SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2017-03-24 07:01:28

投資信託 > 特集 >  スリランカの国債への投資で高利回りを狙う!世界的な低金利環境の今、要注目のファンド!

スリランカの国債への投資で高利回りを狙う!世界的な低金利環境の今、要注目のファンド!

2017/03/17

SBI-SBIスリランカ短期国債ファンド(毎月決算型)/(年2回決算型)

スリランカは近年経済規模を拡大している環インド洋経済圏の港湾立国です。急成長中のスリランカの国債に投資することで高利回りを狙うファンドをご紹介します!
世界的な低金利環境の中、利回り収入の獲得を狙う投資家の方にオススメです!

動画を見る

<動画掲載中>
SBIボンド・インベストメント・マネジメント堀井氏が登場!

「SBIスリランカ短期国債ファンド」の実質的な運用を担当するSBIボンド・インベストメント・マネジメント。
その代表取締役社長である堀井氏が「SBIスリランカ短期国債ファンド」の運用と、スリランカの投資魅力について解説しました。

動画を見る

<セミナー開催>
スリランカへの投資の魅力とは?

スリランカへの投資の魅力について情報を発信するため、スリランカの財務省財務長官やスリランカ中央銀行副総裁らを招いて、スリランカ投資に関するセミナーをSBI証券の主催で行いました。

実は港湾立国!その成長を支えるのは世界に誇る「コロンボ港」!

近年、港湾立国としてスリランカに注目が集まっています。その要因は地理的な優位性にあります。スリランカは東西南北、アジアとアフリカ、中東をつなぐ海運航路の中心に位置します。
この地理的な優位性に加え、教育水準の高さ、安価な賃金水準を背景にスリランカは第2のシンガポールに成り得る存在として今後の成長が期待されています。

港湾立国としての成長を支えるのが、スリランカが全世界に誇る「コロンボ港」です!

コロンボ港〜スリランカの高成長を支える高品質なインフラ〜

  •  世界港湾ランキング(※)において、南アジア第1位、世界で第30位
  •  24時間サービス体制
  •  理想的な地政学的位置にあり、国際船運ルートからの逸れが小さい
  •  最新のコンテナ船に対応した完全装備の停泊地
  •  優れたフィーダーネットワーク

※World Shipping Council
http://www.worldshipping.org/about-the-industry/global-trade/top-50-world-container-ports

観光立国としても急成長!?スリランカの経済発展のエンジンとなる「観光産業」!

近年、欧米メディアの注目や政府による積極的な支援を受け、観光地としての魅力は年々高まりつつあり、スリランカの経済成長を支えています。
また、急速な観光需要の高まりを受けて、高級ホテルやレジャー施設の開発が急ピッチで進んでいます!

今後は、港湾立国と観光立国の2本立てで経済成長が加速!

環インド洋経済圏の中心国として、急成長!

今後2030年にかけ、最も人口が増加する地域の一つが「環インド洋経済圏」です。インド洋を中心とした海洋国家とを結びつけるこの地域は、今後人口ボーナスの恩恵を受け、長期的に見ると経済成長の中心となることが期待されます。

人口ボーナス

2020年には環インド洋経済圏の世界に占める人口シェアは、30%になるとも言われています。人口シェアが増えれば、環インド洋経済圏において経済面での影響力向上に繋がりますね!

  • ※出所:SBIアセットマネジメント販売用資料から抜粋
環インド洋経済圏の中心

スリランカは環インド洋経済圏の中心に位置します。

スリランカの貿易港であるコロンボ港は、世界物流の大動脈であるインド洋航路の中で中東と東アジアの中心に位置する重要湾港で、南アジアで最大規模、インド洋の物流ハブとしての存在感が高まっています。

  • ※出所:SBIアセットマネジメント販売用資料から抜粋

【当ファンドの魅力】信託報酬水準を低めに設定することで長期での資産形成に貢献

シンプル・低コスト運用を目指す

「SBIボンド・インベストメント・マネジメント」が運用するファンドへ投資することにより、業界平均を大きく下回る信託報酬率で長期の資産形成に貢献します。新興国を対象とするアクティブ型債券ファンドとしては低めの、1%を下回る信託報酬水準を実現しています。

  • ※出所:SBIアセットマネジメント販売用資料から抜粋

SBIボンド・インベストメント・マネジメントは、SBIホールディングス株式会社と、世界最大級の債券アクティブ運用残高を誇るピムコ社の共同出資により、設立された資産運用会社です。シンプルかつ低コストのアクティブ型債券ファンド等を開発し、お客さまの長期資産形成に貢献できる運用商品として提供することを目指しています。

投資信託に関するご留意事項

  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客さまが実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • 本ページでご案内するファンドには、「毎月分配型投資信託」または「通貨選択型投資信託」が含まれております。お取引の前に必ず「PDFです。新しいウィンドウで開きます。毎月分配型投信の収益分配金およびNISAでのご注意事項、ならびに通貨選択型投信に関するご注意事項」の内容をご確認いただきますようお願いいたします。
  • 投資信託の決算日時点の基準価額がお客さまの個別元本を下回っている場合、分配金は「特別分配金」となり課税されません。当該分配金については、NISA口座での非課税メリットを享受いただけませんので、ご留意ください。
  • ご投資にあたっては、目論見書や契約締結前交付書面をよくお読みください。

お客様サイトへログイン

PR

  • モーニングスター スマートフォンアプリ「株・投信情報」
  • アムンディ・ダブルウォッチキャンペーン
  • 「動物×とうしん占い」

ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.