SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2022-08-09 08:03:44

国内株式  > 【新規上場ETFのご紹介】グローバルX 日経225 カバード・コール ETF(プレミアム再投資型)

【新規上場ETFのご紹介】グローバルX 日経225 カバード・コール ETF(プレミアム再投資型)

【新規上場ETFのご紹介】グローバルX 日経225 カバード・コール ETF(プレミアム再投資型)

新規上場ETF(2022/7/29)

新規上場ETF(2022/6/24)

7/29(金)新規上場ETF 取扱い開始!

2022/7/29(金)Global X Japanが運用するETF 1銘柄が東京証券取引所に新規上場いたしました。

グローバルX 日経225 カバード・コール ETF(プレミアム再投資型)(2858)

日経平均株価を原資産とするカバード・コール戦略のパフォーマンスを表す「日経平均カバードコールATMインデックス」との連動を目指すETFです。

<カバード・コール戦略のポイント>
● カバード・コール戦略は市場の大勢が強気か弱気の一辺倒な時期よりも、市場が不安定な時期や方向感に乏しい時期に大きな効果を発揮する傾向があります。
● ボラティリティが上昇する時期にはコール・オプションの売りにより得られるプレミアムが上昇する傾向にあり、方向感に乏しい市況であってもリターンの向上が期待できます。

グローバルX 日経225 カバード・コール ETF(プレミアム再投資型)(2858)

対象株価指数 日経平均カバードコールATMインデックス
分配金支払基準日 毎年4月24日および10月24日
売買単位 1口単位
信託報酬 0.3025%(税抜0.275%)以内
対象株価指数の
ポイント
● 日経平均株価(日経平均)を原資産として、1ヵ月ごとに新しく期近のコール・オプションを売り建てる「カバードコール戦略」を行なった場合の収益を表す指数です。
● 具体的には、各限月の取引最終日翌日(SQ日)に日経平均のコール・オプションを清算するとともに、原資産である日経平均とほぼ同じ水準の権利行使価格で、新たに直近限月となった日経平均のコール・オプションを売り、そのプレミアムを理論上再投資した形となっています。
対象株価指数の特徴 ● 原資産がコール・オプションの権利行使価格より低い水準で推移する場合
コール・オプションのプレミアム分だけ底上げされるため、原資産よりも概ね高い水準で推移します。ただし、日々の変動率は、原資産と概ね同じ動きとなります。原資産がコール・オプションの権利行使価格より低い水準で推移する場合、通常コール・オプションの買方は権利放棄をするため、対象株価指数は、コール・オプションのプレミアム相当分程度、概ね原資産よりも高い水準で推移します。日々の変動率は、原資産と概ね同じ動きとなります。
● 原資産がコール・オプションの権利行使価格より高い水準で推移する場合
コール・オプションの権利行使により、原資産の価格ほど上昇しなくなります。原資産がコール・オプションの権利行使価格より高い水準で推移する場合、通常コール・オプションの買方は権利行使をするため、対象株価指数は、組み合わせた原資産の値上がり分は享受できず、結果、原資産の価格が上昇しても、対象株価指数はコール・オプションのプレミアム相当分程度を加えた水準に留まります。

※上記はイメージであり、実際の株価、配当金、オプションプレミアムとは異なります。また、投資成果を示唆または保証するものではありません。
※上記はファンドが保有する株式の評価額の100%程度にかかるコール・オプションを売却した場合の1つの権利行使期間における損益を表したものであり、当ファンド全体の損益を表したものではありません。
※上記は株式の配当金の支払いおよびオプションプレミアムの獲得があったことを前提として損益を表したものです。
※当ファンドにおいて、株式カバードコール戦略の損益は毎営業日に時価評価され、基準価額に反映されます。

ご紹介動画公開中

日経225 カバード・コール ETF

6/24(金)新規上場ETF2銘柄 取扱い開始!

