SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2021-07-24 19:47:50

ホーム > セミナー > 過去に実施した会社説明会

過去に実施した会社説明会

ライブの模様は、各ページの『ご視聴はこちら』から、ご覧いただけます。

当社は“技術参謀”として、組込みシステム開発の品質改善に取り組まれているお客様を開発現場から支援し、成功に導くためのコンサルティングを提供する会社です。
今回の会社説明会では、代表取締役社長 渡辺 博之から、2021年11月期第2四半期の決算概要、トピックスなどについて説明させていただきます。

当社は「ゲームをより楽しめる世界を創る」をミッションに日本最大級のゲーム情報メディア「GameWith」を運営しています。
主にゲーム攻略、ゲーム紹介、動画配信を中心にサービスを展開しており、eスポーツ事業等の新規事業にも積極的に取り組んでおります。
今回は代表取締役社長 今泉 卓也より当社の経営方針・強みから、今後の成長戦略についてご説明いたします。

企業のマーケティングが重要視する、LTVを予測することでROIの最適化を実現する唯一無二のLTVマーケティングを提供する株式会社MacbeePlanetの代表取締役である小嶋 雄介から事業内容や強みを中心に今後の成長戦略についてご説明させていただきます。

「…planning the Future〜人を活かし、未来を創造する〜」の企業理念のもと、“人”を軸に「保育」「人材」「介護」の3事業を展開しているライク株式会社の創業者で、代表取締役社長兼グループCEOである岡本 泰彦から、当社の経営方針、強み、グループシナジー、株主還元等を中心に、ご説明させていただきます。

日本最大級のハンドメイドマーケットプレイス「Creema」の運営をはじめ、国内ハンドメイド市場のパイオニアとして独自のポジションを確立している株式会社クリーマの代表取締役社長である丸林 耕太郎から、当社の2022年2月期第1四半期の業績や今後の見通し等をご説明させていただきます。

IT・金融ノウハウを活用したサービスで、B2Bの新しいインフラを創造し提供している株式会社ラクーンホールディングスの取締役副社長である今野 智から、主力サービスのビジネスモデルと強み、今期の成長戦略・株主還元などを中心にご説明させていただきます。

GORは、明治安田生命保険グループ、三菱UFJフィナンシャル・グループ、近鉄グループの3グループをスポンサーとする運用実績17年のオフィスビル特化型リートです。東京都心部を中心に、駅近・築浅・大型の優良オフィスビルに厳選した投資を行っており、中長期的な観点から運用資産の着実な成長と安定した収益の確保を目指します。

TBSホールディングスは、放送の枠を超え、世界に向けてコンテンツとサービスを創り出すグループへの成長を目指しております。5月に発表いたしました長期計画「VISION 2030 」と「中期経営計画2023」を中心に、代表取締役の河合 俊明より、経営方針や成長戦略についてご説明させていただきます。

当社は企業向けのシステム開発、ERPを軸としたソリューション事業、自社パッケージシステムの販売などを手掛けております。
今回の説明会では、業績、株主還元および今後の成長戦略等について、代表取締役社長の大木 哲夫より、ご説明させていただきます。

オンライン不動産取引を実現し、2年連続「DX銘柄」に選定。不動産テック総合ブランド「RENOSY」では、リアルとテクノロジーを融合し、不動産のあらゆる領域(購入、賃貸、リノベーション、売却、投資)においてワンストップ、一気通貫の体験を提供している株式会社GAテクノロジーズの代表取締役社長CEOである樋口 龍より、直近の業績・ビジネスモデル・事業戦略・今後の取り組み等についてご説明いたします。

「働き方改革&健康経営」を労務管理と健康管理の両面から「勤次郎Enterprise」と「ヘルス×ライフPro」でサポートする、勤次郎株式会社の代表取締役執行役員社長である加村 稔から、業績・経営方針・成長戦略などについてご説明させていだだきます。

クロス・マーケティンググループは、マーケティングリサーチからデジタルマーケティング・DXを成長の主軸とし、ビジネスモデルを進化させています。リサーチによる顧客理解を軸に、顧客の事業を成功に導くグループとして、前期連結売上高160億円から300億円に向けて積極的に事業展開中です。代表取締役社長兼CEOの五十嵐幹より、会社概要、強み、成長戦略などをご説明いたします。

