SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2022-08-15 09:27:21

外国株式 > 【中国株式】香港上場の天斉リチウム(09696)<香港市場上場初日>より取扱開始!(7/13〜)

【中国株式】香港上場の天斉リチウム(09696)<香港市場上場初日>より取扱開始!(7/13〜)

世界的に注目されている中国リチウム企業大手の、天斉リチウムが7月13日(水)香港市場に上場しました。同社は電気自動車(EV)のバッテリーに欠かせない原料であるリチウムの業界において世界トップクラスの企業です。

中国株式

銘柄コード

銘柄

事業内容

市場

09696

天斉リチウム
TIANQI LITHIUM CORP-H

リチウム製品の開発、製造、販売に従事する。世界各地で製品を販売する。

メインボード

ご確認ください

上場日は直前で変更になる可能性がありますので、予めご了承ください。

●注文受付開始は2022年7月13日(水)初値決定後(日本時間10時30分以降)を予定しております。

●公開価格:82香港ドル

●呼値は株価によって異なります。詳しくは「ヘルプ」>「呼値の単位」をご覧ください。

通常取引時間中(日本時間 前場 10:30〜13:00、後場 14:00〜17:00)に有効となるご注文は『買指値の場合は「上限は最良売り気配から9ティック上まで、下限は最良買い気配から20ティック下まで』、『売指値の場合は「上限は最良売り気配から20ティック上まで、下限は最良買い気配から9ティック下まで」』となります。範囲外の指値注文は香港証券取引所に受付られず、失効いたしますので、ご注意ください。ただし、一旦取引所に受付られた指値注文は、その後、基準価格が変動して上記価格範囲から乖離しても当日中は有効となり、通常の指値注文として市場に残ります。

●その他取引に係る留意事項は、「サービス概要」、「ヘルプ」>「注文受付に関する注意点」、「外国株式取引に関する説明書 Ⅴ 中国株式取引」をご確認ください。

当社、取次先、取引所等の事由によりご注文を受付できない場合、及び注文受注後であっても失効される場合がございます。

同社のポイント

世界リチウム大手の天斉リチウム(09696)が香港上場へ(7/13)

会社概要

中国および世界のリチウム大手。主にリチウム化合物やリチウム精鉱の生産を手掛けています。垂直統合型のリチウム大手として、100%自給自足する(自社が権益を所有する鉱山から採掘して加工する)生産体制を確立しています。製品別売上高構成比(2021年)は、リチウム化合物・リチウム誘導体が65.3%、リチウム精鉱が34.7%です。主要顧客は世界の大手電池材料メーカーや電池メーカーです。

注目点

(1)世界リチウム大手
電気自動車(EV)のバッテリーに欠かせない原料であるリチウムの業界において世界トップクラスの企業です。リチウム資源が豊富な豪州や南米チリ、中国に鉱山権益を保有しています。リチウム精鉱の生産量(2021年、下記同様)は世界首位で、市場シェアは38%です。リチウム化合物の生産量は世界4位で、市場シェアは7%です。リチウム化合物のうち、バッテリー用炭酸リチウムの世界シェアは2位、バッテリー用水酸化リチウムの世界シェアは10位です。

(2)香港市場で今年最大のIPO
同社は既に深センに上場(A株の銘柄コード:002466)しているため、今回は香港での重複上場となります。香港のIPO市場は今年不調が続きましたが、同社のIPO公開価格は仮条件(69-82香港ドル)の上限で決まりました。仮条件が深セン上場のA株の株価に対して低め(※)に設定されたことに加え、同社がEVやリチウム関連銘柄として認知度が高いことも背景と考えられます。資金調達額は約17億米ドルで、香港市場で今年これまでの最大規模のIPOとなる見込みです。

  • (※6/30に公表された仮条件が69-82香港ドルに対し、6/29の深セン上場A株の終値は122.8人民元で、為替換算すると仮条件価格はA株よりおよそ5割低めに設定されています。香港市場の軟調な地合いに加え、香港と中国本土市場の投資家層の違いなどを総合的に考慮したものとみられます。)

(3)債務問題と上場前の「株価割高」指摘
同社は事業拡大のため、積極的にM&Aを実施してきました。2018年にリチウム生産で世界大手のSQM(チリの会社、銘柄コードもSQM)を買収(株式を2割強取得)するために、巨額な借り入れを実施しました。SQM買収後、金利負担が重石となり、2020年は債務不履行の恐れも生じました。資金難を乗り越えるため、2020年末に豪州の金属資源開発会社であるIGOにリチウム権益の一部売却しました。債務不履行は一旦免れましたが、債務返済は今後も続くため、今回のIPOによる資金調達に漕ぎつけました。IPOによって調達する資金の6割以上(約11億米ドル)をSQM買収関連の債務返済に充てる予定です。これにより、同社の債務負担は大幅に軽減されることになります。

香港上場を2日前に控えた7/11、同社の深セン上場A株は9.16%下落しました。きっかけは、かつて影響力のある中国著名ファンドマネージャーだった徐翔(相場操縦の容疑で逮捕された)氏の妻・応瑩氏が同社A株について、バリュエーションの高さを指摘したことです。応瑩氏は同社を含めて株式への投資は行っていない(空売りもしていない)ようですが、中国本土市場である程度知名度のある人物であるため、同氏のコメントはA株反落の引き金となりました。もっともA株の株価は4月末から7/10まで2倍以上に急騰したこともあり、IPOの実現で利益確定売り(いわゆる相場の格言通り、「噂で買って事実で売る」)に押されやすい状況にありました。また、香港上場株の公開価格がA株より大幅に低めに設定されたことも、利益確定売りの一因になった可能性があります。他方、香港上場株はA株の株価変動に影響を受けるとみられるため、A株の動向には注意を払う必要がありそうです。

業績動向

業績はリチウム相場の動向に大きく左右される傾向があります。2018年以降は、SQM買収による影響も顕著でした。たとえば2019年はリチウム相場の低迷に加え、保有するSQM株の減損処理で大幅な赤字に転落しました。2020年は需要回復とリチウム相場の持ち直しを受け、赤字幅が縮小しました。2021年はリチウム価格の高騰を追い風に黒字転換を果たしました。

図表1 製品別売上高と純利益の推移(百万元)

図表1  製品別売上高と純利益の推移(百万元)
  • ※会社資料(上場目論見書)をもとにSBI証券が作成
外国株式口座開設外国株式お取引
  • ※外国株式のお取引には、外国株式の口座開設が必要となります。
    お取引をご検討されておられる方は、お早目のお手続きをお勧めいたします。

ご注意事項

本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

<手数料等およびリスク情報について>
外国株式のお取引にあたっては、所定の手数料がかかります(手数料はお客さまの取引コース、取引チャネルや外国有価証券市場等により異なることから記載しておりません)。外国株式の取引は、株価や為替市場の変動等により損失が生じるおそれがあります。詳しくは、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示、または上場有価証券等書面をご確認ください。

ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

システム障害時の対応

外国株式の投資情報

  • 米国株式信用取引

銘柄追加のご要望はこちらのフォームからお寄せください。

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.