SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-04-16 20:14:54

ホーム > セミナー > たけぞう氏と学ぶ!個別株選定とお得な売買方法

たけぞう氏と学ぶ!個別株選定とお得な売買方法

2024/3/5

たけぞう氏と学ぶ!個別株選定とお得な売買方法

今回のオンラインセミナーでは著名インフルエンサーのたけぞう氏をお招きして、現在のマーケット状況や個別銘柄の選定方法を学びます。
本セミナーでは直接質疑応答いただける時間を設けますので、是非ご参加ください。
また、国内株をお得に売買する方法として、SBI株オプションをご案内いたします。SBI株オプションを活用すれば「手数料は無料!対象となる株式の売買成立にかかわらず金利(プレミアム)が受け取れる」等(※ターゲットバイ・ターゲットセルの特徴)メリットがございます。その他にも様々な活用法がありますので、是非ご覧ください。

3/21(木)16:00〜開始予定

<無料>セミナーに参加する

  • ※YouTubeに遷移します

登壇者紹介

1988年に証券会社へ入社し約30年間勤務。 東京証券取引所において、4年間の“場立ち”を経て20年間以上証券ディーラーとして活躍。多い時には約10億円の資金運用を託され、重圧と戦いながら約50億円の収益を上げる。
現在は個人投資家である傍ら「誰にでも、わかりやすく」にこだわりラジオ、セミナーなど多くの舞台で投資手法を伝え、一人でも多くの投資家が株で収益を上げられるように日々活動を行っている。

特にメルマガは午前4時前に起床し国内の主なニュースや株価に影響のある記事を新聞4〜5誌からまとめ、早朝に終わるNY市場の動向も配信している。毎朝スペース、インスタライブで直近の相場の振り返りを配信。 X(旧twitter)のフォロワー数は、約22万人。 30年間の経験に基づいた豊富な金融知識が強み。

・証券ディーラーとは 証券会社の自社資金を株式市場で運用し収益獲得を職業にしている人のことです。
・場立ちとは かつて、取引所の立会場で手サインを使って売買注文を伝える証券マンの呼び名でした。

セミナー詳細

開催日時

2024/3/21(木)16:00〜17:00(予定)

受講料

無料

実施方法

Youtube Live

ご注意事項

  • 本セミナーでは商品等の勧誘を行うことがあります。
  • インターネットの混雑状況、また、お客さまのパソコンの状況等によってご覧いただけない場合がございます。ご理解の上、ご利用いただきますようお願い申し上げます。
  • 内容、配信時間等は予告なく変更させていただく場合がございますので予めご了承ください。
  • セミナー終了時間は目安となっておりますので、多少前後する場合がございます。
  • セミナーは、システム状況、またはその他の事情により開催を中止、または中断させていただくことがございます。あらかじめご了承ください。

ターゲットバイのご注意事項

    手数料など諸費用について

    • 本取引は当社との相対取引により売買することとなり、その対価のみ(購入対価、売却対価)を受払い頂きます。

    リスクについて

    • 本取引には主として次のようなリスクがあります。

    価格変動リスク

    • 本取引は取引期間中の対象銘柄の株価の変動によりお客さまに損失が発生する可能性があります。
      評価日の対象銘柄の価格が権利行使価格を下回ると、対象銘柄を権利行使価格で買い取ることとなります。権利行使価格と評価日の対象銘柄の価格の差額がプレミアム(1株当たり)の金額を上回る場合はお客さまに損失が発生します。
      本取引は取引が終了するまで原則として中途解約はできません。ただし、お客さまと当社が本取引の中途解約に合意した場合はその限りではありません。この場合、中途解約に伴うコスト負担が発生する場合があり、お客さまのご負担となります。

    流動性リスク

    • 本取引は活発な流通市場は確立されておりません。当社では、原則として本取引の取引期間中の中途解約は受け付けておりません。本取引は取引期間終了までお取引されることを前提にご検討下さい。

    信用リスク

    • 本取引は、お客さまと当社の間の相対取引です。したがって、お客さまには当社への信用リスク(当社が経営破綻等に陥った場合、契約や株券等の授受が履行されないリスク)が発生することになります。
      当社の直近1年間の四半期ごとの経営状況と財務状況、自己資本比率等は、当社のホームページ上の情報をご覧ください。

    その他の留意点

    • インサイダー取引規制
      本取引は対象銘柄の発行会社に関するインサイダー取引規制(金融商品取引法第166条(会社関係者の禁止行為)及び167条(公開買付者等関係者の禁止行為)に規定される上場会社等の業務等に関する重要事実及び公開買付け等事実の公表前の当該関係者による取引禁止規制)の適用を受けます。

    クーリング・オフの対象にはなりません

    • 本取引に関しては、金融商品取引法第37条の6(クーリング・オフ)の規定の適用はありません。

ターゲットセルのご注意事項

    手数料など諸費用について

    • 本取引は当社との相対取引により売買することとなり、その対価のみ(購入対価、売却対価)を受払い頂きます。

    リスクについて

    • 本取引には主として次のようなリスクがあります。

    価格変動リスク

    • 本取引は取引期間中の対象銘柄の株価の変動によりお客さまに損失が発生する可能性があります。
      評価日の対象銘柄の価格が権利行使価格を上回ると、対象銘柄を権利行使価格で売却することとなります。評価日の対象銘柄の価格と権利行使価格の差額がプレミアム(1株当たり)の金額を上回る場合はお客さまに損失が発生します。
      本取引は取引が終了するまで原則として中途解約はできません。ただし、お客さまと当社が本取引の中途解約に合意した場合はその限りではありません。この場合、中途解約に伴うコスト負担が発生する場合があり、お客さまのご負担となります。

