SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-27 07:32:34

投資信託 > 特集 >  30年目線で長期投資!「コモンズ30」の魅力とは?

30年目線で長期投資!「コモンズ30」の魅力とは?

2017/09/19

今回ご紹介するファンドはこちら!

コモンズ−コモンズ30ファンド

カテゴリ:国内大型グロース ノーロードINT   レーティング:

トータルリターン:6ヵ月 +8.27% 1年 +23.31% 3年 +11.87%

金額買付 積立買付 ポートフォリオへ追加 投信アラートメール設定
  • ※各種データは8月末時点のものを記載しています。

「未来に向かって進むあなたとご家族を長期的にサポートいたします。今日よりも良い明日のために!」をコンセプトに、独立系運用会社であるコモンズ投信が、世代間を超える30年という長期的な時間軸を意識し、進化を続ける30社ほどの優良企業に集中投資して運用成果の向上に努めるファンドです。

30銘柄に30年目線で厳選投資、7年連続でカテゴリー平均以下の低リスク

 マザーファンドでは、全上場企業の中から、30年目線で厳選した30銘柄(銘柄数で1%未満)に投資を行います。新規組入・全売却は、企業経営、アナリスト、ファンドマネジャーなど、さまざまなバックグラウンドを持つ6名で構成される投資委員会において、全員一致の合議制で決定されます。30年目線の長期投資では、一人のファンドマネジャーの判断は必ずしも正しいとは限らないとの考えに基づきます。実際のポートフォリオをみると、長期的に企業価値の向上が見込まれ、事業環境の変化にも強い企業を選別しており、結果として、長期的な人口増加が見込まれる世界経済の成長を取り込める日本企業が多く組み込まれています。2017年3月末時点では、30社中19社の海外売上高比率が50%超です。
 組入銘柄数は原則として30に限定しているものの、基準価額のぶれ幅(標準偏差)が小さい点が当ファンドの特徴の一つです。実際に、暦年の基準価額のぶれ幅をみると、2016年までの過去7年間のうち、全ての年でカテゴリー平均、6年間で日本株平均をいずれも下回っています(図表1参照)。特に、欧州債務危機下にありカテゴリー平均が下落した2011年のみならず、同平均が上昇した2012年、2014年も基準価額のぶれ幅の小ささはカテゴリーの中で上位5%内となっています。厳選した銘柄に投資を行いながらも、株式市場の上昇・下落のいずれの局面でも低リスクのポートフォリオを構築しており、初めて投資を行う投資家や、保有資産の大きな変動を避けたい投資家などにとっても有望な選択肢の一つとなるでしょう。

  • ※各種データは6月末時点のものを記載しています。

(図表1)年間の基準価額のぶれ幅(標準偏差)の推移

  • ※国内大型ブレンド平均=モーニングスターインデックス
    国内大型ブレンド(単純)、日本株平均=モーニングスターインデックス 国内株式型(単純)

出所:モーニングスター作成

5年保有すれば投資タイミングを問わず年率8%以上のプラス!長期保有を前提に

 一方、暦年のトータルリターンをみると、2016年までの過去7年間のうち、カテゴリー平均を上回ったのは2011年、2014年、2016年の3年間のみでした。ただし、2017年6月末時点で保有している30銘柄のうち、14銘柄が2014年以降に上場来高値を更新するなど、保有銘柄の株式市場での評価は一段と高まっており、同月末までの過去3年間のトータルリターン(年率)は12.18%、カテゴリー内で上位8%と、運用成績は大きく向上しています。また、設定来の5年トータルリターン(同)の推移をみると、2017年6月までの42カ月の全てで8%以上のプラスとなっています(図表2参照)。投資家は、どのタイミング(月末基準)で投資を開始しても、5年間保有すれば大きなリターンを得られていたことになり、長期投資を前提とするファンドのコンセプトどおりの成果を享受できていると言えます。

 このように、長期的に優れた運用成績を上げるファンドでも、短期的なリターンはぶれる場合があり、長期保有を前提に投資を行うことが重要です。例えば、2017年6月末時点において、米国籍の米国大型株アクティブファンドで、20年リターンがトップ100に入るファンドであっても、過去10年間で対カテゴリー平均での全勝はなく、8年以上上回ったファンドも1割にとどまります。つまり、米国でトップクラスの運用実績を誇るアクティブファンドであっても、常に勝ち続けることの方がまれであり、短期的な勝ち負けにとらわれすぎて投資をやめたり、中断してしまうと、その後の大きな成果を取り逃す可能性がある点には注意すべきと言えます。

  • ※各種データは6月末時点のものを記載しています。

(図表2)当ファンドの5年トータルリターンの推移

  • 期間:2009年1月から2012年6月(月次)

