SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-11-18 03:34:19

投資信託 > じぶん年金専用ファンド「セレブライフ・ストーリー」

じぶん年金専用ファンド「セレブライフ・ストーリー」

ライフシーンに合わせた「じぶん年金」づくり セレブライフ・ストーリー 2015/2025/2035/2045/2055

ポートフォリオが徐々に安定的なものに自動的に変更される「じぶん年金」専用ファンドです。

米国で大人気の「ターゲットイヤー型ファンド」
ネット手数料無料!!
特徴1

退職までの期間に合わせ5本の投資信託をご用意しました。

豊かなセカンドライフ(セレブライフ)を送るため、長期的な資産形成を目指します。

特徴2

退職時期に合わせて資産構成を自動調節してくれる投資信託です。

若いときは高いリターンを目指して積極運用、歳を重ねるにつれ安定運用に切り替えます。

特徴3

これまでにない多様な資産(9資産、12銘柄)で運用します。

配分比率はモーニングスター・アセット・マネジメント株式会社が助言します。

セレブライフ・ストーリーの特徴

1 退職までの期間に合わせ5本の投資信託をご用意しました。

退職までの期間に合わせ、ターゲットイヤー(安定運用開始時期)を想定した5種類のファンドをご用意しました。

ターゲットイヤー・ファンドとは、お客様が想定する目標年限(ターゲットイヤー、例えば退職予定の年)が近づくにつれて、株式重視から債券重視へと適切な資産配分変更を自動的に実行してくれるファンドです。

ご購入時の
年齢の例

ターゲット
イヤー

ファンド名

資産構成

基本投資割合
2013年
12月17日現在

ターゲットイヤー

60歳

2015年

株式15%
債券69%等

株式19%
債券68%等

50歳

2025年

株式24%
債券57%等

40歳

2035年

株式34%
債券43%等

30歳

2045年

株式43%
債券31%等

20歳

2055年

株式65%
債券7%等

2 退職時期に合わせて資産構成を自動調節してくれる投資信託です。

資産運用は、若い世代ほど長期の運用が可能なため、株式等中心の積極的な資産配分が適しているといわれています。

たとえば若年世代向けの「セレブライフ・ストーリー2055」では、株式中心のポートフォリオで運用がスタートし、時間の経過とともに自動的に債券の比重を高めていきます。2055年には安定運用が開始され、債券中心の資産配分でポートフォリオが固定されます。

米国で大人気の「ターゲットイヤー型ファンド」

若年世代向け「セレブライフ・ストーリー2055」の資産構成例

3 これまでにない多様な資産(9資産、12銘柄)で運用します。

本ファンドはETF等を活用し、内外9種類の資産クラスにきめ細やかな投資を行うことにより、リスクの分散を図ります。

投資対象ファンドは、現時点において以下を想定しています。ただし、今後投資対象から外したり、新たなファンドを投資対象とする場合があります。また、将来の市場構造等の変化によっては、投資対象とする資産または投資スタイルを見直す場合があります。

投資対象ファンド

ファンドの仕組み

本ファンドはファンド・オブ・ファンズ方式で運用されます。ファンド・オブ・ファンズ方式とは、投資者の皆様からお預かりした資金を他の投資信託に投資することにより運用を行う方式です。

ファンド詳細・お申し込みはこちら

ご購入時の
年齢の例

ターゲット
イヤー

ファンド名

お申し込み

60歳

2015年

お申し込み

50歳

2025年

お申し込み

40歳

2035年

お申し込み

30歳

2045年

お申し込み

20歳

2055年

お申し込み

じぶん年金についてのご留意事項

じぶん年金は、投資信託等による資産運用を通じて、個々人での資産形成を提案するものです。公的な年金制度ではありませんので、以下の点にご留意ください。

  • 積み立てた元本や将来の給付額が保証されているものではありません。
  • 資産形成後は、ある時点から自らの意思で解約し生活資金の一部とすることを想定しており、何らかの給付が自動的に受けられるものではありません。
  • 中途での換金や収益の分配により利益が発生した場合には、通常の金融取引と同様課税の対象となります。積立金の所得控除や利益に対する課税の繰り延べ等、年金制度における税制上の優遇措置はありません。

投資信託に関するご注意事項

  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価格は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客様が実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • ご投資にあたっては、目論見書や契約締結前交付書面をよくお読みください。

お客様サイトへログイン

PR

  • モーニングスター スマートフォンアプリ「株・投信情報」
  • つみたてステーション

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.