2022/6/24(金)Global X Japanが運用するETF 2銘柄が東京証券取引所に新規上場いたしました。

グローバルX テック・トップ20-日本株式 ETF(2854)

日本を代表するテクノロジー関連企業20社により構成される「FactSet Japan Tech Top 20 Index」との連動を目指すETFです。

グローバルX グリーン・J-REIT ETF(2855)

国内に上場するリート(J-REIT)の中から環境に配慮した物件へ投資しているリートにより構成される「Solactive Japan Green J-REIT Index」との連動を目指すETFです。

ご紹介動画公開中

テック・トップ20

グリーン・J-REIT

グローバルX テック・トップ20-日本株式 ETF(2854)

対象株価指数 FactSet Japan Tech Top 20 Index
分配金支払基準日 毎年4月24日および10月24日(年2回)
売買単位 1口単位
信託報酬 0.275%(税込0.3025%)以内
対象株価指数の
ポイント
・日本に上場するテクノロジー関連銘柄*のうち時価総額1,000億円以上、1日平均売買代金2億円以上の銘柄をユニバースとし、過去5年の平均EBITDAおよびROEがマイナスである銘柄を除外し組入候補銘柄とします。
*テクノロジー関連銘柄とは、以下の産業に関連するビジネスを行う企業のことをいいます。
ハードウェアおよび電子機器、自動化(ロボティクス)、クラウド、コンテンツ/プラットフォーム、eコマース、半導体
組入上位銘柄
(2022年5月末時点)
東京エレクトロン、ソニーグループ、キーエンス、任天堂、リクルートホールディングスなど

グローバルX グリーン・J-REIT ETF(2855)

対象株価指数 Solactive Japan Green J-REIT Index
分配金支払基準日 毎年2、4、6、8、10、12月の各24日(年6回)
売買単位 1口単位
信託報酬 0.19%(税込0.209%)以内
対象株価指数の
ポイント
・日本に上場するREIT(J-REIT)のうち、Solactive CarbonCare Asia Pacific Green REITs Index※1の構成銘柄から銘柄を選定します。
・各銘柄の構成比率は、時価総額に以下のESG要素を加味して決定されます。
「認証グリーンビルディング面積※2の割合」と「2050年までのネット・ゼロ・エミッション(NZE)目標、またはScience Based Targets(SBT)への取り組みの有無」

※1 アジア太平洋地域に上場するREITのうち、認証グリーンビルディング面積**上位70%の銘柄で構成される指数です。
※2 認証グリーンビルディング面積は各REITにおける投資資産のうち、日本政策投資銀行のグリーンビルディング認証、建築環境総合性能評価システム(CASBEE)、建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)等、日本および国際的な機関による環境対策に関する認証を受けている面積の割合のことです。
組入上位銘柄
(2022年5月末時点)
日本プロロジスリート投資法人、大和ハウスリート投資法人、日本ビルファンド投資法人、ジャパンリアルエステイト投資法人、野村不動産マスターファンド投資法人など

Global X Japanは日本で唯一のETF専門資産運用会社

Global X Japanは、米国ETF運用会社Global Xの知見を活用し、ETFの運用をしています。株式市場全体(TOPIX等)に連動する伝統的な指数とは異なる指数に連動するETFを上場させています。

Global Xとは

1. 2008年に米国で創業したETF専門の資産運用会社
2. 革新的ETFのパイオニア
3. 成長テーマ型とインカム型を中心に幅広いラインナップを有する

Global X Japanとは

1. 日本で唯一のETF専門資産運用会社
2. 成長テーマ型、インカム型、コア型(ESG関連等)の革新的なETFを上場
3. 国内上場ETFは18本、運用資産残高は約669億円(2022年5月末時点)

