SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-06-23 17:48:57

ホーム > 【重要】ウクライナ情勢緊迫によるマーケット変動にご注意ください

【重要】ウクライナ情勢緊迫によるマーケット変動にご注意ください

ウクライナ情勢が緊迫しており、株式・為替マーケット等に影響が生じる可能性が続いております。 ご自身の保有されている国内外の商品(株式個別銘柄、ETF、ETN、為替等々)の値動きには十分にご注意ください。

FXにおける注意事項

ロシアのウクライナへの軍事侵攻が開始され、各種金融市場において極めて不安定な相場状況が続いています。今後においてもこの傾向は続くと見られ、引き続きロシアルーブルの価格が急変するリスクがあります。

当社FXにおきましては、今後のウクライナ情勢や相場が急変するリスクに鑑み、ロシアルーブル/円の新規取引停止、および既に保有されているロシアルーブル/円の保証金率を以下のスケジュールにて引き上げ(レバレッジの引き下げ)を実施しております。 ロシアルーブル/円の当社対応状況詳細はこちらをご確認ください。

今後もマーケットやインターバンク市場の状況に準じてスプレッド配信を行ってまいりますが、ウクライナ情勢を含め今後の動向次第では、通貨ペアを問わず、スプレッドが平常時よりも拡大する場合がございます。

  • ※ロシアルーブル/円は2022/2/25(金)より当面の間、広告表示スプレッド適用対象外としております。 詳細はこちらをご確認ください。

ウクライナ情勢全般及びロシアへの経済制裁内容等によっては、ロシアルーブル/円のお取引・既存建玉におきまして、不測の状況が生じる可能性もございますので、引き続き十分ご留意くださいますようお願い申し上げます。

外国株式各国における注意事項

各国の株式市場において株価の急変動時には、各取引所によっては、急激な相場変動等の一定条件を満たした場合に発動する、サーキットブレイカー制度が導入されております。
サーキットブレイカーが発動した場合、サーキットブレイカー発動時点で未約定のご注文及びサーキットブレイカー発動中に受注したご注文は、取引所から注文が取消され、失効している可能性があります。
注文状況については、外貨建商品取引サイト>注文照会又は注文履歴画面にてご確認ください。

米国株式成行注文における注意事項

急激な相場変動により、買付時の成行注文をご利用の際には、注文時に拘束した金額よりも、約定金額が大きくなる可能性があるため、外貨決済、円貨決済共に、予め十分な現金をご用意くださいますようお願いいたします。
特に米国株式市場寄付前の成行による買付注文は、前営業日の終値を元に余力拘束いたしますので、寄付時の価格が大きく上昇することで拘束金額を超過して約定する恐れがございます。また株価が大幅に下落することも考えられますので、売却時の成行注文をご利用の際に、約定価格が予想以上に乖離する可能性もございます。

米国株式における注意事項(2022/3/1更新)

・ウクライナおよびロシア情勢により、ニューヨーク証券取引所(NYSE)とナスダックにおいてロシアADR、ロシア関連企業銘柄の取引が停止されており、ロシア関連ETFの取引が停止となる可能性もあります。銘柄毎の注意情報については、本日の注意銘柄(米国株式)新しいウィンドウで開きます。をご確認ください。
・ロシア関連ETFについては、対象指数の値動きと株価の値動きが乖離する可能性がありますのでお取引の際にはご注意ください。

ロシア株式における注意事項(2024/6/20更新)

・現在のウクライナ、ロシア情勢によりモスクワ証券取引所、および当社では2022/2/28(月)注文受付分より、売買ともにロシア株式の注文の受付を停止しております。
・モスクワ証券取引所から2022/3/24(木)よりロシア居住者に限り一部銘柄の取引を再開するとの発表がありましたが、非居住者は売買が停止されているため当社では引き続き注文を受け付けることができません。
・モスクワ証券取引所は2022/9/12(月)からの友好国の非居住者向けの取引再開を発表しております。しかしながら日本は友好国に該当しないため、当社では引き続き売買ともに注文を受け付けることができません。
今後の取引再開については、本お知らせもしくは外貨建商品取引サイト内にてお知らせいたします。
・ロシア株式の配当金は、非友好国の非居住者に対する一定額を超える支払いが制限されています。当社で現地取次先からの配当金の入金が確認できた場合には、速やかにお客さまにお支払いしております。
アメリカおよびイギリス政府の採択した制裁措置の影響を受け、2024/6/17(月)以降、ロシア株式および指数の価格更新は停止しています。

為替取引における注意事項(2023/3/9更新)

・現在のウクライナおよびロシア情勢を鑑み、当社では本日(2022/2/28)注文受付分より、ロシアルーブルの為替取引(買付・売却)を停止いたします。
・お客さまからお預りしているロシアルーブルは、本邦金融機関の他、ロシア株式の委託注文の円滑な取次ぎのために現地取次先を含む複数の金融機関に預託しておりますが、ロシアへの経済制裁などの影響により当該現地取次先からの資金移動が受け付けられない状況が継続していることから、当社ではロシアルーブルの為替取引の受付を停止しております。
・今後の取引再開については、本お知らせもしくは取引>為替取引画面にてお知らせいたします。

