SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2020-11-27 00:48:58

先物・オプション取引 > オートレ225−日経225に特化したシステムトレードツール

オートレ225−日経225に特化したシステムトレードツール

オートレ225−日経225に特化したシステムトレードツール
オートレ225−日経225に特化したシステムトレードツール

オートレ225とは?

「オートレ225」とは株式・日経225先物の自動売買システムの開発を行っている「オートマチックトレード株式会社」が開発した日経225 のための自動売買サービスの1つです。
日経225に特化したシステムトレードツールのオートレ225は自動売買を行うための、投資ルールづくりを利用者さまご自身で自由に決めることができるので、タイミングを逃すことなく投資することが可能です。

  • ※「オートレ225」は、先物・オプションAPIに接続可能な、サードベンダー(取引ツールを提供するシステム開発業者 ) のツールです。SBI証券が提供するサービスではありませんのでご留意ください。

オートレ225を使うとコレができる!

ルールの設定は1回でOK!

ご利用者様が決めたルールに合う相場になると、システムが自動的に注文を行います。
設定した期間内は、条件が整えば何度でも取引を繰り返しますので、何度も設定する必要もなくおまかせできます。

パソコンを閉じている間も取引が行われます

オートレ225 はクラウドサービスです。ログインしていなくても、パソコンを閉じている間も、自動でルール通りにお取引されます。

自由な時間が手に入る!

市場は日中に開いており、多くの方がお仕事をされている時間に行われています。会議や商談、山積みの仕事の合間にチェックできたとしても、ずっと監視しておくことはできません。監視しておくことができない、仕事中であってもタイミングが来たら取引したいという方にはおすすめの方法です。

独自のルールで実行

売買ルールはご自身で自由に設定できるので、損切りのタイミングも逃すことなく、実行することができます。
ルールを作る、というととても大変なようですが初心者の方でも、すぐに始められるように「戦略ショップ」もあります。戦略ショップでは、独自ルールを販売していますのでご購入いただいてすぐに始めることもできます。

資金拘束による機会損失を防ぎます

証券会社に1つ購入ルールを指示しておくと、購入するために必要な金額が拘束され、第2・第3のルールを設定するための残高が不足することがあります。
オートレ225 は、証券会社に注文指示が出るのは、売買条件が成立した瞬間です。だからいくつでも売買ルールを設定することが可能なのです。

裁量取引の心労から開放!

市場取引では、売り時買い時の見極めが非常に重要になります。「もう少し待ったら底なんじゃないか」「この調子であと少し上がるだろう」こういう時こそ、システムトレードが活躍します。
自分のルール通りに売買されるので感情に左右されることなく、相場が気になって仕方ないということもありません。

デモ取引もご体験いただけます!

オートレ225ではデモ取引もご体験いただけますので、ぜひお試しをご検討ください!

※デモ取引では実売買は行われません。

オートレ225お申し込み
オートレ225サイトに移動します。

投資ルールは自由に設定いただける!

1購入・利確・損切の値を同時に設定できる

一部証券会社で設定可能な「☆☆☆☆で買い、★★★★円で利益確定、▲▲▲▲円で損切する」といった条件を、一連のルールとして登録できます。
さらに「★★★円で利益確定、▼▼▼円で損切する」に合致しなかった時「★時☆分に売り」の設定も入れておけます。

2有名指標を使ったルール設定ができます

移動平均線・日足分足四本値・MACD・ストキャスティクス・ボリンジャーバンド・RSI・DMI。
例1)「直近5分足の終値が直近5分足始値の60円下」なら売り発注
例2)「現在値がボリンジャーバンドを下抜け」なら買い発注といったルール設定ができます。

3変数も設定できます

「今日の始値に対し、100 円上がったら売る」の始値とか、「建値+50 円」「建値−20 円」の建値といった変数を設定できます。

4発注時間を指定できます

あなたが指定した時間に売買を繰り返せます。

5値動きのピークを確認してから売却できます

買建玉が完全に昇りきったことを確認してから売るトレーリングストップが可能です。

6いくつもの投資ルールを登録・実行できます

登録できる投資ルールの数はエントリールール、エグジットルール合わせて100。
それぞれのルールの条件式は20まで登録できます。

お申込みから思い通りの投資ルールを設定しましょう!

オートレ225お申し込み
オートレ225サイトに移動します。

ご注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社、および情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製、または販売等を行うことは固く禁じます。
  • 必要証拠金額は当社SPAN証拠金(発注済の注文等を加味したSPAN証拠金×100%)−ネット・オプション価値(Net Option Value)の総額となります。
  • 当社SPAN証拠金、およびネット・オプション価値(Net Option Value)の総額は発注・約定ごとに再計算されます。
  • SPAN証拠金に対する掛け目は、指数・有価証券価格の変動状況などを考慮のうえ、与信管理の観点から、当社の独自の判断により一律、またはお客さまごとに変更することがあります。
  • 「HYPER先物コース」選択時の取引における建玉保有期限は新規建てしたセッションに限定されます。必要証拠金額はSPAN証拠金×50%〜90%の範囲で任意に設定が可能であり、また、自動的に決済を行う「ロスカット」機能が働く取引となります。
  • 先物・オプションのSPAN証拠金についてはこちら(日本証券クリアリング機構のWEBサイト)
  • 指数先物の価格は、対象とする指数の変動等により上下しますので、これにより損失を被ることがあります。市場価格が予想とは反対の方向に変化したときには、比較的短期間のうちに証拠金の大部分、またはそのすべてを失うこともあります。その損失は証拠金の額だけに限定されません。また、指数先物取引は、少額の証拠金で多額の取引を行うことができることから、時として多額の損失を被る危険性を有しています。
  • 日経平均VI先物取引は、一般的な先物取引のリスクに加え、以下のような日経平均VIの変動の特性上、日経平均VI先物取引の売方には特有のリスクが存在し、その損失は株価指数先物取引と比較して非常に大きくなる可能性があります。資産・経験が十分でないお客さまが日経平均VI先物取引を行う際には、売建てを避けてください。
  • 日経平均VIは、相場の下落時に急上昇するという特徴があります。
  • 日経平均VIは、急上昇した後に数値が一定のレンジ(20〜30程度)に回帰するという特徴を持っています。
    日経平均VIは、短期間で急激に数値が変動するため、リアルタイムで価格情報を入手できない環境での取引は推奨されません。
  • 指数オプションの価格は、対象とする指数の変動等により上下しますので、これにより損失を被ることがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。買方が期日までに権利行使又は転売を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。売方は、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。また、指数オプション取引は、市場価格が現実の指数に応じて変動しますので、その変動率は現実の指数に比べて大きくなる傾向があり、場合によっては大きな損失を被る危険性を有しています。
  • 未成年口座のお客さまは先物・オプション取引口座の開設は受付いたしておりません。
  • 「J-NETクロス取引」で取引所 立会市場の最良気配と同値でマッチングする場合、本サービスをご利用いただくお客さまには金銭的利益は生じないものの、SBI証券は委託手数料を機関投資家から受け取ります。
  • J-NETクロス取引の詳細は適宜修正される可能性がありますのでご留意ください。

お客様サイトへログイン

先物・オプション取引の投資情報

商品・サービスのご案内

  • 【先物・オプションデビュープログラム】はじめての先物・オプション取引で最大100,000円キャッシュバック!
  • 米ドル/円 0.1銭  スプレッド縮小キャンペーン!(2020/11/19〜)
  • HYPER 先物・オプションAPI
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!
  • HYPER 先物・オプションアプリ バージョンアップ
  • 北浜投資塾

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.