全国保証は、住宅ローンを中心に国内14兆円の保証を行う独立系の保証会社です。
銀行や信用金庫などの金融機関を通じて、住宅ローン保証を必要とするお客様の「マイホーム購入の夢」や「幸せな生活の実現」をお手伝いしています。
本説明会では、事業内容、強み、中期経営計画などを中心に、代表取締役社長の石川 英治よりご説明いたします。

当社は創業以来、医療施設型ホスピス「医心館」を運営し、行き場を失った医療依存度が高い方々にご利用いただいています。急成長を遂げる当社でありますが、今回の会社説明会では、代表取締役 柴原 慶一より当社のビジネスモデル・強みなどを中心に今後の中長期の成長戦略について説明させていただきます。

当社は32ヶ国言語対応の国内・海外航空券等を提供するオンライン予約販売サイト「skyticket」を運営しております。「skyticket」は航空会社別の横断検索機能を持ち、LCC航空券の取り扱いから、国内外のホテル、国内レンタカー、海外Wi-Fiレンタル、高速バス、フェリー、国内ツアー、グルメ等総合予約サイトを目指し、旅前、旅中問わず幅広い旅行商材を提供しております。

今回の説明会では、代表取締役社長である中村俊一より、会社概要・業績・今後の経営方針などをご説明させていただきます。

働き方改革ICT市場において、当社はSmart AI Engagement事業としてメッセージングサービス、HR関連サービスを提供しております。代表取締役社長の原田 典子より、当社の事業内容、経営方針や強みなどを中心に2021年12月期第1四半期決算の概要及び今後の成長戦略についてご説明させていただきます。

「Webマーケティングとセールステックを活用し、顧客、社会にとって有益なサービスを創る。」を企業理念に、創業以来16期連続増収中。年商30億円、社員120名の規模で昨年の11月に東証JASDAQ市場に上場しました。株式会社ジオコード、代表取締役社長の原口大輔から経営方針や強み、今後の成長戦略についてご説明させていただきます。

ビジネスの力で社会課題を解決する。
“都市鉱山”のリサイクル、カンボジアのBOPビジネスなど、事業と社会の課題解決をつなげるビジネスモデルにチャレンジしているリネットジャパングループが、循環型社会の進展により大きく飛躍しているリユース・リサイクル事業や、新たな中央銀行デジタル通貨事業への挑戦等について説明させていただきます。

プロレド・パートナーズは「価値=対価」な社会の実現を目指し、成果報酬型の経営コンサルティングサービスを提供してまいりました。
今後は、コストマネジメントのプラットフォーム開発、グループ会社ブルパス・キャピタルの投資事業への参画により、より一層の事業拡大を目指しております。
今回の会社説明会では、代表取締役の佐谷 進から、ビジネスモデル及び中長期戦略を中心にご説明いたします。

企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)、ビジネスコンサルティングからAI、RPA等のテクノロジー開発・導入までを包括支援し、ビジネスプロセスマネジメントで経営や業務の可視化・改善までを支援する株式会社エル・ティー・エスの代表取締役社長である樺島弘明から、経営方針、強み、2021年-2024年の中期経営計画についてご説明させていただきます。

日本ロジスティクスファンド投資法人(日本ロジ)は、三井物産をメインスポンサーとして設立された日本初の「物流施設に特化して投資・運用を行うJリート」であり、2005年の上場から現在まで業界のフロントランナーとして着実に実績を積み重ねてきました。
今回の会社説明会では、日本ロジの特長や戦略について説明いたします。

当社は、「私たちの生活 私たちの世界を よりよい未来につなぐトビラになる」という企業理念のもとに、迷惑情報フィルタ事業にて特殊詐欺という社会的課題の解決に挑んでおります。
トビラシステムズ株式会社の常務取締役である後藤 敏仁より、当社の企業概要、強み、今後のサービス展開等を中心にご説明させていただきます。

「個のエンパワーメント」をミッションとし、「テクノロジーで誰もが自分らしく働ける社会をつくる」というビジョン実現に向けて、2008年より仕事の受発注プラットフォーム「Lancers」を運営。業界のパイオニアとして、日々経営を発展させているランサーズ株式会社の代表取締役社長CEOである秋好陽介から会社概要・業績・今後の経営方針・業績予想などをご説明させていただきます。

