SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-09-20 20:02:03

国内株式 >  ここが変わった東証ETF!〜「マーケットメイク」制度導入で、流動性はどのように変化したのか?〜

ここが変わった東証ETF!〜「マーケットメイク」制度導入で、流動性はどのように変化したのか?〜

7/2(月)より、東京証券取引所はETF市場におけるマーケットメイク制度を導入しました。ETFはコストメリットのある商品ですが、これまで流動性のある銘柄は一部に限られておりました。この制度は、「マーケットメイクにより流動性を高めることで、投資家がより売買をしやすくし、もっと活用してもらえるようにしたい!」という東証の想いから設計されたものです。新制度が始まり、流動性がどのように改善したのか紹介いたします。

ここが変わった東証ETF!〜マーケットメイク制度導入後の最新ランキング〜

2018/7/2よりETFのマーケットメイク制度が始まり、本制度の導入前後でETFの流動性はどのように変化したのか、動画で解説いたします。新しい制度が導入されることを機にETFの活用をご検討いただけると幸いです。

ETF(上場投資信託)とは?

ETFとは、Exchange Traded Fundの略称で、取引所に上場している金融商品で、一般的な投資信託と違い、取引所での売買が可能です。普段、テレビや新聞で目にする日経平均株価やTOPIXなど、指数の動きに連動するように運用されています。そのため、価格がわかりやすく投資判断がしやすいため、これから投資をはじめたい方にも適した商品であるといえます。

マーケットメイク制度のポイント

マーケットメイク制度とは、「マーケットメイカー」と呼ばれる専門の業者が、ETFの買注文と売注文を常に出し続けることで取引の流動性を提供するものです。投資家が売買をしやすくなるよう、東証がマーケットメイカーにインセンティブを支払って流動性をつけてもらいます。もちろん、インセンティブの見返りとして、マーケットメイカーはETFの発注銘柄数や発注数量、スプレッドの幅といった義務を負うことになります。また、運用会社は、気配提示義務とインセンティブを独自に設定し、マーケットメイカーを呼込むことを可能にするスポンサード・マーケットメイク制度もあわせて実施されるので、 より多くの銘柄にマーケットメイカーが参入することが期待されます。ETF市場に流動性がつくことによって、投資家の皆さまが投資対象として、長期の資産形成にETFをより活用しやすくなります。

マーケットメイク対象銘柄はこちら

※東京証券取引所が運営するサイトへ遷移します。

新制度が始まり、板状況はどのように変化したか?

マーケットメイクの対象となっているのは2018/7/3時点で100銘柄 。以下の図は、これまで流動性が少なかったETFを例に、マーケットメイク制度導入前・後の板状況を比較して、その効果を検証した結果です。業種別ETFの「ダイワ上場投信・TOPIX−17 エネルギー資源(1635)」は、マーケットメイカー制度導入前の5/31と導入後の7/2の14時付近における板状況の比較です。これを見ると、制度開始後、板状況が格段に厚くなっていることがよく分かります。このことはつまり、証券取引所で売買する際に生じる市場の流動性コスト、言い換えると「売気配と買気配の差(スプレッド)」と「取引可能な注文数量(デプス)」が大きく改善しており、投資家にとってはETFを活用しやすくなっていることを意味します。

制度開始後に売買代金が増加した銘柄

一日平均売買代金(立会内)増加率TOP10[制度開始後10日間(7月2日〜13日)と、開始前1ヵ月間(6月)の比較]

単位:千円
※マーケットメイク対象銘柄のうち、スプレッド等の改善がみられた銘柄を対象にランキング

ETF・ETN投資に関する留意事項

  • 元本保証はございません。
  • ETF・ETN一口当たりの純資産額と連動を目指す特定の株価指数等が乖離する可能性がございます。
  • 市場価格とETF・ETN一口当たりの純資産額が乖離する可能性がございます。
  • 日本取引所によるリンク債・OTCスワップ型ETF等の対応に係る通知については、下記WEBサイトをご確認ください。
    ETFの信用リスク新しいウィンドウで開きます。(日本取引所グループのWEBサイト)
  • ETNは発行体となる金融機関の信用力を背景として発行される証券であることから、発行体の倒産や財務状況の悪化等の影響により、ETN価格の下落又は無価値となる可能性があります。ETNの投資リスクについては、下記WEBサイトをご確認ください。
    ETNの投資リスク新しいウィンドウで開きます。
  • ETNは、貸株サービスの非対象銘柄です。
  • その他の事項につきましては、日本取引所グループのWEBサイトの「投資リスク」の欄や目論見書等でご確認ください。
    日本取引所グループのWEBサイト(ETF)はこちら新しいウィンドウで開きます。

お客様サイトへログイン

商品・サービスのご案内

  • SBBO-X
  • 9月優待銘柄入庫キャンペーン
  • 決算発表全文書き起こしレポート
  • 株式投資口座
  • 専門家による銘柄分析!アナリストレポート
  • 日証金の証券担保ローン コムストックローン

ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.