SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-19 16:02:19

ホーム > 会社情報 > プレスリリース

プレスリリース

SBIイー・トレード証券株式会社

各 位

子会社の異動(譲渡)及び特別利益の発生について

平成20年4月10日

SBIイー・トレード証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:井土太良、以下「当社」)は、本日開催の当社取締役会において、韓国における子会社であるE*TRADE Korea Co.,Ltd.(本社:韓国ソウル特別市、代表取締役:梁壮源、以下「E*TRADE Korea」)の株式を譲渡することを決議し、本日付で法的拘束力のある基本合意書を締結いたしました。またこれに伴い、特別利益が発生する見込みとなりましたので下記のとおりお知らせいたします。なお、本件は韓国 金融監督院の承認を受けることが条件となり、譲渡の日程等につきましては承認後に決定することとなります。



1. 譲渡の理由
当社は、平成17年3月にE*TRADE Koreaを子会社化して以来、平成17年5月には当社が韓国株のリアルタイム取引サービスを開始したほか、同年7月にはE*TRADE Koreaが日本株取引サービスを開始するなど、日韓クロスボーダーのサービス提供を行うことで他社との差別化を図るとともに、E*TRADE Koreaの企業価値向上を目指してまいりました。同社は、韓国株式市場の好況の追い風も受けて順調に顧客基盤、業績を拡大し、平成19年2月には韓国KOSDAQ市場へ株式上場を果たしました。

しかしながら、同社の証券総合口座数は増加しているものの、委託売買代金ベースでは、韓国内での市場シェアの約2%と業界10位前後(共にE*TRADE Korea調べ)に留まるなど、競合他社との差を埋めるに至っておりません。韓国では以前より個人投資家にインターネットによる株式取引が浸透しており、大手証券の多くもインターネット取引サービスに積極的に取り組んでいるほか、昨年には、金融市場に対する法規制の見直しが行われており、今後更なる新規参入が見込まれるなど、競争はますます激化していくことが予想されております。
また、当社は本年7月1日付でE*TRADE FINANCIAL Corporation(本社:米国)との商標使用に関するライセンス契約を終了し、同日付で「株式会社SBI証券」へ商号変更する予定であり※、同契約下では許されていなかった海外への進出が可能となります。今後当社が事業及び収益を拡大していくためには、中国をはじめとするアジア諸国及びその他のマーケットに事業を拡大していくことが重要であると考えており、あらためて経営資源の配分について見直しを行う必要があると考えております。
※平成20年6月下旬開催予定の当社定時株主総会で決議されることが前提となります。

このような状況下、当社は、競争が激化する韓国金融市場において、当社子会社としてE*TRADE Koreaに更なる経営資源を投入し事業拡大を目指すよりも、現時点で韓国KOSDAQ市場で高い評価を受けている同社株式を譲渡し、それにより回収する投資利益を効率的に利用していくことが、今後の当社の経営戦略上も最善であると判断いたしました。

また、今回、当社が株式を譲渡するLS Networks Corporation Limited(本社:韓国慶尚南道金海市、代表者:李大薫、以下「LS Networks」)は韓国内で新たに証券事業への参入を検討しております。同社が、E*TRADE Koreaを基盤に積極的な事業拡大を目指すことは、E*TRADE Koreaの既存のお客様にとっても大きなメリットとなると考えられることから、当社がLS Networksに株式を譲渡することが、最良の選択であると判断いたしました。

なお、現在行っておりますクロスボーダー取引業務においては引き続き提携関係を継続してまいります。


2. 譲渡する子会社の概要(平成20年3月31日現在)
(1)商号:E*TRADE Korea Co.,Ltd.
(2)代表者:梁壮源
(3)本社:韓国ソウル特別市永登浦区汝矣島洞28−2
(4)設立年月日:平成11年12月15日
(5)主な事業内容:韓国におけるインターネットを通じた総合証券業
(6)事業年度の末日:3月31日
(7)従業員数:119名
(8)資本金の額:682.8億韓国ウォン
(9)発行済株式総数:13,656,000株
(10)大株主及び所有割合:SBIイー・トレード証券株式会社 71.4%
(11)最近事業年度における業績の動向 

(百万円)

  平成18年3月期 平成19年3月期
営業収益 5,202 5,780
純営業収益 4,977 5,446
営業利益 1,182 1,474
経常利益 1,189 1,482
当期利益 922 1,048
純資産 7,256 10,224
総資産 25,342 32,261
資本金の額 5,941 7,260
1株当たり配当金

※損益計算書項目の韓国ウォンから日本円への換算については、月次決算数値をその月の月中平均レートにより円貨に換算し累計。


3. 株式の譲渡先(予定)
(1)商号:LS Networks Corporation Limited ※
(2)代表者:李大薫
(3)本社:韓国慶尚南道金海市安洞 360−1
(4)主な事業内容:スポーツ衣料(ブランド名:PROSPECS)の生産・販売
(5)当社との関係:該当事項はありません。
※譲渡先はLS Networks及び同社の指定する者が加わる予定です。


4. 譲渡株式数、譲渡価額及び譲渡前後の所有株式の状況
(1)譲渡前の所有株式数 :9,744,000株(所有割合 71.4%)(議決権の数 9,744,000個)
(2)譲渡株式数 :9,744,000株(議決権の数 9,744,000個)
(3)譲渡価額 : 214,368百万韓国ウォン(約22,165百万円 ※)
(1株あたり22,000韓国ウォン(1株につき約2,274円 ※))

※1韓国ウォンを0.1034円(日本円)として換算した参考値(平成20年4月9日現在の為替レートを適用)。

(4)譲渡後の所有株式数 :0株(所有割合 0%)(議決権の数 0個)


5. 日程
平成20年4月10日 取締役会決議、法的拘束力のある基本合意書の締結

※今後、株式譲渡契約書の締結ののちに韓国 金融監督院の承認を諮ることとなります。 譲渡の日程等につきましては金融監督院の承認後に決定することとなります。


6. 今後の見通し
今回のE*TRADE Korea株式の譲渡により、平成21年3月期に特別利益として単体で売却益約174億円、連結で売却益約139億円を計上する見込みです。

※1韓国ウォンを0.1034円(日本円)として換算した参考値(平成20年4月9日現在の為替レートを適用)。


なお本開示資料中の未確定事項につきましては、確定した時点で改めてお知らせいたします。


以上

お客様サイトへログイン

商品・サービスのご案内

  • 国内株式取引手数料 最大10,000円キャッシュバック SBI証券のご紹介プログラム開催中 詳細はこちら
  • FX口座解説&お取引で最大100,000円キャッシュバック!
  • テーマキラーキャンペーン

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.