SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2017-12-11 20:00:14

ホーム > 貸株サービスについて

貸株サービスについて

貸株サービス SBI証券なら最高金利の上限なし!
SBI証券の貸株サービス貸株サービスの基本受取れる金利の具体例ご注意とご利用ポイント

長期間保有している株はございませんか?
当社に株式を貸し出すだけで、貸株金利を受取ることができます。
銀行預金金利が低金利な昨今、銘柄によっては1%以上金利のつく銘柄もございます。
株式売却益、配当金(相当額)、株主優待だけでなく、貸株サービスという収益獲得方法を活用しましょう。

SBI証券 「貸株サービス」の主な特徴

特徴:1     プレミアム金利適用銘柄で高い金利を享受できます!

プレミアム金利適用銘柄とは、通常に比べ高い金利を適用する銘柄のことです。
最高金利の上限を設ける会社が多い中、SBI証券では、最高金利の上限はございません。
金利の見直しは随時行われます。

貸株金利(年率)

銘柄数

1.0%以上(プレミアム銘柄)

100〜400銘柄程度

0.50%

300〜700銘柄程度

0.40%

100〜200銘柄程度

0.10%

3,000〜3,800銘柄程度

SBI証券は最高金利の上限なし
  • ※2016年9月末現在。対象銘柄は、適宜見直しをさせていただきます。

当社貸株サービスの適用金利は上限なし!

貸株サービス適用金利一覧はこちら
貸株サービスのお申し込みはこちら

特徴:2     貸株中でも株主優待や配当金を逃しません!

当社では、株主優待の権利確定日に自動的に権利を獲得する「優待権利自動取得サービス」をご用意しておりますので、あらかじめサービスの設定をしておけば、普段は貸株金利を受取り、株主優待も獲得することができます。また、銘柄ごとに優待を取得するかしないかの設定も可能です。
配当金については源泉税徴収後、配当金相当額として支払われます。その際は、当社証券総合口座へ自動的に入金されます。

  • ※配当金相当額とは・・・
    株式を貸出している間に配当金の受取りが発生した場合、配当金に代わって支払われるものです。

株主優待を受け取りたい!

そんな方は・・・

「優待優先」

株券はすべて貸出しますが、一時的に貸出しを解除し、株主優待の権利を取得します。
権利落ちになったら、再度自動で貸出手続きをいたします。(優待権利自動取得サービス)

貸株金利を受け取りたい!

そんな方は・・・

「金利優先」

株券はすべて貸出し、株主優待の権利は取得せず、貸株金利の取得を優先します。
配当金相当額は自動的に
証券総合口座へ入金いたします。

  • ※サービスの詳細はサービス概要ページをご確認ください。

ご注意ください

「優待権利自動取得サービス」は、お客さまが設定された情報を元に自動返却されます。銘柄毎の優待条件(優待取得に必要な株数等)は考慮しておりませんので、ご注意ください。
<例>【お客さまの設定状況 ○A銘柄 3,000株 ○優待優先 ○全部貸出】 【A銘柄の優待条件 1,000株以上保有で ギフト券プレゼント】
この場合、優待情報に基づき、貸株が自動返却となりますが、優待を取るために必要な最低単位(1,000株)を返却するわけではございません。
お客さまの設定状況が「全部貸出」であるため、貸出している3,000株が返却されます。
また、優待を取るために必要な最低単位を保有していない場合も、貸株の全株が返却されます。
なお、お客さまが金利優先で貸出をしている場合、優待ありの権利月に、「優待優先」へ変更、または「個別で一部貸出しない」にして、優待の権利を取ることも可能です。

貸株サービスのお申し込みはこちら

特徴:3     信用取引口座をお持ちでもサービスの併用が可能です!

信用取引の代用で余った株券をSBI証券に貸出しして金利が貰えます!

SBI証券は信用取引口座を開設されているお客さまでも貸株サービスをご利用いただけます!

【主要ネット証券各社 貸株サービス 信用口座対応状況】

SBI証券

楽天証券

マネックス証券

カブドットコム証券

松井証券

×

×

  • ※比較対象範囲は、インターネット証券の口座開設数上位5社であるSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(カナ順)となります。
    (2015年9月現在の各社公表資料等より、SBI証券調べ)。
信用取引をしながら余剰株式は貸株に設定して貸株金利をゲット!

