SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-16 09:14:38

投資信託 > 特集 > 「インフラ」、「内需復興」、「金融規制緩和」、米国を動かす3つのテーマに注目!

「インフラ」、「内需復興」、「金融規制緩和」、米国を動かす3つのテーマに注目!

2017/02/17

世界中の注目を集めるトランプ政権、そんなトランプ政権下で注目を集める投資テーマとは?
要注目のテーマとファンドをピックアップしました。

国内の雇用創出策のため、インフラ投資拡大を明言。「インフラ」関連企業に期待!

トランプ政権は“Make America Great Again”(米国を再び偉大な国へ)を合言葉に、国内重視の政策を実行することをめざしています。

トランプ大統領は1/20(金)の就任演説で以下のように語り、インフラへの投資を明言しています。
「新しい道路や橋、空港、トンネル、鉄道を我々のすばらしい国土に建設する。米国人の手と労働力で国を再建する」

そんなトランプ政権の政策の目玉ともいえるのが「インフラ」投資です。
そこで、今後成長が期待できる米国の「インフラビジネス」に注目したファンドをご紹介します!

おすすめポイント!

米国では老朽化したインフラが安全面だけでなく、経済成長の足かせになっていることから、インフラ整備が課題になっており、今後のインフラ投資の拡大が見込まれます。当ファンドは米国のインフラ整備の建設や改修などに直接関わる企業に投資するので、インフラ投資の拡大の恩恵を十分に享受できることが期待されます!またインフラ整備は長期間かけて行われることから、長期的な目線で値上がり益が見込めます。

おすすめポイント!

当ファンドは通信・水道など生活に必要な「設備やサービスに携わるインフラ運営関連企業」と、建設・素材など「インフラの構築・整備に携わるインフラ開発企業」の2つの企業群に分けて投資します。市場環境によって2つの企業群の投資割合を機動的に変える運用を行い、景気拡大/減速のどちらの局面においても収益の獲得を狙います。

JPM−JPM世界鉄道関連株投信

カテゴリ:国際株式  ノーロード(INT)
金額買付 積立買付 ポートフォリオへ追加 投信アラートメール設定

おすすめポイント!

米国では鉄道の老朽化が進んでいることから、トランプ新大統領のインフラ投資では修復や新規の高速鉄道計画など、鉄道に関するプロジェクトが盛り込まれると期待されています。当ファンドは、陸運・鉄道や金属・鉱業、建設・土木セクターなど鉄道関連企業に幅広く投資し、その恩恵を受けることを狙います。
米国大統領選の結果発表後、注目度が上がるとともにパフォーマンスも好調です!
直近1年のトータルリターンは+27.57%(カテゴリ平均+12.18%)、3年では+9.98%(カテゴリ平均+6.25%)と、良好です。

トランプ政権による内需復興策の恩恵を受ける「中小型株」へ投資!

トランプ政権は法人税の大幅な減税(35%→15%)とインフラ投資の拡大、つまり内需主導の景気拡大を第一に掲げています。
トランプ政権によって米国の内需復興が実現した場合、その恩恵を受けやすいのは、「中小型株」です。
「中小型株」とは、発行済み株式数が少ない銘柄群を指します。食品など消費者の生活と密接な内需関連企業が多く、トランプ政権による米国の内需復興(Revival)の恩恵を受けやすいと考えられます。

おすすめポイント!

米国の中小型株式へ厳選投資を行います。景気刺激策の恩恵を受けやすい割安な中小型株式への投資により、トランプ政権による米国復興(Revival)の波に乗り、高リターンの獲得を狙います。

トランプ大統領側近は米大銀行OB。金融規制緩和が「銀行」を生き返らせる!

トランプ政権の閣僚人事を見てみると、財務長官に元ゴールドマン・サックス幹部のスティーブン・ムニューチン氏、商務長官に知日派で著名投資家のウィルバー・ロス氏など、ウォール街に近い人物の名前が…!
リーマンショック後に疲弊していた銀行業に追い風が吹くかもしれません!

おすすめポイント!

米国の銀行株に投資対象を絞った運用が特徴です。トランプ政権ではリーマンショック後、銀行のリスク管理を徹底させるために成立した「ドッド・フランク法」の見直し等、金融規制の緩和する姿勢を明らかにしています。規制緩和や減税措置が実現すれば、銀行の業績が大きく改善することが期待されています。直近1年のトータルリターンは+42.40%(カテゴリ平均+19.45%)と好調ですが、政策の後押しによる更なる上昇が期待されます!(※設定(2015/11/20)来トータルリターン+21.28%)

低コストで、幅広く米国企業に投資するなら・・・

大和−iFree NYダウ・インデックス

カテゴリ:国際株式  ノーロード(INT)
金額買付 積立買付 ポートフォリオへ追加 投信アラートメール設定

おすすめポイント!

特定のテーマに絞らず、米国のNYダウ構成企業に幅広く分散投資します。NYダウを構成する企業は米国を代表する企業です。
そんな米国企業に低コスト(信託報酬 (税込)/年0.243%)で投資できるのが当ファンドの魅力です。

※上記は過去の実績であり、将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。

※トータルリターンは2017年1月末時点を基準としています。

ご注意事項

  • 「毎月分配型」の投資信託については、お取引の前に必ず「毎月分配型投信の収益分配金およびNISAでのご注意事項、ならびに通貨選択型投信に関するご注意事項」PDFです。新しいウィンドウで開きます。の内容をご確認いただきますようお願いいたします。
  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客さまが実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • ご投資にあたっては、目論見書や契約締結前交付書面をよくお読みください。

お客様サイトへログイン

PR

  • モーニングスター スマートフォンアプリ「株・投信情報」
  • つみたてステーション

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.