Global X Japanのご紹介

Global X Japan ETFのご紹介

コード 銘柄名 取引 ポートフォリオ

2564

グローバルX MSCIスーパーディビィデンド-日本株式 ETF

現買信買

追加

2565

グローバルX ロジスティクス・J-REIT ETF

現買信買

追加

2626

グローバルX デジタル・イノベーション-日本株式ETF

現買信買

追加

2627

グローバルX e コマース-日本株式ETF

現買信買

追加

2636

グローバルX MSCI ガバナンス・クオリティ-日本株式 ETF

現買信買

追加

2637

グローバルX クリーンテック ESG-日本株式 ETF

現買信買

追加

2638

グローバルX ロボティクス&AI-日本株式 ETF

現買信買

追加

2639

グローバルX バイオ&メドテック-日本株式 ETF

現買信買

追加

2640

グローバルX ゲーム&アニメ-日本株式 ETF

現買信買

追加

2641

グローバルX グローバルリーダーズ ESG-日本株式 ETF

現買信買

追加

2644

グローバルX半導体関連-日本株式 ETF

現買信買

追加

2645

グローバルXレジャー&エンターテインメント-日本株式 ETF

現買信買

追加

2646

グローバルXメタルビジネス-日本株式 ETF

現買信買

追加

2836

グローバルX フィンテック-日本株式 ETF

現買信買

追加

2837

グローバルX 中小型リーダーズ ESG-日本株式ETF

現買信買

追加

2847

グローバルX 新成長インフラ-日本株式 ETF

現買信買

追加

2848

グローバルX MSCI 気候変動対応-日本株式 ETF

現買信買

追加

2849

グローバルX Morningstar 高配当 ESG -日本株式 ETF

現買信買

追加

2854

グローバルX テック・トップ20-日本株式 ETF

現買信買

追加

2855

グローバルX グリーン・J-REIT ETF

現買信買

追加

NEW

2858

グローバルX 日経225 カバード・コール ETF(プレミアム再投資型)

現買信買

追加

そもそもETF(上場投資信託)とは

ETF(上場投資信託)は、普段、テレビや新聞で目にする日経平均株価やTOPIXなど、指数の動きに連動するように運用されています。そのため、価格がわかりやすく投資判断がしやすいため、これから投資をはじめたい方にも適した商品であるといえます。「どの銘柄に投資したらいいのか分からない」、「銘柄の選び方が分からない」という方は、まずはETFへの投資を検討してみてはいかがでしょうか。

ETF・ETN投資に関する留意事項

  • 元本保証はございません。
  • ETF・ETN一口当たりの純資産額と連動を目指す特定の株価指数等が乖離する可能性がございます。
  • 市場価格とETF・ETN一口当たりの純資産額が乖離する可能性がございます。
  • 日本取引所によるリンク債・OTCスワップ型ETF等の対応に係る通知については、下記WEBサイトをご確認ください。
    ETFの信用リスク新しいウィンドウで開きます。(日本取引所グループのWEBサイト)
  • ETNは発行体となる金融機関の信用力を背景として発行される証券であることから、発行体の倒産や財務状況の悪化等の影響により、ETN価格の下落又は無価値となる可能性があります。ETNの投資リスクについては、下記WEBサイトをご確認ください。
    ETNの投資リスク新しいウィンドウで開きます。
  • ETNは、貸株サービスの非対象銘柄です。
  • レバレッジ型・インバース型 ETF(ETN含む)等は、主に短期売買により利益を得ることを目的とした商品です。投資経験があまりない個人投資家の方が資産形成のためにこうしたETF 等を投資対象とする際には、取引の仕組みや内容を十分理解し、取引に伴うリスク・コストを十分に認識することが重要です。レバレッジ型・インバース型 ETF 等に係る商品の特性とリスクについてはこちら新しいウィンドウで開きます。のリーフレットをあわせてご確認ください。
  • その他の事項につきましては、日本取引所グループのWEBサイトの「投資リスク」の欄や目論見書等でご確認ください。
    日本取引所グループのWEBサイト(ETF)はこちら新しいウィンドウで開きます。

その他留意事項

  • 本ページは、日本国内居住者である投資家を対象に、Global X Japanを含むそのグループ会社(以下、「Global X」という。)が運用を行うETFに係る基本的な特徴やリスク等の概要説明のために、Global X Japan株式会社から提供を受けた資料を基に作成しております。
  • 上記の内容は、過去の実績・状況または作成時点での見通し・分析であり、将来の市場環境の変動や運用状況・成果を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりません。
  • 本資料の内容は作成時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
    本資料は信頼できると判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性等を保証するものではありません。

免責事項・注意事項

  • 本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。
  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
新しいウィンドウで開きます。重要な開示事項(利益相反関係等)について
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

システム障害時の対応
  • 【トレードをもっと身近に!】日計り信用デビューキャンペーン第二弾!

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.