信用取引で利用している必要保証金以外の余剰株式は、貸株サービスを利用して貸株金利を享受できますので、無駄のない運用をお試しください!

信用取引
  • ※下図は代用有価証券のみで取引しているケース

信用建玉金額の必要保証金にあたる代用有価証券は引き出しできません。ただし、必要保証金以外の株式は余剰株式として、貸株サービスに利用することができます!

余剰株式は貸株に設定!

貸株サービス

貸株サービスを利用すれば、定期的に貸株金利を受け取ることができ、余剰株式を無駄なく運用することができます!

  • ※代用有価証券から貸株への振替は、貸株への振替により代用有価証券から除外される振替指示受付日の3営業日後以降の最も低い予定委託保証金率が33%を超える場合、振替することができます。
    (ただし、不足金が発生している場合など、当社の定めた事項に適合しない場合は受付できない場合がございます。)

貸株サービスや信用取引口座開設のお手続きにかかる費用は
一切無料ですので、ぜひご検討ください!!

  • ※信用取引の建玉にあたっては、「信用金利」、「信用取引貸株料」、「品貸料(逆日歩)」、「管理費」、「権利処理等手数料(名義書換料)」等の諸費用がかかります。詳しくは信用取引のサービス概要をご確認ください。

貸株設定と信用代用有価証券の設定は銘柄毎に可能!

貸株サービスと信用取引口座を併用した場合、お客さまご自身で貸株金利が受取れる『貸株』、または信用取引上の『代用有価証券』に設定変更できます。

2通りのパターン

お客さまのニーズに合わせた設定が随時可能となりますので、ぜひご活用ください!!

ご注意事項 貸株に設定したまま、代用有価証券として利用することはできません。必ず、貸株か代用有価証券のいずれか一方を選択いただく必要があります。

ご注意事項 代用有価証券から貸株への振替指示は、各銘柄の預り区分ごとに、振替指示時点で貸出し可能な全株数をご入力のうえ、振替えください。(「貸株へ振替」選択時は一部株数の振替はできません。なお、「代用へ振替」選択時は1単元単位(売買単位)で振替えいただけます。)

お客さまの任意のタイミングで、銘柄毎に『貸株』
または『代用有価証券』の設定を使い分けて有効活用しましょう!

貸株サービスでは銘柄によって、貸株非対象となる銘柄があります。

  • ※貸株非対象銘柄は「口座管理」>「貸株」>「貸株金利」画面の貸株対象で「非対象」を選択いただくと、非対象一覧がご確認いただけます。

代用有価証券は80%の掛目で評価されます。

  • ※当社判断により代用掛目が変更される場合があります。また、当社信用取引規制により代用有価証券不適格となる場合があります。当社信用取引規制銘柄はこちらをご確認ください。
  • ※代用有価証券から貸株に振り替えた銘柄(振替指示を行っていない異なる預り区分の代用有価証券を含む。)は、振替指示確定日の夕方値洗い処理時点から取引実行日(振替指示確定日の3営業日後)の夕方値洗い処理時点までの間、代用有価証券の掛目が0%で計算されます。また、貸株中の有価証券は、代用有価証券から除外されます。この影響により保証金維持率が低下し、状況によっては追加保証金(追証)が必要となる場合がありますので、十分にご注意ください。
  • ※同一銘柄を一部売却、残りの株数を貸株振替した銘柄(異なる預り区分の代用有価証券を含む。)に現物買付/売却の受渡未到来分があると貸株振替(振替指示確定日の夕方値洗い処理時点から取引実行日(振替指示確定日の3営業日後)の夕方値洗い処理時点までの間)が完了するまで、買付/売却分の全株数が代用評価0%となります。
貸株サービスのお申し込みはこちら

特徴:4     貸株中いつでも売却が可能です!

貸出中の株式でも、手続きなしでそのまま売却することが可能です。
よって、売却のタイミングを逃すことはありません!

貸株サービスのお申し込みはこちら

関連ページ

ご注意事項

  • 料率は随時更新。貸株金利の見直しは、原則、金利変更日の3日前までに本貸株サービスページのお知らせなどでご案内させていただきます。
  • 貸株サービスのご利用に際しましては、貸株サービスのお申し込みをしていただく必要があります。

貸株サービスについて | サービス概要 | お申し込みまでの流れ

お客様サイトへログイン

商品・サービスのご案内

  • ご紹介プログラム 今なら紹介を受けた方も現金獲得のチャンス!
  • 成績表

ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.