オプテックスグループは、滋賀に本社を置きながらグローバルにビジネスを展開し、各業界で高いシェアを誇る「滋賀生まれ世界育ち」の「センサーの総合メーカー」です。
この度は、代表取締役社長兼CEOの小國 勇より、”グローバルニッチNo.1企業”を目指す当社の会社概要・強み・成長戦略などをご説明いたします。

本年2月5日に東証マザーズ市場に新規上場した、富士通研究所発テック系ベンチャー企業、株式会社QDレーザの代表取締役社長である菅原充より、黒字のレーザデバイス事業と、ロービジョン向けの世界初網膜投影型レーザアイウェア事業の2つの事業の概要、当社の強み、市場、今後の成長戦略などを中心にご説明いたします。

自動車や空調、移動通信機器など広い分野で必要不可欠な温度センサを世界中に供給し、「地球環境と人々の快適な暮らし」への貢献を目指す株式会社大泉製作所の代表取締役社長 佐分淑樹より、当社の事業内容やカーボンニュートラルの実現に向け拡大するサーミスタ需要を踏まえた中期事業計画等についてご説明させていただきます。

マクロミルは、高品質でスピーディーな市場調査を提供する、国内オンライン・マーケティング・リサーチ業界のリーディング・カンパニーです。国内市場シェアNo.1の豊富なリサーチ実績とノウハウをもとに、様々な業界の顧客企業のマーケティング課題の解決を支援しています。今回の説明会では、事業内容の説明に加え、今後の成長戦略や株主還元についてもご説明させて頂きます。

「新しいテクノロジーを駆使し、今までになかった新しい便利、新しいよろこびを創り出し、世の中を応援し、社会に貢献してゆく」
今年創立20周年を迎えた株式会社イオレは「データマネジメント事業」「HRテクノロジー事業」の両輪で事業を推進しております。
今回は代表取締役社長の小川 誠から、当社の経営方針・事業概要を中心に、今後の成長戦略についてご説明させていただきます。

私たちランディックスは、ITを活用して、不動産売買の一連のサービスをワンストップで提供している不動産テック企業です。
今回のオンライン説明会では、2021年3月期の決算状況、sumuzuの現状とその展望、成長戦略などを中心に、今後の当社の成長性について説明させて頂きます。

GLP投資法人は、国内物流施設運営・管理トップのGLPグループをスポンサーとする物流施設特化型J-REITです。
スポンサーの豊富な運用ノウハウと経営資源を活用し、大規模かつ機能的な設計を備えた「先進的物流施設」を主たる投資対象として、運用資産の着実な成長を目指しております。2021年4月末時点の運用資産は取得ベースで7,411億円となり、物流J-REIT最大級の資産規模を誇ります。また、外部成長・内部成長・物件売却といった成長戦略に沿って、着実な分配金成長を実現しており、2020年度の前年度比分配金成長率は、過去最大の+7.6%となりました。
本説明会では、GLP投資法人の2021年2月期決算の内容等について、ご説明させていただきます。

コロナ禍による燃料需要低迷や、国際的な脱炭素化の加速など、エネルギー・素材を扱う当社を取り巻く環境は急速な変化を迎えています。一方これを変革に向けた転機・好機と捉え、将来にわたってエネルギーの安定供給、社会課題解決の使命を果たすために、2021年5月11日に中期経営計画を見直し、公表致しました。
出光興産 上席執行役員 最高財務責任者の酒井 則明より、当中期経営計画の内容ほか、事業内容や業績、株主還元等についてご説明させていただきます。

株式会社ピアラはクライアントのKPIを保証し、最大化したマーケティング効果を提供する、成果報酬型マーケティングコミットカンパニーです。
代表取締役社長である飛鳥貴雄から2021年第1四半期決算概況及び今後の戦略をご説明させていただきます。

創業以来、「食を通じて世界中の人々をHappyに。」をビジョンに掲げて、実名による口コミデータ等を蓄積・分析した上で各ユーザーに個別最適化された飲食店情報を提供する次世代型のグルメサービス「Retty」を運営してまいりましたRetty株式会社の代表取締役CEOである武田 和也から当社のビジネスモデル・強み・ポストコロナにおける飲食業界の変化などを中心に今後の成長戦略についてご説明させていただきます。