出所:モーニングスター作成

★★★★★を5カ月継続中、他資産との組み合わせも有効

 当ファンドのモーニングスターレーティング(総合)は、レーティング付与対象となった2012年1月から2017年6月までの過去66カ月間の全ての月で3ツ星以上、直近は5カ月連続で5ツ星を獲得しています。マザーファンドでは、投資対象銘柄を30銘柄に限定しながらも、一貫してリスクを抑えたポートフォリオを構築しており、かつ、運用成績も向上していることが、5ツ星の獲得に寄与しています。また、一般的にファンドの信託報酬は、純資産額が増加しても一定の場合が多いですが、当ファンドは純資産額が500億円、1000億円超などの段階的に定められた額を上回る部分については、信託報酬が引き下げられる仕組みとなっています。ファンドに資金が集まるほど、投資家は実質なコスト負担が低くなるように設計されており、長期投資向けの商品設計となっています。  
このように優れた運用成績と長期投資向けの商品設計の双方を備える当ファンドは、つみたてNISA対象商品としての要件を満たしています。こうした非課税制度などを通じて新たに長期投資を検討している投資家のみならず、既に投資経験がある投資家にとっても魅力的な投資対象となるでしょう。例えば、当ファンドは国内債券や先進国債券(為替ヘッジあり)との価格連動性が低くなっています(図表3参照)。つまり、大きな価格変動をさけるためにこれらの資産を中心に投資を行ってきた投資家であれば、当ファンドをあわせて保有することで、保有資産全体の中ではお互いの価格変動が打消しあうようになり、分散投資の効果が発揮されやすいと言えます。また、先進国や国内のREIT、新興国債券などの高利回り商品を中心に投資を行ってきた投資家も、価格連動性が高い同種のファンドよりも、当ファンドとの組み合わせを選択した方がポートフォリオ全体のリスク低下には有効です。

  • ※各種データは6月末時点のものを記載しています。

(図表3)当ファンドと他資産の相関係数

  • ※相関係数は、2017年6月末時点における当ファンドと、以下の各モーニングスターカテゴリーインデックス(単純)の5年月次リターンに基づく
  • ※国内中型株=国内中型ブレンド、バランス=バランス・バランス型、北米株式(ヘッジなし)=国際株式・北米(ヘッジなし)、海外REIT(ヘッジなし)=国際REIT・グローバル・除く日本(ヘッジなし)、新興国(単一国)債券(ヘッジなし)=国際債券・エマージング・単一国(ヘッジなし)、国内REIT=国内REIT、海外債券(ヘッジあり)=国際債券・グローバル・除く日本(ヘッジあり)、国内債券=国内債券・中長期債

出所:モーニングスター作成

コモンズ−コモンズ30ファンド

カテゴリ:国内大型グロース ノーロードINT   レーティング:

トータルリターン:6ヵ月 +8.27% 1年 +23.31% 3年 +11.87%

金額買付 積立買付 ポートフォリオへ追加 投信アラートメール設定
  • ※各種データは8月末時点のものを記載しています。
  • ※上記は過去の実績であり、将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。

当ページの掲載情報に関するご留意事項

  • 当ページの情報は情報提供を目的として、モーニングスターから提供を受けた情報をもとに作成したものです。
  • 内容の正確性あるいは完全性については、これを保証するものではありません。
  • 当ページで示されている運用実績、データ等は過去のものであり、将来の投資成果を示唆、保証あるいは約束するものではありません。
  • 今後の見通しや分析結果等が含まれる場合、当該見通しや分析結果等は、作成時点の考えに基づくものであり、市場環境やその他の状況等によって将来予告なく変更する場合があり、またこれらは将来の投資成果を示唆、保証あるいは約束するものではありません。

投資信託に関するご留意事項

  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客様が実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • 本ページでご案内するファンドには、「毎月分配型投資信託」または「通貨選択型投資信託」が含まれております。お取引の前に必ず「PDFです。新しいウィンドウで開きます。毎月分配型投信の収益分配金およびNISAでのご注意事項、ならびに通貨選択型投信に関するご注意事項」の内容をご確認いただきますようお願いいたします。
  • 投資信託の決算日時点の基準価額がお客様の個別元本を下回っている場合、分配金は「特別分配金」となり課税されません。当該分配金については、NISA口座での非課税メリットを享受いただけませんので、ご留意ください。
  • ご投資にあたっては、目論見書や契約締結前交付書面をよくお読みください。

お客様サイトへログイン

PR

  • モーニングスター スマートフォンアプリ「株・投信情報」
  • つみたてステーション

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.