SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-10-21 04:43:22

投資信託 > 特集 >  【今注目のテーマ関連銘柄】AI・人生100年時代・自動運転

【今注目のテーマ関連銘柄】AI・人生100年時代・自動運転

最近よく耳にする「AI」・「人生100年時代」・「自動運転」。
いずれも今後、私たちの未来に大きな影響を与えるテーマといえるでしょう。
これらの注目すべきテーマを背景に機動的な運用を行い、高いリターンを狙う商品が三井住友アセットマネジメントのライフスタイル関連ファンド。
そこで、今回は各商品の魅力やファンドマネージャーのコメント等を添えて旬な情報をお届けします。

三井住友・げんきシニアライフ・オープン

トータルリターン:6ヵ月 +7.65%、1年 +41.31%、3年 +20.11%

「人生100年時代」、拡大し続けるシニア向けビジネス

4人に1人が65歳以上の高齢者と言われる超長寿社会に突入した日本。
65歳以上の人口は2040年まで益々増加すると見込まれ、日本政府では、「人生100年時代」を見据えた経済・社会システムの実現に向けた話合いが毎月行われています。こうした「高齢者の増加」や、増加に伴う「高齢者サービスの多様化」により、今後のシニア向けビジネスは拡大の一途を辿ると予想されています。

65歳以上の人口推移・比例と見通し

  • (注1)データは1950年〜2040年。2015年までは総務省「国勢調査」、2016年は総務省「人口推計」
  • (2016年10月1日確定値)、2020年以降は国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(2017年推計)」の推計。
  • (注2)1950年〜2015年の総数は年齢不詳を含む。65歳以上割合の算出には分母から年齢不詳を除いている。
  • (出所)内閣府「平成29年版高齢社会白書(全体版)」を基に三井住友アセットマネジメント作成
  • ※三井住友アセットマネジメント作成資料より抜粋。
  • ※上記は過去に実績および将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。

日本経済に大きな影響力を持ち、今後成長が期待されるシニア向け「2大ビジネス」とは

①アクティブシニア関連ビジネス

現代のシニアは、現役時代と変わらない若々しいライフスタイルが大きな特徴!
健康志向の高まりからカカオポリフェノールの健康機能性(動脈硬化予防・血圧低下・認知症予防)への関心が高まっており、シニア世代のチョコレートの消費が拡大しています。
また、高度経済成長期を経験していることから、消費に対しても前向きで積極的です。自身への消費以外に孫へのプレゼント等、購買動向も多種多様。シニア世代のネットショッピングの増加はまさにその背景を物語っており、年間平均支出金額は10年前に比べ、約5倍に上ります。

  • (注1)チョコレートの消費
  • データは2005年〜2016年。2005年を100として複数化。
  • データ元のチョコーレート類はチョコレート、チョコレート菓子の年間平均金額の合計。
  • (出所)総務省「家計調査」(二人以上の世帯)を基に三井住友アセットマネジメント作成
  • (注2)シニア世代のネットショッピング
  • データは2005年〜2016年。2
  • 「シニア世代のインターネット経由年間平均支出金額」は、世帯主が65歳以上の1世帯当たり1ヵ月間の支出を1年間に換算して算出。
  • 「全世代のインターネット経由支出に占める割合」は、世帯主が65歳以上である世帯のインターネット経由年間支出総額を、全世帯の総額で除して算出。
  • (出所)総務省「家計調査」を基に三井住友アセットマネジメント作成
  • ※三井住友アセットマネジメント作成資料より抜粋。
  • ※上記は過去に実績および将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。
ーアクティブシニア関連ビジネスを行う銘柄とはー

■不二製油グループ本社(東証1部 2607)
チョコレート用油脂、製菓・製パン素材の販売を行い、特にチョコレートに含まれるカカオポリフェノールの健康機能性が注目され、シニアの消費が伸びています。
また、ブラジルの業務用チョコレートでシェアトップを誇るハラルド社を買収し、グローバル展開も進む等、業績拡大が期待されています。

■エイチ・アイ・エス(東証1部 9603)
海外旅行の取扱いがJTBに次ぐ第2位の旅行会社。ハウステンボスを子会社化し、テーマパーク事業も行っています。シニア世代は他の世代よりも旅行に支出する金額が比較的多く、元気なシニア世代のレジャーや旅行会社にとって大きなビジネスチャンスになると期待されています。

  • ※上記は投資対象銘柄の例示を目的とするものであり、当ファンドにおいて当該銘柄に投資するとは限りません。
    また、当該銘柄を推奨するものではありません。
  • ※上記は過去に実績および将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。

