SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-12-14 20:32:06

ホーム > 会社情報 > プレスリリース

プレスリリース

各 位

株式会社SBI証券
SBIアセットマネジメント株式会社

シンプル&低コストを追求した投資信託『EXE-i(エグゼアイ)シリーズ』の
新規募集・設定のお知らせ

平成25年4月5日

モーニングスター株式会社の子会社であるSBIアセットマネジメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:木暮 康明)は、『シンプル』&『低コスト』を追求した「EXE-i(エグゼアイ)」シリーズを商品化し、SBIホールディングス株式会社の子会社である株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役:村 正人、以下「SBI証券」という。)が2013年4月8日(設定日:5月13日)(予定)より本ファンドの新規募集を開始することとなりましたので、お知らせいたします。
なお、SBI証券では、当初募集期間中にご購入いただいたお客様を対象にキャンペーンを行う予定です。詳細につきましては、4月9日以降に同社ウェブサイト上にてお知らせいたします。

EXE-iシリーズ(※1)は、海外ETF(上場投資信託)を複数組み合わせて運用するという『従来にはないインデックスファンドの“かたち”』(※2)を投資者のみなさまにご提案する商品です。海外ETFを活用することで、信託報酬を可能な限り低減し、購入時手数料、中途(換金)解約時の信託財産留保額を不要とするなど徹底的にコストを低く抑えており、長期投資・積立投資に適した商品となっております。
また、EXE-iシリーズでは、分散投資のニーズにもお応えすべく、(1)先進国株式、(2)新興国株式、(3)グローバル中小型株式、(4)先進国債券、(5)グローバルREITと、資産クラスの異なる5本のファンドを同時に設定いたします。また、その商品性により2014年より導入される日本版ISA(少額投資非課税制度)をも視野に入れたものとなっています。

※1

EXE-iシリーズはSBI証券における投信マイレージサービスのポイント付与対象外となります。

※2

複数のインデックスファンドを組み合わせた商品であり、一般社団法人投資信託協会における分類ではインデックスファンドには分類されません。

【本ファンドの概要】

(1)シンプル&分かりやすさ
“シンプルで分りやすい”資産クラスの異なる5本のファンドをご用意しており、分散投資が実現可能です。

ファンド名
(資産クラス)

投資対象

投資対象ファンド(ETF)

組入
比率

EXE-i先進国株式 ファンド

米国の大型株式

シュワブU.S. ブロード マーケット ETF

60%

欧州の大型株式

バンガード・FTSE・ヨーロッパ ETF(※3)

30%

アジア・太平洋地域(日本を除く)の大型株式

iシェアーズ MSCI パシフィック(除く日本)・インデックス・ファンド

10%

EXE-i新興国株式ファンド

新興国の株式

バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF

80%

新興国の株式(低ボラティリティ)

iシェアーズ MSCI・エマージング・マーケット・ミニマム・ボラティリティ・インデックスファンド

20%

EXE-iグローバル
中小型株式ファンド

米国の中小型株式

バンガード・スモールキャップETF

50%

米国を除く先進国の中小型株式

iシェアーズ MSCI EAFE スモールキャップ ETF

40%

新興国の中小型株式

ウィズダムツリー・エマージング・マーケット・スモールキャップ・ディビデンド・ファンド

10%

EXE-i先進国債券ファンド

米国債券

バンガード・米国トータル債券市場ETF

60%

米国以外の債券

iシェアーズ・S&P シティグループ世界国債(除く米国)・ファンド

40%

EXE-iグローバルREITファンド

米国REIT

バンガード REIT ETF

50%

米国以外のREIT

iシェアーズFTSE EPRA/NAREIT 先進国(除く米国)不動産インデックス・ファンド

50%

※3

バンガード社は、2013年3月27日に名称を「バンガード・MSCI・ヨーロッパETF」から「バンガード・FTSE・ヨーロッパETF」に変更しました。

投資対象ファンド(ETF)は今後変更する場合があります。

(2)低信託報酬で皆様の長期投資を応援
インターネット・チャネルをターゲットとしてファンドの運用コストを最小化し、長期投資に適した商品性を備えています。

資産クラス

EXE-iシリーズ

カテゴリー平均(※4)

先進国株式

年0.3515%(税込)

