SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2022-05-18 12:15:26

外国株式 > お客さまからのリクエストにお応えし、韓国株式「LGエネルギーソリューション」を取り扱い!(1/28〜)

お客さまからのリクエストにお応えし、韓国株式「LGエネルギーソリューション」を取り扱い!(1/28〜)

お客さまからのリクエストにお応えし、1/28(金)より、韓国株式「LGエネルギーソリューション」を取り扱いいたします。
上場日:2022/1/27(木)

追加銘柄 

ティッカー

銘柄名

事業内容

市場

373220

LG ENERGY SOLUTION
LGエネルギーソリューション

自動車バッテリーを製造および販売

KOSPI

EVバッテリー世界2位のLGエネルギーソリューションが韓国市場に上場へ(1/27)

LGエネルギーソリューション(373220)

LGエネルギーソリューションは今回のIPOで最大108億ドルの調達を目指しており、実現すれば韓国史上最大のIPOとなる見通しです。韓国現地紙の報道によると、1/18-1/19に行われた一般公募への申し込みは440万人を超え、総額114兆900億ウォン(約11兆円)の証拠金を確保したもようです。申し込み数と証拠金はともに過去最高記録を更新しました。

会社概要

韓国LG化学 (051910)の電池子会社です。電気自動車(EV)向けバッテリーセル、エネルギー貯蔵システム(ESS)およびスマートフォン向けバッテリを供給します。元々はLG化学のバッテリー事業部門でしたが、2020年12月にLGエネルギーソリューションとして分社化しました。分社化の際に掲げた目標は、バッテリーの製造から再利用までの関連サービス全般を提供する世界1位の総合エネルギーソリューション企業へ成長することです。ゼネラル・モーターズ(GM)やステランティス(STLA)、テスラ(TSLA)、現代自動車(005380)などに車載電池を供給しています。GMやステランティスおよび現代自動車とは、それぞれ合弁会社を設立しています。

注目点

(1)世界EVバッテリー市場でシェア2位
世界EVバッテリー市場は、中国の寧徳時代(CATL、300750)、韓国のLGエネルギーソリューション(373220)、日本のパナソニック(6752)の3社がシェア7割を占める3強体制となっています。近年は、CATLとLGエネルギーソリューションが首位争いを繰り広げています。LGエネルギーソリューションの市場シェアは2020年に23%まで上昇し、首位のCATL(24%)と僅差に迫りました。2021年1-9月はLGエネルギーソリューションの市場シェアが24%、CATLは31%でした。CATLとの差は広がりましたが、LGエネルギーソリューションは引き続き、世界1/4弱のシェアを維持しました。欧米自動車メーカーの強い顧客基盤が支えとなっています。

(2)規模拡大に向け、生産能力強化へ
LGエネルギーソリューションは、EV化を背景に世界EVバッテリー市場の見通しは堅調とみています。2024年までの年平均増収率を30%以上と予想しています。需要拡大に対応するため、二次電池の年間生産能力を2021年9月末時点の155ギガワットから2025年までに400ギガワットへ増やす計画です。韓国、米国、中国、欧州の4地域の生産体制のうち、特にCATLが“攻略しにくい”米国(米中対立が背景)を強化する予定です。生産能力の拡大においては、自動車メーカーとの合弁会社を積極に活用しています。たとえば、GMとの合弁会社であるUltium Cellsの第1工場(生産能力40ギガワット)は2022年に量産開始の予定ですが、第2工場は2024年までに40ギガワット以上の生産能力を確保する計画です。

(3)バッテリーの安全性問題
LGエネルギーソリューションは、2021年に上場する予定でしたが、同社製バッテリーを搭載したGMのボルトの火災事故やリコール問題を受け、延期となりました。その後、リコール費用などをめぐり、GMと合意に達し、IPOを再開した経緯があります。実際、2020-2021年の間、同社製バッテリーを搭載した現代自動車とGMで3回の大規模なリコールが発生しました。リコール費用の計上により、同社の2020年10-12月期と2021年7-9月期決算は赤字に転落しました。同社は品質改善に取り組んでいますが、今後再び火災事故や大規模なリコール問題が発生した場合、信用リスクにつながり、業績にも打撃を与える可能性があります。

図表1 売上高の推移(通期ベース、10億ドル)

図表2 2021年の業績推移(四半期ベース、10億ウォン)

図表3 地域別売上高構成比(2021年7-9月期)

外国株式口座開設外国株式お取引

※外国株式のお取引には、外国株式の口座開設が必要となります。
お取引をご検討されておられる方は、お早目のお手続きをお勧めいたします。

ご注意事項

本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

システム障害時の対応

外国株式の投資情報

  • SBIラップLP

銘柄追加のご要望はこちらのフォームからお寄せください。

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

入金・出金・振替

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.