②ヘルスケア関連ビジネス

国を挙げて世界に先駆けた生涯現役の実現を目指すことが発表され、健康寿命の延命に向け、最も活性化が期待されるのはヘルスケア部門です。厚生労働省は2020年9月までにジェネリック医薬品のシェア80%を目標に掲げており、ジェネリック医薬品業界はビジネスチャンスが期待されています。また、介護分野においては介護報酬の改定による自立支援や設備の見直し、AIやロボットによる新しい医療・介護システムの具体的な施策・構築により、さらなる需要の拡大が見込まれています。

  • (注)データは2005年9月〜2017年9月。2017年9月は速報値。2020年9月の数値は、2017年6月に閣議決定された目標値。シェアは、「後発医薬品のある先発医薬品」及び「後発医薬品」を分母とした「後発医薬品」の数量シェアを使用。
  • (出所)厚生労働省「後発医薬品(ジェネリック医薬品)の使用促進について」を基に三井住友アセットマネジメント作成
  • ※三井住友アセットマネジメント作成資料より抜粋。
  • ※上記は過去に実績および将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。
ーヘルスケア関連ビジネスを行う銘柄とはー

■ニチバン(東証1部 4218)
テープの大手メーカーです。現在はテープだけでなく、絆創膏「ケアリーヴ」、肩こり・腰痛を和らげる「ロイヒつぼ膏」などのヘルスケア製品群が業績をけん引しています。
肩こり・腰痛に苦しむシニア層からの需要増が期待されるだけでなく、訪日外国人からの支持も集めています。

■イワキ(東証1部 8095)
医薬品、医薬品原料の製造・販売が主力です。中でも、皮膚科用塗り薬のジェネリック医薬品や、ジェネリック医薬品の原料などの分野で強みを持っています。政府もジェネリック医薬品の積極的な活用を推進しており、ビジネスチャンスの拡大が期待されます。

  • ※上記は投資対象銘柄の例示を目的とするものであり、当ファンドにおいて当該銘柄に投資するとは限りません。
    また、当該銘柄を推奨するものではありません。
  • ※上記は過去に実績および将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。

ファンドマネージャーからのメッセージ

葛原 健吾氏
三井住友アセットマネジメント
シニアファンドマネージャー

今後の成長が期待される「元気で健康な高齢者」と「介護」に関するシルバービジネスの分野に投資を行うファンドです。
1つ目は元気で若々しいアクティブシニア関連ビジネスへの投資です。アクティブシニアのレジャー、外食、スポーツ、健康商品、不動産・金融商品等への支出に着目しています。もう1つはヘルスケア関連ビジネスへの投資です。ヘルスケア関連のマーケットの拡大は世界的にも大きく注目されています。また、65歳以上の人口増加とともに医療費は増加しており、ヘルスケア関連ビジネスは成長分野といえます。
このように、当ファンドはシニア世代の「孫のための消費」や「自分自身の嗜好や健康への消費」など、シニアの生活に密着したユニークな視点で関連銘柄を発掘し、徹底したリサーチを行ったうえで組入れを行っています。拡大するシニア層に注目した当ファンドを、長期的な資産形成にお役立てください。

動画でわかる 「三井住友・げんきシニアライフ・オープン」

運用担当者である三井住友アセットマネジメントのシニアファンドマネージャー 葛原 健吾氏による「三井住友・げんきシニアライフ・オープン」の運用にあたっての組入銘柄の見つけ方やファンドの魅力について、右記よりご覧いただけます。

  • ※三井住友アセットマネジメント株式会社の動画ページへ移動します。

トータルリターン:6ヵ月 +7.65%、1年 +41.31%、3年 +20.11%

  • ※トータルリターンは、2018年4月末時点のものを記載しています。
  • ※上記は過去の実績であり、将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。
  • ※運用状況によっては、分配金額が変わる場合、又は分配金が支払われない場合があります。

投資信託に関するご注意事項

  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資対象毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客さまが実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • 「毎月分配型投資信託」または「通貨選択型投資信託」をお取引する場合、お取引前に必ず「PDFです。新しいウィンドウで開きます。毎月分配型投資信託・通貨選択型投資信託に関するご注意事項」の内容をご確認いただきますようお願いいたします。
  • ご投資にあたっては、目論見書や契約締結前交付書面をよくお読みください。

お客様サイトへログイン

PR

  • モーニングスター スマートフォンアプリ「株・投信情報」
  • つみたてステーション

ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.