国内株 信用取引における注意事項

信用取引は、差し入れた委託保証金額の約3倍の取引を行うことができます。そのため、現物取引と比べて大きなリターンが期待できる反面、時として多額の損失が発生する可能性も含んでいます。また、信用取引の対象となっている株価の変動等により、その損失の額が、差し入れた委託保証金額を上回るおそれがあります。この場合は「追加保証金」を差し入れる必要があり状況が好転するか、あるいは建玉を決済しない限り損失が更に膨らむリスクを内包しています。

国内株 個別銘柄(ETF)に関する注意事項

NEXT FUNDS ロシア株式指数・RTS連動型上場投信(1324)は、ウクライナ及びロシア情勢によりロシア株式の取引を行うことが困難となっていることを背景に、2022/2/24以降、当該ETFの管理会社が設定及び解約の申込みの受付を停止しています。
このため、取引所流通市場における当該ETFの需給バランスが影響を受けており、市場価格と基準価額が乖離しやすくなっています。今後もロシア株式に投資するETFについては、海外の主要取引所において売買が停止されるものもあるなど、市場環境が急速に変化しています。
今般、こうした状況を踏まえ、東京証券取引所では2022/3/9付けで当該銘柄の売買停止の案内を発出しており、当社においても売買停止および代用有価証券の掛目変更の措置を実施いたします。

NEXT FUNDS ロシア株式指数・RTS連動型上場投信(1324)の売買停止について

当該銘柄は、売買停止期間が長期化している状況を踏まえ、2022/4/25以降取引所システムにおいて注文受付の抑止対応を実施しております。 詳細は、東証WEBサイト新しいウィンドウで開きます。をご参照ください。

(2022/4/24以前対応履歴)
・2022/3/16(水)まで売買を行い、2022/3/17(木)から当面の間、売買を停止とします。
・2022/3/10(木)以降のご注文につきましては、当日中注文のみ受付可(期間指定注文不可)とします。

なお、特に信用取引の建玉を保有されているお客さまにおかれましては、今後の動向によっては委託保証金を上回る想定外の損失を被るリスクも考えられます。売買停止の期間が長期化し、金利や品貸料(逆日歩)が高額となるおそれがありますので、信用取引の継続には高いリスクを伴うことに十分にご留意ください。
また、当社において弁済期日の繰り上げを行う場合には建玉を保有されている対象のお客さまに別途メッセージボックス等へご案内させていただきます。

※対象銘柄の最新の「取引注意情報」についてはこちら新しいウィンドウで開きます。をご確認ください。

NEXT FUNDS ロシア株式指数・RTS連動型上場投信(1324)の信用取引における代用有価証券の掛目変更について

・2022/3/17(木)から当面の間、代用有価証券の掛目を0%とします。

対象銘柄を信用取引の代用有価証券として差入れている状態で、代用有価証券の掛目変更(引き下げ)の適用日に建玉を保有されているお客さまにおかれましては、保証金維持率の低下により追加保証金(追証)や保証金引き出し余力不足に伴う決済不足金等が発生する場合がございますので、十分にご留意くださいますようお願い申し上げます。

本件について、東京証券取引所より注意喚起が発出されておりますので詳細はこちら新しいウィンドウで開きます。(東京証券取引所WEBサイト)をご参照ください。

先物・オプション取引における注意事項

・指数先物の価格は、対象とする指数の変動等により上下しますので、これにより損失を被ることがあります。市場価格が予想とは反対の方向に変化したときには、比較的短期間のうちに証拠金の大部分、またはそのすべてを失うこともあります。その損失は証拠金の額だけに限定されません。また、指数先物取引は、少額の証拠金で多額の取引を行うことができることから、時として多額の損失を被る危険性を有しています。
・日経平均VI先物取引は、一般的な先物取引のリスクに加え、以下のような日経平均VIの変動の特性上、日経平均VI先物取引の売方には特有のリスクが存在し、その損失は株価指数先物取引と比較して非常に大きくなる可能性があります。資産・経験が十分でないお客さまが日経平均VI先物取引を行う際には、売建てを避けてください。
・ 指数オプションの価格は、対象とする指数の変動等により上下しますので、これにより損失を被ることがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。買方が期日までに権利行使又は転売を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。売方は、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。また、指数オプション取引は、市場価格が現実の指数に応じて変動しますので、その変動率は現実の指数に比べて大きくなる傾向があり、場合によっては大きな損失を被る危険性を有しています。

CFD(くりっく株365)取引における注意事項

・本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要証拠金をもとに取引を行うため、必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
・本取引の取引対象である株価指数及び上場投資信託は、需給関係、対象株価指数等の相場状況、予想配当額、為替並びに金利相場の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した証拠金の額を上回ることがあります。

投資信託における注意事項

ロシアの株式・債券等に投資する一部のファンドにおいて、買付・売却のお申込みが停止される可能性があります。対象となるファンドにつきましては、個別ファンドページに「当社からのお知らせ」を掲載しておりますので内容をご確認ください。

ご注意事項

  • SBI証券の取扱商品は、各商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引、外国為替保証金取引、取引所CFD(くりっく株365)では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等およびリスクは商品毎に異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示または契約締結前交付書面等をご確認ください。
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

【7/17(水)開催:日本株ファンドセミナー】お申し込み受付中!
お客さまサポート

よくあるお問合せ
・口座開設の流れ
・NISA関連のお問合せ
・パスワード関連のお問合せ

HYPER SBI 2 ダウンロード
  • 【SBI証券 FX】米ドル/円や新興国通貨ペアも!7通貨ペアキャッシュバックキャンペーン

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.