SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2022-01-23 22:14:22

外国為替保証金取引(SBI FXα) > FXゼミナール > これができれば一人前!分析力を高めましょう! > 
チャートの見方を覚えましょう!「テクニカル分析」

チャートの見方を覚えましょう!「テクニカル分析」

トップ テクニカル分析 ファンダメンタル分析 金融政策

戻るテクニカル分析トップへ戻る

テクニカル分析 移動平均線

移動平均線とは?

移動平均線は、あらゆるテクニカル指標のなかで最もポピュラーで幅広く用いられており、今日使われているほとんどのトレンドフォロ−型トレ−ド・システムの基礎を成しています。基本的にはトレンド追随型分析手法であり、トレンドの開始やトレンドの終了・反転を確認したり、シグナルを見つけたりする手法です。過去の一定期間の終値の平均値をグラフ化したもので、その平均値を期間の最終日に記します。
移動平均線の期間は、日足であれば5日・10日・20日・25日・90日・200日、週足では13週・26週・52週、月足では36ヵ月・60ヵ月・120ヵ月などが一般的に良く使われています。

グランビルの法則(1)
移動平均線と価格の位置関係に着目した買いシグナル

移動平均線と価格の位置関係に着目したグランビルの法則には、売り買い8つのシグナルがあります。
<グランビルの法則の買いシグナル>
(1)価格が移動平均線を上抜けるパターン
(2)価格が移動平均線を下抜けるが再び移動平均線を上抜けるパターン
(3)価格が移動平均線を下抜けずサポートされるパターン
(4)移動平均線と価格が下降している局面で移動平均線から大きく乖離するパターン
(1)は主に新規買い、(2)(3)は押し目買い、(4)は行き過ぎ狙い(売りポジションの利益確定など)の判断によく利用されています。
また、(2)(3)(4)の場合、下影線となるローソク足などが出る場合には比較的見極めやすくなります。
(1)は重要な転換シグナルとなり、(3)も比較的見極めやすいパターンです。ただ、(2)は相場の転換と判断がやや難しく、自身でのルール(2日連続で下抜け、2日連続で陰線など)を作って判断するとよいでしょう。(4)もやや判断が難しく、下影線(ローソク足の足型)などを参考に複合的に判断することが望ましいです。

 ページトップへ

グランビルの法則(2)
移動平均線と価格の位置関係に着目した売りシグナル

<グランビルの売りシグナル>
(1)価格が移動平均線を下抜けるパターン
(2)価格が移動平均線を上抜けるが再び移動平均線を下抜けるパターン
(3)価格が移動平均線を上抜けず抵抗ライン(レジスタンス)となるパターン
(4)移動平均線と価格が上昇している局面で移動平均線から大きく乖離するパターン

(1)は主に新規売り、(2)(3)は戻り売り、(4)は行き過ぎ狙い(買いポジションの利益確定など)の判断によく利用されています。
また、(2)(3)(4)の場合、上影線などのローソク足などが出る場合には比較的見極めやすくなります。(1)は重要な転換シグナルとなり、(3)も比較的見極めやすいでしょう。ただ、(2)は相場の転換かどうかの判断がやや難しく、自身でのルール(2日連続で上抜け、3日目の足型などで継続かどうかを判断)を作って判断するとよいでしょう。(4)もやや判断が難しく、下影線(ローソク足の足型)などのローソク足の足型を参考に複合的に判断することが望ましいです。

 ページトップへ

2本の移動平均線を使用した場合の重要シグナル

価格と移動平均線の位置関係に着目した「グランビルの法則」とは別に短期移動平均線と中期移動平均線の2本を使用して相場の転換を測る方法があります。短期移動平均線が中期移動平均線を下側から上抜ける場合をゴールデンクロスといい、短期移動平均線が中期移動平均線を上側から下抜ける場合をデッドクロスといいます。
移動平均線の日柄は重要であり、上図では短期線を10日、中期線を20日に設定しています。両線の日数を近づけると両線の間隔が縮まり、広げると間隔が広がります。間隔が狭いと判断が難しくなり、間隔が広いとシグナルが遅くなることから、丁度良い日柄を設定することが大切です。チャートを見てわかる通り、相場の動きとシグナルのタイミングを比較すると、移動平均線のシグナルは実際の相場の転換からだいぶ遅れているのが分かります。中長期の相場の流れを見極めるのに有効ですが、短期的な転換を見極めるのには適していない手法と言えるでしょう。

 ページトップへ

移動平均線のまとめと注意点

移動平均線は、1本や2本の移動平均線を使用して分析することが一般的です。しかし、3本線を使用するトリプル・クロスオーバー法(4日-9日-18日や5日-10日-20日などの組み合わせ)や、10本以上の移動平均線を使用する多重移動平均線など、幅広く使うことができます。また、基本的には終値ベースで作成(単純移動平均線)されていますが、高値移動平均線や安値移動平均線、加重移動平均線(期間内で直近の価格に荷重をかけて計算する)、指数平滑移動平均線(価格を過去に遡り平均化して計算する)などの多様な移動平均線もあります。ただ、移動平均線は、一定のトレンドが形成される相場展開の場合には、有効なシグナルを見つけることができますが、乱高下の多い動きや、もみ合いの相場展開の場合には、有効なシグナルが出にくいという欠点があります。このような相場展開の場合の分析には、移動平均線は不向きであると言えるでしょう。

 ページトップへ

提供:SBIリクイディティ・マーケット社

FX取引の口座開設 お申し込みはこちら
FX取引サイトはこちら

SBI証券では、役立つ投資情報や高機能ツールをご提供しています。

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)の1取引単位は1,000通貨〜1,000万通貨単位となります。
  • 個人のお客さまの必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    (必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引が可能です。)

    ※高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。

  • 法人のお客さまの必要保証金は金融先物取引業協会、及びNEX Data Servicesが算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率(保証金率)を取引金額に乗じて得た金額になります。
    為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

    ※保証金率は毎週見直し、適用される保証金率は取引サイト等であらかじめお知らせいたします。

  • 外国為替保証金取引(積立FX)は、1通貨単位から取引が可能です。
    必要保証金は取引金額に保証金率33.334%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約3倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

システム障害時の対応

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.