「日本に安心・安全な木構造を普及させる。」「日本に資産価値のある住宅を提供する仕組みをつくる。」ことを目標とし26期にわたり事業を推進してまいりました。
今回の会社説明会では、代表取締役社長の田鎖郁夫より、2021年3月期通期連結業績やウッドショック状況下における当社の取り組み、及び2022年3月期の事業計画についてご説明させていただきます。

創業以来培ったICT技術を活用し、システムインテグレーション事業とクラウドサービス事業を行っている株式会社アクシスの代表取締役である小倉博文より、年平均11%を超え成長している事業の特徴や強み、直近の業績そして今後の成長戦略についてご説明させていただきます。

「情報通信サービスを中心に、お客様のライフスタイルをもっと楽しく便利に!」を経営方針に掲げ、一般顧客向けサービスを「ONLYSERVICE」と総称して、SIMカード、通信機器・コミュニケーションロボット、IoT商品、コンテンツの中から最適なプランを企画し総合的な通信サービスを全国の商業施設等で提供している株式会社ベネフィットジャパンの代表取締役社長である佐久間 寛から、5月20日に公表した中期経営計画(3ヵ年)について、将来のビジョン・目標達成に向けた経営戦略などを中心にご説明させていただきます。

【コロナ禍、1年間で株価10倍(テンバガー)を達成した、その理由】
今回の会社説明会では、主に個人投資家の方に向け「Q&A」形式で、当社のこの1年間のご報告、およびこれから1年間のご説明を具体的に実施いたします。
ご説明は、当社代表の白石が直接担当させていただきます。

「脳力をフル活用できる世界へ。」を企業ビジョンに掲げ、中小企業向け統合型営業マーケティング支援システム「Knowledge Suite(ナレッジスイート)」等のSaaS開発のサブスクリプション販売を中心に、中小企業DXを推進する当社の代表取締役社長である稲葉雄一より、経営方針や事業の状況、今後の成長戦略についてご説明させていただきます。

国内外で快適なモバイルインターネット環境を提供する「グローバルWiFi事業」、および国内トップレベルの通信ディストリビューター「情報通信サービス事業」を展開しております。
今回のセミナーでは、当社の第1四半期業績の解説も交え、直近の状況や取組みの進捗、今後の戦略などを中心に、代表取締役社長兼CEOの佐野 健一よりご説明させていただきます。

5月7日(金)に2020年度の決算発表をし、売上・利益ともに過去最高となりました。説明会ではそれらの詳細、並びに2023年度終了予定の中期経営計画についてもご説明いたします。

セキュリティ事業やマーケティング事業を展開する株式会社バルクホールディングス 代表取締役CEO 石原 紀彦より2021年3月期決算の概要に加え、主な取組みの状況や今後の事業展開などをご説明させていただきます。

社会課題の解決に資するITソリューションを創造する、唯一無二のビジネスイノベーションカンパニーであり続けることを理念に、戦略市場と位置付ける主に医療・金融/公共・自動車・製造/ロボティクス領域のデジタルトランスフォーメーションと高収益モデルを推進する、株式会社Ubicomホールディングスの代表青木より、2021年3月期決算と成長戦略を中心にご説明させていただきます。

データドリブンな事業開発の連鎖でデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する株式会社Speeeの代表取締役である大塚 英樹から、経営方針や強み、今後の成長戦略についてご説明させていただきます。

「働き方改革」を推進するサービス、「人生100年時代」を実践するプロフェッショナルのためのプラットフォームとして、独自の立ち位置で今日まで経営を発展させている、株式会社みらいワークスの代表取締役社長である岡本祥治から経営方針・強みなどを中心に今後の成長戦略についてご説明させていただきます。

医療・介護分野に特化し「地域包括ケアシステム」の実現に寄与するクラウドサービスを提供する株式会社カナミックネットワークの代表取締役社長である山本 拓真から経営方針・強み・株主還元などを中心に今後の成長戦略についてご説明させていただきます。

AI、音声インターネット、モビリティ、IoT、ビッグデータ、クラウド、セキュリティなどの各種アルゴリズム群のライブラリ及び基盤テクノロジーを活用したサービス及びIT人材育成の研修を「NEW-ITトランスフォーメーション事業」として展開する株式会社チェンジの代表取締役兼執行役員社長である、福留大士から、2021年9月期第2四半期決算概要、今後の取り組み等につきましてご説明させていただきます。

