍以上のリターンをあげた成長企業が存在しています、米国株式市場では、23%の株式が過去10年間で300%以上上昇していることに対し、日本の株式市場では全体の17%しかありませんでした。成長企業の割合は米国と比べると相対的に少ないため、日本株式市場では多数の株式への分散投資よりも、 少数の「グロース株式」への「集中(フォーカス)投資」が高いリターンを獲得するための有効な手段だ考えられます。

②日本株式への投資は、選択と集中が重要

主要株式市場の中でも、日本は景気敏感株や為替感応度の高い銘柄などの構成比が高くなっており、過去のリターン推移をみても、米国と比較して市場トレンドが短期で変化する傾向にあります。したがって、日本株式市場で投資効率を高めるためには、グロース株式への選択と集中(フォーカス)がより重要といえます。

日本株式市場全体に1年間投資した場合のリターンの推移

米国株式市場全体に1年間投資した場合のリターンの推移

  • 期間:1989年1月末〜2017年12月末
  • 出所:ブルームバーグのデータを基にゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント作成
  • 日本はTOPIX(配当込み)、米国はS&P500指数(配当込み、米ドル・ベース)
  • 上記は過去のデータであり、将来の動向を示唆あるいは保証するものではありません。

上記の他、買付手数料無料に変更したファンドはこちら!

金額買付 口数買付 ポートフォリオへ追加 投信アラートメール設定
金額買付 積立買付 ポートフォリオへ追加 投信アラートメール設定

長期にわたり優れた利益成長が期待でき、本来の企業価値に対して現在の株価が割安であると判断する、米国を中心とした企業の株式に投資します。個別企業の分析を重視したボトムアップ手法により銘柄選択を行い、15〜20銘柄程度に厳選して投資するファンドです。
決算頻度の異なる、年2回決算コースのお取扱いもございます。

GS−ダ・ヴィンチ

カテゴリ:バランス

金額買付 積立買付 ポートフォリオへ追加 投信アラートメール設定

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントの計量モデルを用いて、世界の株式、債券および円短期金融商品に分散投資を行うことにより、資産の安定性をめざすとともに、成長性も追求します。基本資産配分は、世界株式40%、世界債券40%、円短期金融商品20%とし、投資環境に応じて機動的に資産配分を変更することで、収益の向上をめざすファンドです。

金額買付 口数買付 ポートフォリオへ追加 投信アラートメール設定

エマージング諸国の現地通貨建て債券に分散投資するファンドです。相対的に高い金利収入を長期にわたって積み上げることで、長期的に良好なリターンが期待できます。また、通貨価値が上昇した場合には、通貨価値の変動などからのリターンを狙うことも可能です。

買付手数料“引き下げ”ファンドはこちら!

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントの人気ファンド、「GSグローバル・ビッグデータ投資戦略」は2018年1月に続き、2回目の買付手数料の引下げを実施!ますますお買い求めやすくなりました!

手数料引き下げ
金額買付 積立買付 ポートフォリオへ追加 投信アラートメール設定
金額買付 積立買付 ポートフォリオへ追加 投信アラートメール設定

【変更前 買付手数料】

1億(口・円)未満3.24%、1億(口・円)以上5億(口・円)未満1.62%、5億(口・円)以上10億(口・円)未満0.81%、10億(口・円)以上0.54%

【変更後 買付手数料】

1億(口・円)未満1.08%、1億(口・円)以上0.54%

日本を含む先進国の株式を主な投資対象とし、信託財産の長期的な成長をめざして運用を行います。また、ビッグデータやAI(人工知能)を活用したゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント独自開発の計量モデルを用いて、多様な銘柄評価基準に基づき、幅広い銘柄に分散投資します。

投資信託に関するご注意事項

  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資対象毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客さまが実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • 「毎月分配型投資信託」または「通貨選択型投資信託」をお取引する場合、お取引前に必ず「PDFです。新しいウィンドウで開きます。毎月分配型投資信託・通貨選択型投資信託に関するご注意事項」の内容をご確認いただきますようお願いいたします。
  • ご投資にあたっては、目論見書や契約締結前交付書面をよくお読みください。

お客様サイトへログイン

PR

  • モーニングスター スマートフォンアプリ「株・投信情報」
  • つみたてステーション

ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.