SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-05-25 19:31:14

外国株式 > 【米株新規銘柄取扱】ルーブリック(RBRK)を上場初日4/25(木)より取扱開始予定!

【米株新規銘柄取扱】ルーブリック(RBRK)を上場初日4/25(木)より取扱開始予定!

2024/04/24

【米株新規銘柄取扱】鮨 銀座おのでら(ONDR)を上場初日4/19(金)より取扱開始予定!

新規取扱予定銘柄

上場予定日 ティッカー 銘柄名 事業内容 市場
4月25日 RBRK Rubrik Inc-A
ルーブリック インクA
クラウドデータ管理およびデータセキュリティ企業。政府機関や、医療、法務、金融業界などにサービスを提供。 NYSE
  • ※銘柄へのリンク遷移及び注文受付は上場予定日の16:30過ぎより開始予定となります。
  • ※上場予定日は直前で変更になる可能性がありますので、予めご了承ください。
  • ※新規上場銘柄は上場日に初値が確定するまで、成行注文は受付できません 。指値での注文のみ可能です。

会社概要と上場

カリフォルニア州パロアルトに本社があるクラウドベースのセキュリティプラットフォーム企業です。マイクロソフトが出資しています。2013年創業で、2014年に会社名をルーブリックに変更しました。世界中のデータを保護することをミッションに掲げています。2024年1月期の売上高構成はサブスクリプションが86%、保守6%、その他8%です。地域別では米州が70%、欧州・中東・アフリカ26%、アジア太平洋4%です。なお、最終損益は赤字です(2024年1月期は3.5億ドルの最終赤字)。2024年1月末時点でサブスクリプションARR(サブスクリプション契約の年換算額)は前年比47%増の7.8億ドル、継続率は130%強、顧客数は6,100強です(2023年1月末の5,000強から拡大)。サブスクリプションARRで10万ドル以上の顧客数は1,742です。

NYSEに上場予定で、ティッカーシンボルはRBRK、引受金融機関はゴールドマン サックス、バークレイズ、シティグループ、ウェルズ ファーゴ証券等の多数の大手金融機関が参加しています。なお、日系ではみずほとSMBC日興も引受金融機関に入っています。売り出し株数は2,300万株で仮条件の価格帯は$28-$31となり最大で約7.1億ドルの規模になります。4月24日に値決めが行われ、翌25日に取引開始されるとの観測が出ています。CEOは共同創業者でもあるビプル・シンハ氏(2024年4月1日時点で50歳)です。シンハ氏はインドの名門インド工科大学の電子工学学士を持ち、米国の名門ペンシルバニア大学ウォートンスクールでMBAを取得しています。

注目点

(1)マイクロソフトが出資。顧客はゴールドマン サックスやペプシコ等で業種は多岐にわたる

2021年にマイクロソフトが出資しています。2024年1月末時点で顧客数は6,100超で、ゴールドマン サックスやペプシコ、ホーム デポ等が含まれます。業種は金融サービス、小売り、運輸、エネルギー、ヘルスケア、公共、テクノロジー、サービス等様々です。同社のデータ保護プラットフォーム「ルーブリック・セキュリティ・クラウド(RSC)」はデータセキュリティリスクや不審行動の発見・分析・修復を行います。なお、情報技術インフラはデータ侵犯されるものであり、認証無しでは何も信頼できないとの前提であるゼロ・トラスト・データ・セキュリティの考えに基づいて構築しています。同社のビジネスはデータの成長に連動しており、社会のデジタル化や生成AIの登場でデータ量の拡大が見込まれている中、ランサムウェア攻撃が増加しており、セキュリティ業界の成長機会は大きいと思われます。

(2)注目業績指標は4つ

会社側は注目している業績指標として次の4つを挙げています。@サブスクリプションARR、AクラウドARR、B平均継続率、CサブスクリプションARRで10万ドル以上の顧客数です。サブスクリプションARRは2024年1月末で前年比47%増の7.8億ドルです。クラウドARRは同2.2倍の5.2億ドルです。平均継続率は133%(前年は150%)、サブスクリプションARRで10万ドル以上の顧客数は同45%増の1,742です。

(3)TAM(潜在市場規模)は2024年末に363億ドルと推定

会社側は2024年末までにTAMは約363億ドルになると推定しており、2027年末までには約529億ドルに拡大すると見込んでいます(平均成長率13%)。内訳として、データ管理がそれぞれ129億ドル→154億ドルへ、セキュリティが234億ドル→375億ドルです。

(4)バリュエーション

同社の企業価値は最大54億ドルであり、これから算出されるPSR(株価売上高比率:時価総額を通期実績売上高で除して算出)は約9倍です。サイバーセキュリティをビジネスモデルとする企業と比較するとクラウド ストライク ホールディングス Aは約22倍、パロ アルト ネットワークス約13倍、フォーティネット約9倍、センチネルワン A約10倍等となっており、割高感は小さいと思われます。

図表1  サブスクリプションARR(100万ドル)

図表2  サブスクリプションARRで10万ドル以上の顧客数(1月末時点)

リスク要因(一例)

粗利益率は2024年1月期で77%と高水準ですが、同社は創業以来赤字が続いています(通期ベース)。また、顧客大手3社の2024年1月期の売上高に対する比率が76%と大きく依存していることもリスク要因と言えそうです。この他、売り出し株式数の最大5%相当は、ダイレクト・シェア・プログラムに基づき特定の人物に割り当てられ、ロックアップの対象外となるため、IPO以降の株価変動が大きくなる可能性があります。

業績動向

2024年1月期は売上高がサブスクリプションの増加を背景に前年比5%増の6.3億ドル、研究開発費や販売・マーケティング費、一般・管理費増加で最終赤字は同28%増の3.5億ドルでした。研究開発費と販売・マーケティング費が営業費用の87%とその大半を占めています。四半期ベースでは、24/Q4(2023年11月-24年1月)の増収率は前年比29%増で、前四半期の同1%増から伸びが改善していますが、最終損益は約9,700万ドルの赤字で赤字基調が続いてます。

  • ※当コンテンツは同社資料(上場目論見書)、同社Webサイト、各種報道、Bloombergデータを基にSBI証券が作成
  • ※外国株式のお取引には、外国株式の口座開設が必要となります。
    お取引をご検討されておられる方は、お早目のお手続きをお勧めいたします。

ご注意事項

<手数料等およびリスク情報について>
外国株式のお取引にあたっては、所定の手数料がかかります(手数料はお客さまの取引コース、取引チャネルや外国有価証券市場等により異なることから記載しておりません)。外国株式の取引は、株価や為替市場の変動等により損失が生じるおそれがあります。詳しくは、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法等に係る表示新しいウィンドウで開きます。または上場有価証券等書面をご確認ください。

ご注意事項

本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

ソフトバンクグループ株式会社第63回無担保社債
お客さまサポート

よくあるお問合せ
・口座開設の流れ
・NISA関連のお問合せ
・パスワード関連のお問合せ

HYPER SBI 2 ダウンロード
システム障害時の対応

外国株式の投資情報

  • 【7/17(水)開催:日本株ファンドセミナー】お申し込み受付中!

銘柄追加のご要望はこちらのフォームからお寄せください。

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.