アドバンス・レジデンス投資法人は、伊藤忠グループをスポンサーに持つ住宅系J-REIT最大のリートです。賃貸住宅という安定した資産を東京都心を中心に全国に271物件並びにJリート最大の積立金を保有し、長期安定的な分配を目指している銘柄です。運用状況や長期安定的な分配の源泉をご説明いたします。

イノベーションが求められるエネルギー業界に特化したSaaS型の事業を展開するENECHANGE株式会社。執行役員CFOの杉本 拓也より、当社の経営方針、事業内容、強みなどを中心に成長戦略についてご説明させていただきます。

2000年に和食店「心」の開業にて創業。2017年2月東証マザーズ上場。「本当に美味しい料理を世界中の人々に届けて、世界を良くしていく。」を掲げ、居酒屋「てけてけ」81店舗、ハンバーガーカフェ「the 3rd Burger」9店舗、他3店舗の合計93店舗(FC店含む)を展開する外食企業です。代表取締役の坂井英也から当社事業や今後の成長戦略等についてご説明いたします。

ネットワークセキュリティ人材が慢性的に不足する中、インターネットを利用する全ての企業が安心で快適にビジネスを遂行できるよう24時間365日の運用監視サービスを提供しているバリオセキュア株式会社 代表取締役社長 稲見吉彦から当社の事業内容を中心に、当社の強み、今後の成長戦略についてご説明させていただきます。

当社は、全国の大型ショッピングモール内に、セレクトショップ「ブランドショップ ハピネス」「GINZA Happiness」を展開し、インポートブランド品を中心に、宝飾品、時計、バッグ・小物等を販売しております。高級感を重視した店舗、豊富な品揃え、リーズナブルな価格、質の高い接客に特徴をもちます。
代表取締役社長 田 篤史から、事業展開や直近の業績に加えて、今後の成長戦略についても説明させていただきます。

当社、株式会社ALiNK インターネットは、「未来の予定を晴れにする」という理念のもと、主力事業である天気予報専門メディアtenki.jpを日本気象協会と共同で運営しております。当メディアは、年々防災意識の高まりや異常気象の増加により注目が高まっています。今回の会社説明会では、2021年2月期決算発表の説明に加え、当メディアの収益構造や取り組み、その他今後の新規分野への取り組みについてお話させていただきます。

本投資法人は、総合商社の伊藤忠商事グループが資産運用する物流施設特化型リートです。
資産運用会社である伊藤忠リート・マネジメント株式会社の代表取締役社長 東海林淳一より、投資法人の戦略及び2021年1月期決算について説明させて頂きます。

今回のオンライン会社説明会では、代表取締役である辰巳 崇之より、2021年2月期の決算概要を中心に、当社の今後の成長戦略などをご説明させていただきます。
ぜひご視聴くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

クラウドコマースプラットフォーム「ebisumart (エビスマート)」を提供している株式会社インターファクトリーの代表取締役社長兼CEOの蕪木登より、このコロナ禍における状況や、直近第3四半期決算の数値を中心に当社のビジネスモデルや強み、今後の成長戦略についてご説明させていただきます。

オリンピック需要後も底堅く推移する建設投資需要の半面、深刻化する人手不足という構造的課題を抱える建設業界に対して、技術者派遣ビジネスというソリューションを提供することにより、創業から増収を続ける株式会社コプロ・ホールディングスの清川 甲介から、事業内容や事業環境、並びに成長戦略をご説明させていただきます。

株式会社クリーマは、日本最大級のハンドメイドマーケットプレイス「Creema」の運営をはじめ、国内ハンドメイド市場のパイオニアとして独自のポジションを確立しております。
今回のオンライン決算説明会では、当社の代表取締役社長である丸林 耕太郎から、上場後初めての本決算である2021年2月期の業績や今後の見通し、成長戦略等をご説明させていただきます。

中核を担う「YANUSY」をOMOプラットフォームに進化させるべく、不動産とテクノロジーを融合させ、不動産デベロッパーの枠をこえた不動産テック企業へ大きく舵をきった株式会社LeTech。代表取締役社長である平野哲司から経営方針、株主還元などを中心に今後の成長戦略についてご説明させていただきます。

