SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2021-12-01 14:45:56

ホーム > 会社情報 > プレスリリース

プレスリリース

各 位

株式会社SBI証券
代表取締役社長 澤田 安太郎
カブドットコム証券株式会社
代表執行役社長 齋藤 正勝
マネックス証券株式会社
代表取締役社長CEO 松本 大
楽天証券株式会社
代表取締役社長 楠 雄治

インターネット証券4社共同実施「投資信託に関わるアンケート」の結果について

平成24年3月19日

株式会社SBI証券、カブドットコム証券株式会社、マネックス証券株式会社および楽天証券株式会社の 4社(以下、「ネット証券4 社」)は、個人投資家を対象とした投資信託に関わるアンケートを下記の通り実施いたしましたので、お知らせいたします。
ネット証券4社では、投資信託の販売ならびに投資信託による資産運用の普及啓蒙活動などを共同で行うプロジェクト「資産倍増プロジェクト」を2011年3月にスタートし、4社専用ファンドの販売、共同イベントの開催、共同書籍の発行などさまざまな活動を行ってまいりました。
プロジェクトのスタートから1年が経過し、このたび、個人投資家の皆様のご意見を伺うアンケートを共同で実施いたしました。本アンケートの結果は、今後のプロジェクトでの取り組みや関係当局への提言など、投資信託市場活性化のために役立ててまいりたいと考えております。

「投資信託に関わるアンケート」について
【調査概要】
方法:インターネット調査
対象:ネット証券4 社に口座を保有する個人投資家
期間:2012 年3 月2 日(金)〜3月8 日(木)
回答数:14,150名

【主なアンケート結果(小数点以下、四捨五入)】
投資信託を選ぶ際に重視するポイント(複数回答可)
・「コストの安さ」54%
・「過去の運用実績のよさ」41%
・「分配金の有無・水準」40%

ネット証券の投資信託に期待すること(複数回答可)
・「ネットビジネスである以上、あくまで低コストを追求してほしい」60%
・「シンプルで手数料の安いファンドに重点を置いてほしい」56%

ネット証券4社に期待すること(複数回答可)
・「投資家へのサービス向上に共同で取り組んでほしい」67%
・「ネット投資家の要望や期待を当局に伝える役割を担ってほしい」37%
・「個人投資家への投資啓蒙活動に力を入れてほしい」31%

分配金が運用益以外の元本からも支払われているファンドがあることについて
・「購入する前から知っていた」44%
・「購入した後で知ったが、特に問題はない」21%
・「購入した後で知ったが、知っていたら購入しなかった」17%
・「知らない」18%

通貨選択型のような複雑な仕組みを持つ商品の販売について
・「どのような商品性でも、投資家が選択できるよう揃えておくべきだ」60%
・「一般投資家が商品性を理解しにくい商品は販売するべきではない」32%

アンケートの設問内容および結果につきましては、添付資料 PDFです。新しいウィンドウで開きます。をご覧ください。

以上

【株式会社SBI証券について】

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会・社団法人金融先物取引業協会

【カブドットコム証券株式会社について】

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第61号
加入協会:日本証券業協会・社団法人金融先物取引業協会

【マネックス証券株式会社について】

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会・社団法人金融先物取引業協会・社団法人日本証券投資顧問業協会

【楽天証券株式会社について】

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会・社団法人金融先物取引業協会・日本商品先物取引協会

投資信託取引等に関する重要事項
リスク
投資信託は、値動きのある有価証券に投資しますので基準価額は上昇することもあれば下落することもあります。従って投資元本及び分配金の保証された商品ではありません。また、投資信託は商品ごとに様々なリスクがあり、以下は一般的なものを示したものにすぎませんので、ご購入の際には銘柄ごとの「目論見書」、「目論見書補完書面」の内容をご確認ください。

  • 組み入れた株式、債券及び商品等の価格の変動(組入れ商品が外貨建てである場合には通貨価格の変動も受けます。)に基づいて基準価額が下落することにより、投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じるおそれがあります。
  • 組み入れた株式、債券及び商品等の発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等に基づいて基準価額が下落することにより、投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じるおそれがあります。
  • 外貨建て投資信託(外貨建てMMF等)は、外国為替相場の変動などによりお受取金額が変動し、外貨建てでは投資元本を割り込んでいなくても、円換算での投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じるおそれがあります。

手数料
投資信託取引にあたっては、以下の手数料等をご負担いただきます。

  • 申込手数料 : 申込金額に対して最大4.2%(税込)を乗じた額
  • 信託財産留保額(購入時・換金時の直接的な負担費用) : 約定日、又はその翌営業日の基準価額に最大計6.0%を乗じた額
  • 信託報酬(保有期間中の間接的な負担費用) : 純資産総額に対して最大3.0041%(年率・税込)を乗じた額
  • 運用成績に応じた成功報酬やその他の費用を間接的にご負担いただく場合があります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。
  • 手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。

その他

  • お申込み/ご購入にあたっては「目論見書」、「目論見書補完書面」をご覧いただき、取引の仕組みやリスク・手数料等についてご確認ください。

お客様サイトへログイン

  • 不動産STO

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.