年0.8376%(税込)

新興国株式

年0.4355%(税込)

年0.9034%(税込)

グローバル中小型株式(※5)

年0.5115%(税込)

先進国債券

年0.4415%(税込)

年0.7230%(税込)

グローバルREIT

年0.5315%(税込)

年0.6694%(税込)

※4

モーニングスター社のデータベースより、モーニングスターカテゴリーが付与されているファンドのうち、一般社団法人投資信託協会の分類でインデックスファンドに分類されているファンド(除くDC、SMA、ETF)を対象に集計(2013年2月末現在)。なお、EXE-iシリーズは、投資対象としているETFの信託報酬を加味した実質的な信託報酬率であり、投資対象ファンドの変更等により、数値は変動する場合があります。

※5

グローバル中小型株式については、比較対象となるファンドの設定がありませんので表示しておりません。

(3)組入れETFは、モーニングスターのデータベースを活用し厳選
モーニングスター・グループが持つ世界的なデータベースから厳選したETFを組入れるという運用方法を採用しています。

(4)専用WEBサイトを開設し、投資者のみなさまへの情報提供を行っております。
専用サイトURL http://www.sbiam.co.jp/EXE-i/

「EXE-i(エグゼアイ)」 とは・・・。

ETFとETFを掛け合わせて「EXE(エグゼ)」、ETFのパフォーマンスを左右する“インデックス”の頭文字から「i(アイ)」、これら二つを合わせて「EXE-i(エグゼアイ)」と命名。ロゴのモチーフとして螺旋階段と人を配しているのは、「毎月の積立投資&長期に亘る着実な歩み」を表現しているものです。


【商品概要】

購入単位

販売会社が定める単位とします。詳しくは販売会社にお問い合わせください。

購入価額

当初申込期間:1口あたり1円
継続申込期間:購入申込受付日の翌営業日の基準価額

購入代金

販売会社が定める期日までにお支払いください。詳しくは販売会社にお問い合わせください。

換金単位

販売会社が定める単位とします。詳しくは販売会社にお問い合わせください。

換金価額

換金申込受付日の翌営業日の基準価額とします。

換金代金

換金申込受付日から起算して5営業日目以降のお支払いとなります。

購入・換金申込
受付不可日

日本、ニューヨークの証券取引所及び商業銀行休業日には受付を行いません。

申込締切時間

午後3時までに、販売会社が受付けた分を当日のお申込み分とします。なお、受付時間を過ぎてからのお申込みは翌営業日の受付分として取扱います。
※受付時間は販売会社によって異なることもありますのでご注意ください。

購入の申込期間

当初申込期間:2013年4月 8 日(月)〜2013年5月10日(金)
継続申込期間:2013年5月13日(月)〜2014年8月12日(火)
※申込期間は上記期間満了前に有価証券届出書を提出することによって更新されます。

換金制限

ファンドの資金管理を円滑に行うため、大口解約には制限を設ける場合があります。

購入・換金申込受付の中止及び取消し

金融商品取引所における取引の停止、決済機能の停止、その他やむを得ない事情があるときは購入・換金申込みの受付を中止することや、すでに受付けた購入・換金申込の受付を取消すことがあります。

信託期間

無期限(設定日:2013年5月13日)

繰上償還

受益権の口数が5億口を下回ることとなった場合等には繰上償還となる場合があります。

決算日

原則として、毎年5月12日(休業日の場合は翌営業日)

収益分配

年1回決算を行い、収益分配方針に基づいて分配を行います。

公告

委託会社が投資者に対して行う公告は、日刊工業新聞に掲載されます。

運用報告書

ファンドの決算時及び償還時に運用報告書を作成し、販売会社よりお届けします。

課税関係

課税上は、株式投資信託として取扱われます。益金不算入制度の適用はありません。
※税制が改正された場合は、変更となる場合があります。

購入時手数料

ありません。

信託財産留保額

ありません。

運用管理費用(信託報酬)

各ファンドの日々の純資産総額に年0.2415%(税抜:年0.23%)を乗じて得た額とします。運用管理費用(信託報酬)の配分は、以下の通りとします。なお、当該報酬は毎計算期間の最初の6ヵ月終了日(休業日の場合は翌営業日)及び毎計算期末または信託終了のときファンドから支払われます。

