SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-04-16 11:02:58

ホーム > キャンペーン > 【ODXの「START」開業記念】ST(セキュリティ・トークン)委託取引手数料引き下げキャンペーン

【ODXの「START」開業記念】ST(セキュリティ・トークン)委託取引手数料引き下げキャンペーン

【ODXの「START」開業記念】ST(セキュリティ・トークン)委託取引手数料引き下げキャンペーン

キャンペーン対象期間:2023/12/25(月)〜2024/3/29(金)※約定日ベース

SBI証券では、2020年5月の金融商品取引法改正によるSTO法制化以降、ST(セキュリティ・トークン)ビジネスに注力してきましたが、いよいよ2023年12月25日(月)より、大阪デジタルエクスチェンジ株式会社(以下、ODX)のPTS「START」を通じたSTセカンダリ取引を開始することとなりました。
「START」での取引開始を記念して、STの売買手数料を引き下げるキャンペーンを実施します。

  • *1 ブロックチェーン原簿基盤を「Progmat」とする銘柄の場合は、買付時・売却時ともに最低手数料500円(税込550円)かかりますが、キャンペーン期間中の買付時には最低手数料は 適用されません。
    ※WEBチャネル経由でお取引されたお客さまが対象となります。

キャンペーン概要

キャンペーン内容

キャンペーン対象期間中のODX STARTでの取引手数料(WEBチャネル経由でのお取引に限ります。)を以下の通り引き下げます。
買付時の取引手数料  約定金額の0.5%(税込0.55%)→ 0%*1
売却時の取引手数料  約定金額の2.0%(税込2.20%)→ 約定金額の1.0%(税込1.10%)

  • *1 ブロックチェーン原簿基盤を「Progmat」とする銘柄の場合は、買付時・売却時ともに最低手数料500円(税込550円)かかりますが、キャンペーン期間中の買付時には最低手数料は適用されません。
  • ※「Progmat」は、三菱UFJ信託銀行株式会社が開発し、株式会社Progmatが保有する分散型台帳技術を用いたコンピュータシステムです。
  • ※お取引されているコースや顧客属性・取引金額にかかわらずWEBチャネル経由でお取引頂いた場合、上記手数料率が適用されます。
  • ※取引回数・金額に上限はございません。

対象期間

2023/12/25(月)〜2024/3/29(金)※約定日ベース

ご注意事項

・対象期間内に約定した注文が適用対象となります。対象期間内の注文であっても、対象期間終了時点で未約定のものについては適用対象外となります。
・本キャンペーンの内容は、予告なく変更又は中止となる場合がございます。
・カスタマーサービスセンターでのご注文は、原則として受け付けておりません。
・未成年のお客さまはお取引頂けません。

ご注意事項

STARTに関するご注意事項

  • STARTは、大阪デジタルエクスチェンジ株式会社(以下「ODX」)が運営する私設取引システムです。取扱銘柄に適用される売買制度や開示規制等は、金融商品取引法等の規制を受ける点では共通しているものの、ODXが独自に制定した規則に基づくものとなり、金融商品取引所が上場有価証券に対して実施している内容とは異なります。よって、当該銘柄の流動性等については、上場有価証券とは異なるリスクが存在します。
  • START取扱銘柄のお取引には、ST口座が必要となります。ST口座開設方法はこちらをご確認ください。
  • カスタマーサービスセンターでは、START取扱銘柄のご注文を原則として受け付けておりません。

START取扱銘柄のリスクについて

START取扱銘柄への投資に関してリスク要因となる可能性があると考えられる主な事項を記載しています。ただし、START取扱銘柄への投資に関するすべてのリスク要因を網羅したものではなく、記載されたリスク以外のリスクも存在します。これらのリスクが顕在化した場合、START取扱銘柄の価値の下落、START取扱銘柄より得られる収益の低下等の損失を被る可能性があります。詳細は各START取扱銘柄の契約締結前交付書面等をご確認ください。

  • START取扱銘柄のSTARTにおける取引価格は、STARTにおける需給バランス、金利情勢、経済情勢、不動産市況その他市場を取り巻く様々な要因の影響を受けて変動すること等により、損失が生じる恐れがありますのでご注意ください。
  • START取扱銘柄は、トークン化有価証券(金融商品取引業等に関する内閣府令第1条第4項第17号に規定する電子記録移転有価証券表示権利等に該当するもの。)です。 上場株式等が振替機関(証券保管振替機構)を通じて権利の移転・記録が行われるのに対し、トークン化有価証券は、ブロックチェーン技術等を利用し電子情報処理組織を用いて権利の移転・記録が行われます。
  • トークン化有価証券は、銘柄ごとに用いられる技術の内容が異なる(それにより権利の移転・記録の方法が異なる)場合があります。
  • 権利の移転・記録に係る技術を提供する者と当該技術を用いて当該トークン化有価証券を流通させるプラットフォームを提供する者が異なる場合があります。
  • 権利の移転・記録に係る技術の不確実性及びプラットフォームに係る技術・運営の不確実性に対するリスクがあります。
  • 権利の移転・記録の仕組みが既存の有価証券と異なることから、トークン化有価証券の流出や権利移転の効力発生要件、決済、対抗要件の具備について、既存の有価証券と異なるリスクがあります。
  • トークン化有価証券の流出等があった場合には、一定期間、権利の移転が行えなくなる、分配金の支払等が行われなくなる、また、当該トークン化有価証券に関する権利の全部または一部が消失する可能性があります。

START取扱銘柄の取引にかかる手数料等について

■インターネットでお取引いただく場合
買付時:約定金額(STARTにおける約定価格 × 約定口数)× 0.50%(税込0.55%)
売却時:約定金額(STARTにおける約定価格 × 約定口数)× 2.00%(税込2.20%)
■上記以外の方法(担当の営業員にお申し付けいただく方法等)でお取引いただく場合
買付時:約定金額(STARTにおける約定価格 × 約定口数)× 1.00%(税込1.10%)
売却時:約定金額(STARTにおける約定価格 × 約定口数)× 2.50%(税込2.75%)

※「Progmat」にて管理される銘柄の場合、いずれの場合も500円(税込550円)の最低手数料がかかります

■START取扱銘柄の信託財産で間接的に負担する費用等について
スキーム関係者(受託者、受益者代理人、運用業務およびSTART取扱銘柄にかかわるその他の業務の業務委託先等をいいます。)への報酬、STARTにおける年間取扱管理料(銘柄毎に1年当たり50,000円(税込55,000円)、ただし、期末時価総額が50億円以上300億円未満となった場合には、1年当たり100,000円(税込110,000円))並びに金融商品取引法に基づく開示書類の作成に関連する費用やその他の費用が、START取扱銘柄の信託財産から支払われます。なお、これらの費用は銘柄毎に異なりますので、詳細は各START取扱銘柄の契約締結前交付書面等をご確認ください。

ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

国内信用デビュー&おかえりキャンペーン

ご案内
・【よりスムーズな解決を実現!】お問い合わせ内容の事前入力サービス
・口座開設の流れ

よくあるお問合せ
・NISA関連のお問い合わせ
・パスワード関連のお問い合わせ

HYPER SBI 2 ダウンロード
  • 【当選確率最大+5倍!?】最大10万円が当たる!SBIセレクト買付応援キャンペーン

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.