SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-12-08 00:13:25

ホーム > 会社情報 > プレスリリース

プレスリリース

各 位

株式会社SBI証券

「SBI証券 ダイレクト401kプラン」の取扱い開始について
〜2009年7月1日より、確定拠出年金の概念を変える新プランが登場〜

平成21年7月1日

株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:井土太良)は、2009年7月1日より確定拠出年金企業型規約「SBI証券 ダイレクト401kプラン」の取扱いを開始することとなりましたのでお知らせいたします。

「SBI証券 ダイレクト401kプラン」は、当社初の企業型確定拠出年金プランとなります。2005年より取扱いを開始した個人型ではインターネットを活用したシステムコスト削減により、業界初の運営管理手数料の無料化※を実現し、7,000名を超えるお客様にご加入いただいております(2009年6月末現在)。

このたび提供を開始いたします企業型においても、基本的に非対面での制度設立を可能とすることで、人件費やシステムコストを大幅に削減し、運営管理手数料の低料金化を実現いたしました。これまでコストが見合わず導入が困難であった中小企業のみなさまや適格年金の制度廃止後の受け皿としても幅広くご利用いただけます。当社WEBサイトで手数料の簡単なシミュレーションを提供しており、他社手数料と比較しながら導入をご検討いただけます。
また、一般的なWEBシステムでは、お客様は運用商品を提供する金融機関と401kシステムを提供する企業のWEBサイトに別々にログインする必要がありましたが、「SBI証券 ダイレクト401kプラン」は、SBIグループ独自のレコードキーピングシステムを採用することで、運用状況の確認、運用商品の情報取得や変更といった手続きをWEB上でワンストップで行うことを可能としております。その他、制度内容、運用商品のラインナップについても大企業と全く遜色ないレベルとなっております。このたびのサービス開始により、今まで以上に多くのお客様にSBIグループの豊富な投資情報、革新的なサービスをご利用いただけることと期待しております。

※個人型の運営管理手数料は、個人別資産管理額が50万円以上の場合、月々の手数料が無料

「SBI証券 ダイレクト401kプラン」の特長および概要は下記のとおりです。

(1)運営管理手数料の大幅な低料金化(経常費用1社1名加入の場合、月額5,512円)
(2)加入者数の制限なし(1名でも企業型のお引き受け可能)
(3)運用商品は業界最低水準の低信託報酬ファンドを多数ラインナップ

豊富なオプションサービスとして、モーニングスター・アセット・マネジメント社(関東財務局長(金商)第1106号)で提供する「投資助言サービス」をご利用いただけます。従来、確定拠出年金では困難であった専門家による加入者に対する運用商品の投資助言を受けることができます。また、現在、国会で審議されているマッチング拠出についても法律施行と同時にサービスを開始する予定です。

●「SBI証券 ダイレクト401kプラン」の概要

規約名称

SBI証券総合型401k企業型年金規約

設立日

2009年6月1日

受託機関

・運営管理機関

株式会社SBI証券

・記録関連運営管理機関

SBIベネフィット・システムズ株式会社

・代表事業主

SBIビジネスサポート株式会社

・商品提供機関

株式会社SBI証券 労働金庫連合会

・資産管理機関

みずほ信託銀行 (資産管理サービス信託銀行に再信託)

運営管理手数料

・初期手数料

プラン設立料 100,000円
スターターキット作成費用 加入者1名あたり3,000円

・経常費用

プラン基本管理手数料 月額5,000円
口座管理手数料  加入者1名あたり 月額250円

・その他費用

移換・脱退手数料 1回あたり 4,000円

・投資教育費用(オプション) 1回2h 50,000円

(導入例)
 加入者5名の場合      初期費用  115,000円   経常費用  月額6,250円
 加入者100名の場合    初期費用  400,000円   経常費用  月額30,000円

資産管理手数料

資産残高に応じて課金 プラン全体の資産が5億まで0.1%(年率)

運用商品ラインナップ

商品本数 18本
内)元本確保型商品 1本 パッシブ系投信 10本  アクティブ系投信 7本

商品ラインナップの特徴

パッシブ系投信は業界最低水準の信託報酬
アクティブ系投信も全カテゴリーに実績のあるファンドをラインナップ

カテゴリー

商品

委託会社名

信託
報酬
(%)

投資信託
パッシブ

日本株式

すみしんDC日本株式
インデックス・オープンS

住信アセットマネジメント

0.2100

日本債券

すみしんDC日本債券
インデックス・オープンS

住信アセットマネジメント

0.1680

外国株式

DIAM外国株式インデックス〈DC年金〉

DIAMアセットマネジメント

0.2625

年金積立インデックスファンド
海外新興国(エマージング)株式

日興アセットマネジメント

0.8925

外国債券

野村外国債券インデックスファンドDC

野村アセットマネジメント

0.2205

バランス型

SBI資産設計オープン〈スゴ6〉

住信アセットマネジメント

0.7140

DCインデックスバランス80

日興アセットマネジメント

0.3570

DCインデックスバランス60

日興アセットマネジメント

0.3360

DCインデックスバランス40

日興アセットマネジメント

0.3150

DCインデックスバランス20

日興アセットマネジメント

0.2940

掛け金、手数料の収納方法

掛け金および手数料は、事業主の口座より口座振替。事業主による送金事務等が発生しません。

他制度からの資金移換
(適格年金からの資金移換)

専門の社会保険労務士は基本的に無料で制度移行をコンサルティングします。ただし、退職金そのものの大きな制度変更や規程の大幅な改定が必要な場合などは別途費用を頂戴することもあります。

※詳細につきましては当社WEBサイトにてご確認ください。
(http://www.sbisec.co.jp/)
(http://ad401k.sbisec.co.jp/kigyo/)


以上

<金融商品取引法に係る表示>
商号等  株式会社SBI証券 金融商品取引業者
登録番号 関東財務局長(金商)第44号
加入協会 日本証券業協会、(社)金融先物取引業協会

「手数料等及びリスク情報について」
当社の取扱商品は、各商品等に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等およびリスク情報につきましては、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ及び金融商品取引法に係る表示並びに契約締結前交付書面や目論見書またはお客様向け資料の記載内容をご確認ください。

お客様サイトへログイン

商品・サービスのご案内

  • 国内株式取引手数料 最大10,000円キャッシュバック SBI証券のご紹介プログラム開催中 詳細はこちら
  • FX口座解説&お取引で最大100,000円キャッシュバック!
  • SBI証券の3っつの無料化

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.