    流動性リスク

    • 本取引は活発な流通市場は確立されておりません。当社では、原則として本取引の取引期間中の中途解約は受け付けておりません。本取引は取引期間終了までお取引されることを前提にご検討下さい。

    信用リスク

    • 本取引は、お客さまと当社の間の相対取引です。したがって、お客さまには当社への信用リスク(当社が経営破綻等に陥った場合、契約や株券等の授受が履行されないリスク)が発生することになります。
      当社の直近1年間の四半期ごとの経営状況と財務状況、自己資本比率等は、当社のホームページ上の情報をご覧ください。

    その他の留意点

    • インサイダー取引規制
      本取引は対象銘柄の発行会社に関するインサイダー取引規制(金融商品取引法第166条(会社関係者の禁止行為)及び167条(公開買付者等関係者の禁止行為)に規定される上場会社等の業務等に関する重要事実及び公開買付け等事実の公表前の当該関係者による取引禁止規制)の適用を受けます。

    クーリング・オフの対象にはなりません

    • 本取引に関しては、金融商品取引法第37条の6(クーリング・オフ)の規定の適用はありません。

コールのご注意事項

    手数料など諸費用について

    • 本取引は当社との相対取引により売買することとなり、その対価のみ(購入対価、売却対価)を受払い頂きます。

    リスクについて

    • 本取引には主として次のようなリスクがあります。

    価格変動リスク

    • 本取引は取引期間中の対象銘柄の株価の変動によりお客さまに損失が発生する可能性があります。
      評価日の対象銘柄の価格が権利行使価格を下回ると権利行使をすることができません。この場合、お客さまがプレミアムをお支払い頂くのみで取引が終了します。本取引は取引が終了するまで原則として中途解約はできません。ただし、お客さまと当社が本取引の中途解約に合意した場合はその限りではありません。この場合、中途解約に伴うコスト負担が発生する場合があり、お客さまのご負担となります。

    流動性リスク

    • 本取引は活発な流通市場は確立されておりません。当社では、原則として本取引の取引期間中の中途解約は受け付けておりません。本取引は取引期間終了までお取引されることを前提にご検討下さい。

    信用リスク

    • 本取引は、お客さまと当社の間の相対取引です。したがって、お客さまには当社への信用リスクが発生することになります。

    その他の留意点

    • インサイダー取引規制
      本取引は対象銘柄の発行会社に関するインサイダー取引規制(金融商品取引法第166条(会社関係者の禁止行為)及び167条(公開買付者等関係者の禁止行為)に規定される上場会社等の業務等に関する重要事実及び公開買付け等事実の公表前の当該関係者による取引禁止規制)の適用を受けます。

    クーリング・オフの対象にはなりません

    • 本取引に関しては、金融商品取引法第37条の6(クーリング・オフ)の規定の適用はありません。

プットのご注意事項

    手数料など諸費用について

    • 本取引は当社との相対取引により売買することとなり、その対価のみ(購入対価、売却対価)を受払い頂きます。

    リスクについて

    • 本取引には主として次のようなリスクがあります。

    価格変動リスク

    • 本取引は取引期間中の対象銘柄の株価の変動によりお客さまに損失が発生する可能性があります。
      評価日の対象銘柄の価格が権利行使価格を上回ると権利行使をすることができません。この場合、お客さまがプレミアムをお支払い頂くのみで取引が終了します。本取引は取引が終了するまで原則として中途解約はできません。ただし、お客さまと当社が本取引の中途解約に合意した場合はその限りではありません。この場合、中途解約に伴うコスト負担が発生する場合があり、お客さまのご負担となります。

    流動性リスク

    • 本取引は活発な流通市場は確立されておりません。当社では、原則として本取引の取引期間中の中途解約は受け付けておりません。本取引は取引期間終了までお取引されることを前提にご検討下さい。

    信用リスク

    • 本取引は、お客さまと当社の間の相対取引です。したがって、お客さまには当社への信用リスクが発生することになります。

    その他の留意点

    • インサイダー取引規制
      本取引は対象銘柄の発行会社に関するインサイダー取引規制(金融商品取引法第166条(会社関係者の禁止行為)及び167条(公開買付者等関係者の禁止行為)に規定される上場会社等の業務等に関する重要事実及び公開買付け等事実の公表前の当該関係者による取引禁止規制)の適用を受けます。

    クーリング・オフの対象にはなりません

    • 本取引に関しては、金融商品取引法第37条の6(クーリング・オフ)の規定の適用はありません。
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

国内信用デビュー&おかえりキャンペーン

ご案内
・【よりスムーズな解決を実現!】お問い合わせ内容の事前入力サービス
・口座開設の流れ

よくあるお問合せ
・NISA関連のお問い合わせ
・パスワード関連のお問い合わせ

HYPER SBI 2 ダウンロード
  • 【当選確率最大+5倍!?】最大10万円が当たる!SBIセレクト買付応援キャンペーン

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.