SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-03-02 09:27:35

外国株式 > 12月の米国株イベントカレンダー

12月の米国株イベントカレンダー

12月の米国株イベントカレンダー 12月の米国株イベントカレンダー

注目イベントピックアップ

12/8 11月雇用統計

米労働省労働統計局(BLS)が発表する雇用状況の調査結果で、個人消費の先行指標になりうることから、米国の金融市場に対する影響が最も大きい指標とみられています。農業部門を除く就業者数の前月からの増減を示す非農業部門雇用者数に加え、失業率、平均時給などの動向も注目されます。

榮の一言コメント

11月雇用統計の非農業部門雇用者数は市場コンセンサスで前月比17.5万人増の予想です(11月28日時点)。10月の同15.0万人増からは増加となりますが、基調としては雇用市場の鈍化を示す見込みです。12/6発表のADP雇用統計でも同様の傾向が見込まれています。失業率は10月から横ばいの3.9%、平均時給は10月の前年比4.1%増から同4.0%増へ伸びが低下する予想です。(2023/11/28執筆)

12/12〜13 FOMC(米連邦公開市場委員会)

米国の金融政策を決定する会合です。年に8回開催され、景況判断と政策金利(FF金利誘導目標)の上げ下げなどの方針が発表されます。開催2日目の午後2時に政策の決定事項が公表され、同2時半からFRB(米連邦準備制度理事会)議長による記者会見が行われます。

榮の一言コメント

前回のFOMC(10/31〜11/1開催)以降に、10月消費者物価指数が市場予想を下回り、10月小売売上高が前月比マイナスに転じたことから、政策金利は据え置きとなる可能性が高まったと考えられます。FedWatchでは、次回FOMCでの政策金利は98%の確率で据え置きが予想されています(11月28日時点)。市場の注目は2024年に想定される利下げ開始の時期となる見込みで、パウエルFRB議長の会見などから探ることになりそうです。(2023/11/28執筆)

12/14 11月小売売上高

米国内で販売されている小売業・サービス業の売上高を集計したものです。米国は個人消費がGDPの約7割を占めており、他の先進国より高い傾向にあります。その為、個人消費の動向が景気全体に与える影響も大きいため、注目度の高い指標となっています。

榮の一言コメント

10月分は7ヵ月ぶりに前月比マイナスとなりましたが、前月比0.3%減の予想に対して同0.1%減と上回り、ピークアウトはしたものの消費の堅調さを印象付けました。感謝祭週末の小売売上は堅調の模様で、ウォルマートの決算では「(足もとの売上は)10月後半に軟化したが、11月に入って気温の低下を受けて戻った」とのコメントもあり、11月分は強めとなる可能性もありそうです。消費の緩やかな減速を示すなら株価にプラスと考えられる一方、予想以上に強いと金利上昇を通じて株価にマイナスとなる可能性にも注意が必要でしょう。(2023/11/28執筆)

株式だけじゃない!米国関連取引

くりっく株365のCFDなら、米国株指数銘柄が充実!NYダウ、NASDAQ-100、ラッセル2000証拠金取引が円でお取引いただけます!

為替変動リスクの心配不要!配当相当額や金利相当額も魅力の1つ CFD

主要ネット証券最多※の通貨ペア数!米ドルを現金でそのまま受け取ることも可能!

FXはじめるならSBI証券で! FXはじめるならSBI証券で!

  • ※比較対象範囲は、主要ネット証券6社となります。主要ネット証券(SBI証券、楽天証券、GMOクリック証券、マネックス証券、松井証券、auカブコム証券)で比較 2023/9/20現在

12月のキャンペーン情報

<好評につき延長!>【はじめての方限定!】米国株式信用取引手数料が実質無料! <好評につき延長!>【はじめての方限定!】米国株式信用取引手数料が実質無料!

バックナンバー

ご注意事項

<手数料等およびリスク情報について>
外国株式のお取引にあたっては、所定の手数料がかかります(手数料はお客さまの取引コース、取引チャネルや外国有価証券市場等により異なることから記載しておりません)。外国株式の取引は、株価や為替市場の変動等により損失が生じるおそれがあります。
詳しくは、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法等に係る表示、または上場有価証券等書面をご確認ください

米国株式信用取引にあたっては、所定の手数料がかかります(手数料はお客さまの取引コース、取引チャネル、取引プランや売買代金等により異なることから記載しておりません)。
お取引に伴う為替取引には、当社為替スプレッドがかかります。当社為替スプレッドについてはこちら新しいウィンドウで開きます。をご確認ください。

<米国株式信用取引に関するリスク>

米国株式信用取引は、株価や為替相場の変動等により損失が生じるおそれがあります。
米国株式信用取引は、多額の利益が得られることもある反面、多額の損失が発生する可能性をも合わせもつ取引です。特に、米国市場には値幅制限(ストップ高・ストップ安)がないため、株価の極端な急騰や急落が発生する可能性があります。
米国株式信用取引にあたっては、売買代金の51%以上で、かつ30万円相当以上の額として当社が定める米ドル額の保証金(有価証券により代用することが可能です)を差し入れていただく必要があります(取引保証金の額の約2倍の取引が可能です)。
米国株式信用取引では株価の変動等により差し入れた保証金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。

<米国株式信用取引の「二階建て」に関するご注意>
委託保証金として差し入れられている代用有価証券と同一銘柄の信用買建を行うことを「二階建て」と呼びます。当該銘柄の株価が下落しますと信用建玉の評価損と代用有価証券の評価額の減少が同時に発生し、急激に委託保証金率が低下します。また、このような状況下でお客さま自らの担保処分による売却や、場合によっては「追加保証金」の未入金によって強制決済による売却が行われるような事態になりますと、当該株式の価格下落に拍車をかけ、思わぬ損失を被ることも考えられますので、二階建てのお取引については十分ご注意ください。
詳しくは、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法等に係る表示新しいウィンドウで開きます。又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

ソフトバンクグループ株式会社 第59回無担保社債

ご案内
・【よりスムーズな解決を実現!】お問い合わせ内容の事前入力サービス

よくあるお問合せ
・証券税制と確定申告について
・NISA関連のお問い合わせ
・パスワード関連のお問い合わせ

HYPER SBI 2 ダウンロード
システム障害時の対応

外国株式の投資情報

  • ソフトバンクグループ株式会社 第59回無担保社債

銘柄追加のご要望はこちらのフォームからお寄せください。

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.