CREロジスティクスファンド投資法人は、物流施設に特化した日本の不動産会社をスポンサーにもつ物流施設特化型J-REITです。築年数3.8年、稼働率100%と築浅・高稼働の良質な物流施設を保有し、長期安定的な資産運用を行っています(2020年12月末日時点)。
今回の説明会では、本投資法人の特徴や成長戦略等についてご説明いたします。

“少子高齢化社会の課題に挑戦し、社会を明るく元気にします”
ミアヘルサは、福祉の先進国スウェーデン語の「もっと健康に」という意味です。社会の課題解決に向け医薬、保育、介護などの事業を展開しております。代表取締役社長の青木勇より、事業内容や強みに加え成長戦略についてご説明いたします。

従来の不動産業とは全く異なる、賃貸住宅の経営代行という唯一無二のビジネスモデルで今日まで経営を発展させている日本管理センター株式会社の代表取締役 社長執行役員である武藤 英明からビジネスモデル・中期経営計画・株主還元などを中心に今後の成長戦略についてご説明させていただきます。

エスコンジャパンリート投資法人は、「底地」と「暮らし密着型商業施設」を半分ずつ保有し、コロナ禍においても、底堅い安定性を発揮しております。ウィズコロナにおける現在の運用資産の状況や、アフターコロナを見据えた今後の見通しと日本エスコン、中部電力グループによるサポートを活かした成長戦略について、資産運用会社である株式会社エスコンアセットマネジメント代表の大森よりご説明いたします。

日本の物流産業における基幹インフラであり、最新鋭の設備、広大な床面積、優れたロケーションに恵まれたAクラスの先進的物流施設に特化して投資・運用を行う日本プロロジスリート投資法人の直近の決算内容や物流不動産マーケットの動向などについて、資産運用会社であるプロロジス・リート・マネジメント株式会社の取締役CFO財務企画部長 戸田淳よりご説明させていただきます。

投資法人みらいは、総合商社である三井物産と独立系のアセットマネジメント会社であるイデラ キャピタルをスポンサーとする総合型のJ-REITです。三井物産グループが有する様々な事業知見とイデラ キャピタルの強みである不動産価値創造力を最大限に活用し安定したキャッシュフローの実現を目指します。今回の説明会では直近の決算内容に加えて今後のポートフォリオ戦略等をご説明します。

GORは、明治安田生命保険グループ、三菱UFJフィナンシャル・グループ、近鉄グループの3グループをスポンサーとする運用実績17年のオフィスビル特化型リートです。東京都心部を中心に、駅近・築浅・大型の優良オフィスビルに厳選した投資を行っており、中長期的な観点から運用資産の着実な成長と安定した収益の確保を目指します。

インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人(証券コード:3298)は、1月14日(木)19:00よりオンライン説明会を開催いたします。本投資法人は、世界有数の独立系資産運用会社であるインベスコ・グループに属する資産運用会社が運用を受託するオフィスビル重点投資型の投資法人です。今回の説明会では、2020年10月期の決算概要及び今後の成長戦略について説明をさせていただきます。

視聴環境

新しいウィンドウで開きます。視聴環境についてはこちらをご確認下さい。(QUMUのウェブサイトへ)

ご注意事項

  • インターネットの混雑状況、また、お客さまのパソコンの状況等によってご覧いただけない場合がございます。ご理解の上、ご利用いただきますようお願い申し上げます。
  • 内容、配信時間、録画配信時間等は予告なく変更させていただく場合がございますので予めご了承ください。
  • セミナー終了時間は目安となっておりますので、多少前後する場合がございます。
  • セミナーは、システム状況、またはその他の事情により開催を中止、または中断させていただくことがございます。あらかじめご了承ください。
  • 本情報は、証券投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、SBI証券は、掲載のIR情報等についてその正確性を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についてもSBI証券および情報提供者は一切の責任を負いません。また、掲載されている情報は、有価証券の売買その他取引等を誘引する、又は投資勧誘、個別銘柄の推奨等を目的としたものではありません。

お客様サイトへログイン

  • 米国株式・ETF定期買付手数料が実質最大1ドル!キャンペーン

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.