SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-17 19:04:29

ホーム > セミナー >  【開催レポート】農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶね 第一回年次総会

【開催レポート】農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶね 第一回年次総会

農林中金<パートナーズ>
米国株式長期厳選ファンド 第一回年次総会

開催レポート

9/29(土)、「農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶね」の第一回年次総会が京都で開催されました。運用責任者である奥野氏の確固たる投資哲学が光るこのファンドは、投資家への丁寧な情報発信による“手触り感のある投資”の提供を目指しています。
その中心的な取組みとして開催される年次総会、その第1回の様子をお届けします!

第一回年次総会 開催レポート

京都駅に集合!

年次総会当日の午前11時、京都駅に集合していよいよスタートです。

生憎の雨模様、台風が迫る中での開催となりましたが、多くの受益者の方にいらしていただくことができました。また、京都や関西のみならず、東京や九州から足を運んでくださったお客さまもいらっしゃるなど、初めての試みにも関わらず非常に関心度の高い年次総会となりました。

ついに第一回年次総会スタート!会場は秘密のお屋敷?!

集合した後は、バスに乗って京都の街並みを眺めながら会場まで移動。
会場は京都市内にある、とある由緒あるお屋敷でした。残念ながら詳細な場所をお伝えすることができませんが、元々は日本の歴史に名を連ねた人物に縁のあるお屋敷だそうです。一般には開放されていませんが、今回は所有者のご厚意で特別に使用させていただけることになったとのことでした。

まずは、管理者の方に案内をしていただきながら館内を巡ります。立派な庭園と、当時のまま残された畳や扉が印象的で、まるで100年以上前にタイムスリップしたような心地でした。

その後、お屋敷の中の一室に移動してランチタイムと運用報告会に。奥野氏のお話を伺いながら、京都らしい味付けのお弁当をいただきます。

奥野氏の運用哲学、ファンドに対する想いを中心に、「このファンドが立ち上がるまでの経緯」「なぜ、年次総会が京都での開催に至ったのか」といった、運用報告書などからはなかなか窺い知ることのできない、より深くこのファンド、そして奥野氏やNVICについて知ることのできる内容が続きました。奥野氏の飾らない語り口と、独自の哲学と長年の経験に裏打ちされた聞きごたえのあるお話に、会場は時折笑いも交えながら盛り上がりをみせます。そして、奥野氏の熱いトークに惹きこまれるうちに、あっという間に第一部が終了。つい時が経つのを忘れてしまうような濃厚な時間でした。

第二部に突入!〜“手触り感”を目指して〜

休憩を挟んで運用報告会は第二部へ。ここで一度、企業投資部長の酒見氏にバトンを渡します。プロジェクトの立ち上げ当時から奥野氏と共にファンドの運用に携わってきたという酒見氏からは、運用について個別の投資事例も交えながら、より詳細に解説していただきました。
「どうしてその企業を選んだのか」がしっかりと伝わってくる内容で、単なる数字の分析に留まらず、各社のビジネスモデルやそれを取り巻く環境まで、企業の本質に迫る分析は非常に納得感があります。
独自の哲学・理念を掲げながらも、単なる理想に終わらず、理論と分析に基づいて実績をあげている点は、投資家から見ても非常に安心感のあるものだったのではないでしょうか。

最後に再び奥野氏にマイクを戻し、質疑応答へ。参加者の皆さんからは、「インデックスファンドとアクティブファンドについてどう考えるか」「最近話題になっているESG投資について」「為替リスクをどう捉えているか」など、これもまた鋭い質問がいくつも飛び交いました。
それらに対する奥野氏の回答は、そのひとつひとつが自らの言葉で語られた、ぶれないものでした。

そして、予定の時間を若干超過し、名残惜しさを残しながらも第一回の年次報告会は終了。
帰りのバスでは、どこか参加者の皆さんと奥野氏をはじめとした運用チームの方々の距離も縮まり、行きよりも和やかな雰囲気が漂っていました。「投資家に“手触り感”を提供したい」、まさにそんな奥野氏の想いの一端を実現した第一回年次総会になったのではないでしょうか。

最後に

ファンドの運用についてだけではなく、奥野氏の運用哲学やファンドマネージャーとしての矜持、そして奥野氏や運用チームの皆さんのお人柄などを垣間見ることができました。これらは、紙の運用報告書だけでは伝わらない部分ではないでしょうか。
また、ひとつ印象的だったのは、チームのひとりが「奥野氏の運用哲学にほれ込んでいる」と語っていたことです。決して奥野氏ひとりきりの運用ではなく、その哲学に共感するメンバーが集ったNVICは、その運用哲学・理念を貫いていくことができるのでは?

奥野氏、そしてNVICの想いが詰まった「農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶね」から目が離せません!

ご注意事項

  • 「毎月分配型」「隔月分配型」の投資信託については、お取引の前に必ず「毎月または隔月分配型投信の収益分配金およびNISAでのご注意事項、ならびに通貨選択型投信に関するご注意事項」PDFです。新しいウィンドウで開きます。の内容をご確認いただきますようお願いいたします。
  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価格は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客様が実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • ご投資にあたっては、目論見書や契約締結前交付書面をよくお読みください。

お客様サイトへログイン

商品・サービスのご案内

  • 国内株式取引手数料 最大10,000円キャッシュバック SBI証券のご紹介プログラム開催中 詳細はこちら
  • FX口座解説&お取引で最大100,000円キャッシュバック!
  • テーマキラーキャンペーン

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.