(注)投資顧問(助言)会社への報酬は委託会社報酬の中から支払われます。

※1 基本投資割合で運用された場合の信託報酬率(年)であり、実際の信託報酬率とは異なる場合があります。なお、投資対象ファンドの変更等により、数値は変動する場合があります。

※2 本ファンドが投資対象とする投資信託証券の信託報酬を加味した、投資者の皆様が実質的に負担する信託報酬率(年)になります。

その他費用及び手数料

ファンドの監査費用、有価証券売買時の売買委託手数料、先物取引やオプション取引等に要する費用、管理費用等本ファンドの投資に関する費用、信託財産に関する租税、信託事務の処理等に要する諸費用等が信託財産から差し引かれます。またファンドの参考指標に関係する費用等が発生することになった場合には、これらの費用についてもファンドが負担する場合があります。

※ これらの費用は、監査費用を除き運用状況などにより変動するものであり、事前に料率、上限額などを示すことができません。

当該手数料の合計額については、投資者の皆様がファンドを保有される期間等に応じて異なりますので、表示できません。

SBI証券では商品の詳細について、4月5日(金)夕方以降にWEBサイトに掲載予定です。(https://www.sbisec.co.jp/)



<本ファンドの主なリスク及び留意点>

本ファンドは、値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額は変動します。また、外貨建資産には為替リスクもあります。したがって、投資者の皆様の投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割込むことがあります。信託財産に生じた利益及び損失は、すべて投資者の皆様に帰属します。また、投資信託は預貯金と異なります。本ファンドの基準価額の主な変動要因としては以下のものがあります。なお、基準価額の変動要因は以下に限定されるものではありません。

本ファンドの主なリスク

(1)価格変動リスク、(2)為替変動リスク、(3)カントリーリスク、(4)信用リスク、(5)流動性リスク

・投資信託をご購入の際は、必ず投資信託説明書(交付目論見書)をあらかじめ、もしくは同時にお受取りになり、内容をご確認ください。

・投資信託は値動きのあるものであり、元本保証、利回り保証、および一定の運用成果の保証をするものではありません。したがって、運用実績によっては元本割れする可能性があります。

・投資信託の基準価額の下落により損失を被るリスクは、投資信託をご購入のお客様が負うこととなります。

・投資信託は預金ではなく、預金保険の対象ではありません。

・銀行など登録金融機関でご購入いただく投資信託は、投資者保護基金の支払対象ではありません。

【委託会社概要】

商号

SBIアセットマネジメント株式会社(SBI Asset Management Co., Ltd)

事業内容

金融商品取引法に定める投資運用業及び投資助言業

代表者

木暮 康明

住所

東京都港区六本木一丁目6番1号 泉ガーデンタワー

設立年月日

昭和61年8月29日

資本金

4億20万円

URL

http://www.sbiam.co.jp/

運用資産残高
(平成25年3月末現在)

906億円:公募投信(27本)、私募投信(7本)、外国籍投信(2本)、証券投資法人、その他(1本)

【SBI証券に関する記載事項】
<金融商品取引法に係る表示>

商号等  株式会社SBI証券 金融商品取引業者
登録番号 関東財務局長(金商)第44号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

<手数料等及びリスク情報について>

投資信託取引にあたっては、所定の手数料等がかかります(申込手数料は基準価額に対して最大3.675%(税込)、信託報酬は純資産総額に対して最大年率3.0041%(税込)、信託財産留保額は買付時の基準価額に対して最大6.0%、換金時の基準価額に対して最大1%(非課税)。また、運用成績に応じた成功報酬やその他の費用を間接的にご負担いただく場合があります)。外貨建MMF の購入にあたっては、ご負担いただく手数料はございませんが、購入に伴う為替取引には所定の為替手数料がかかります。投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより損失が生じるおそれがあります。詳しくは、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は目論見書(目論見書補完書面)等をご確認ください。

お客様サイトへログイン

商品・サービスのご案内

  • 国内株式取引手数料 最大10,000円キャッシュバック SBI証券のご紹介プログラム開催中 詳細はこちら
  • FX口座解説&お取引で最大100,000円キャッシュバック!
  • SBI証券の3っつの無料化

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.