SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2017-05-24 01:58:31

国内株式 >  「朝8:20〜」「夜18:00〜23:59まで」取引できるのがSBI証券だけのPTS取引!

「朝8:20〜」「夜18:00〜23:59まで」取引できるのがSBI証券だけのPTS取引!

SBI PTS
PTS出来高上位ランキング
PTS売買代金上位ランキング

PTSとは、日本証券業協会の定める「上場株券等の取引所金融商品市場外での売買等に関する規則」などにしたがって行われる取引所金融商品市場外取引です。

ポイント1 ポイント2 ポイント3

※2017/2/1時点 当社調べ。

ポイント1:朝8:20〜深夜23:59まで取引可能!

PTS(J-Market)のお取引時間は、デイタイムセッション(昼間取引)は8:20〜16:00、ナイトタイムセッション(夜間取引)は18:00〜23:59です。
ナイトタイムセッション(夜間取引)では、「取引所」の取引時間外でも世界中のニュースを見ながらリアルタイムにお取引いただけます。またデイタイムセッション(昼間取引)では、「取引所」と「PTS」とでお取引が重なる時間帯には双方の株価を比較してより有利な値段でお取引をいただくことも可能です。

  • ※SBIジャパンネクスト証券株式会社が運営するPTS(ナイトタイムセッション)は16:30より取引を行っておりますが、当社のPTS(ナイトタイムセッション)は注文受付開始時間・取引開始時間ともに18:00からとなりますので、ご了承ください。
    なお、ナイトタイムセッションのPTS株価、およびチャートは16:30〜更新されます。

早朝(寄付前)にPTS取引ができるのはSBI証券だけ!

指数先物取引の日中取引開始時刻は8:45からはじまるので、寄付(9:00)前に相場が動く可能性があります。
SBI証券のPTS取引なら朝8:20から取引できるので、寄付前の相場状況を見ながら一足早く、投資をすることが可能となります!
また、9:00前に発表される日銀短観やGDP、鉱工業生産指数等の国内重要経済指標の発表直後のお取引が可能ですので、機会を逃さず投資することができます!

夜間にPTS取引ができるのはSBI証券だけ!

日中お忙しい方も、夜間にじっくり取引できるPTS取引を提供するのはSBI証券だけ!
欧米の株式市場の動向や世界中のニュースを見ながらお取引できます。
また、多くの企業が15:00以降に決算発表を行いますので、業績内容を確認後、当日夜18:00からの夜間PTS取引でお取引することも可能です。

ポイント2:取引所の最良気配よりも有利な値段で取引できるチャンス!

PTS取引(J-Market)では取引所取引と比べ、呼値が最小1,000分の1単位となり、より細かく思い通りの注文が可能です。 また「取引所」と「PTS」の取引時間が重なる時間帯では、取引所の最良気配よりも有利な値段で取引できる可能性があります。

ポイント3:手数料は取引所取引より約5%安い!

取引所とPTSで同じ株価ならPTSで取引した方が手数料の分だけ利幅が大きくなり、投資効率が向上する可能性があります。

当社取引所手数料(スタンダードプランとの比較)

1注文の約定代金 PTS取引手数料 取引所取引手数料
(スタンダードプラン)
〜10万円 132円(税込142円) 139円(税込150円)
〜20万円 176円(税込190円) 185円(税込199円)
〜50万円 259円(税込279円) 272円(税込293円)
〜100万円 462円(税込498円) 487円(税込525円)
〜150万円 553円(税込597円) 582円(税込628円)
〜3,000万円 876円(税込946円) 921円(税込994円)
3,000万円超 924円(税込997円) 973円(税込1,050円)
さらに、取引所とJ-Marketの板情報を同一画面で比較しながら取引

取引所の板情報とJ-Marketの板情報を比較できることで、価格差を利用した裁定取引が可能です。
なお、SOR対象銘柄をSOR注文で発注した場合は、SOR判定によりPTS(J-MarketまたはX-Market)での約定となる場合があります。

買いの場合:両板を比較し、安い株価で買い付け可能です。

(例)「取引所の売気配>PTSの売気配」の場合、「PTS」で買い。

売りの場合:両板を比較し、高い株価で売却可能です。

(例)「取引所の買気配<PTSの買気配」 の場合、「PTS」で売り。

市場間の価格差を利用した裁定取引の例

市場間の価格差を利用した裁定取引の例

たとえば、A銘柄を100株取引する場合

11,965円で「PTS」で買い、11,980円で「取引所」で売りを行うと、

(11,980円−11,965円)×100=1,500円の利益を得るチャンスがあります。

  • ※便宜上、手数料等は考慮しておりません。

関連ページ

ご注意事項

<手数料等及びリスク情報について>

  • 株式の取引にあたっては、所定の手数料がかかります(手数料はお客様の取引コース、取引チャネルにより異なることから記載しておりません)。株式の取引は、株価の変動等により損失が生じるおそれがあります。
    詳しくは、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面をご確認ください。

お客様サイトへログイン

商品・サービスのご案内

  • ハイリターンを狙う!レバレッジ型ETF
  • 国内株式 強力なサポートツール7選
  • 成績表
  • 株式投資口座

ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.