SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-07-16 07:56:05

外国株式 > 日興アセットマネジメント −シンガポールの上場投資信託(ETF)業界の概況

日興アセットマネジメント −シンガポールの上場投資信託(ETF)業界の概況

1シンガポールにおける最初のETF

シンガポールにおける最初のETFは2001年、シンガポール取引所(SGX)とアメリカン証券取引所(AMEX)がSGXでETFの相互上場およびを行なう協定を結んだことによって誕生しました。

それらのETFには、SPDR S&P 500 ETF、DJIA Diamonds ETF、iShares S&P Europe 350 Index Fund(IEV)などがありました。
このような展開の背景には、米国で初のETFが上場された1993年から10年未満で残高が1000億米ドルの水準を突破するなど、世界でETF資産が急拡大したことがあります。

その後10年のあいだに、ETFは、手数料の低さ、透明性、投資のしやすさといったことも寄与し、シンガポールで普及しました。
ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズは2002年に初となる国内籍のSTI ETFを、DBS アセットマネジメント(DBSAM)は2005年にABF Singapore Bond Index Fundを、それぞれ開発しました。ブラックロック、CIMB、ドイチェ・アセット・マネジメントといったように、さらに多くのETF設定会社もまた市場に参入し、投資家が利用できる商品のラインナップが拡充しました。

ETFの成長はシンガポールにとどまらず、2011年の第1四半期におけるアジア太平洋(日本を除く)地域のETFは本数が224本、運用資産額が570億米ドルと、2010年の同期と比較して本数で41%、運用資産額で40%の伸びとなりました。これが一部の資産運用会社にを提供するなか、日興アセットマネジメントグループ(日興アセット)は2011年9月30日にDBSAMを買収し、1650億米ドル超の運用資産額を有するアジア地域最大の資産運用会社となりました(運用資産額は2018年時点で2000億米ドル超に拡大しています)。

  1. ※1 IFA.Com掲載「AMEX and Singapore Exchange to Cross-List ETFs」(2001年4月5日)
  2. ※2 Vanguard ETF Knowledge Center発行「 What is the history of ETFs?」
  3. ※3 シンガポール金融通貨庁(MAS)アシスタント・マネージング・ディレークター(開発グループ)Ng Nam Sin氏のAsian ETF Investors Summit 2011における開会の挨拶より引用

2現在のシンガポールにおける主なETF設定会社

シンガポールで初めてETFが誕生してから20年近くが経ちましたが、現在、ETF業界はより成熟しており、SGXに上場されたETFを運用する資産運用会社は10社あります(表1参照)。上場ETFの本数ではドイチェ・アセット・マネジメントが最も多く、次いでリクソー・アセット・マネジメント、日興アセット、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズと続きます。
シンガポール籍ETFの運用資産額では日興アセットが最大のETF設定会社となっており、運用している4本のETFの時価総額は合計で約15億シンガポールドルとなっています(表2参照)。

3投資家が利用できるETFの種類

シンガポールに上場するETFは、証券先物法(SFA)の下、シンガポール金融通貨庁(MAS)によって規制されています。ETFは特定投資商品(SIP)と除外投資商品(EIP)の2つのカテゴリーに分類されています。SIPはデリバティブが組み込まれているようなより複雑な商品を指し、一方でEIPはより一般に理解されている商品を指します。
SGXに上場するETFは51本(大半がEIP)あり、様々な地域にわたって、また株式、債券、コモディティのような主要資産クラスにおいて、幅広いレンジの投資の選択肢を投資家に提供しています。なかには、シンガポールドルと米ドルの両方で取引されているETFもあります(表3参照)。
近年設定されたETFは、投資家により高い分配金利回りを提供することを重視したものとなりました。とりわけ、2016年から2017年には3本のリートETF、具体的にはPhillip SGX APAC ex Japan Dividend Leaders ETF、Nikko AM Asia ex Japan REIT ETF、およびLion-Phillip S-REIT ETFが設定されました。
2018年、日興アセットは、国債よりも通常利回り水準が高いシンガポールドル建て投資適格社債市場に連動する社債ETFを設定しました。
また、フィリップ・キャピタル・マネジメントは、事業の質や財務の健全性、配当利回りなど独自のファクターを用いたクオリティー・インカム戦略 を活用するファンド、Phillip SING Income ETFを設定しました。

  • ※4 2018年11月28日現在

4市場流動性の高まり

市場流動性はETF投資の重要な側面です。投資家にとってこの流動性は、小さめの取引単位やよりタイトな売値・買値スプレッドという形であったり、または単にポジション売買の容易さというものかもしれません。2014年以降、SGXにおけるETF毎の平均取引額は拡大してきており、足元では月間400万シンガポールドルをやや上回っています(図表1)。この一因として、シンガポールのETFのマーケット・メイキング活動を支える指定マーケットメーカー(DMM)のエコシステムが発展したことが挙げられます。具体的には、ETFのDMMは売り・買い両サイドで50,000シンガポールドルを最低額として売値・買値両方向の気配値の提供が義務付けられており、SGXの取引時間の85%において売値・買値スプレッドを2%以内に抑えなければなりません。このDDMには、コメルツバンクAG、ドイチェ・バンクAG、フロートレーダーズ、フィリップ・セキュリティーズ、ソシエテ・ジェネラル、UBSなどが含まれます。

  • ※当資料は、日興アセットマネジメントがシンガポールの上場投資信託(ETF)業界の概況についてお伝えすることなどを目的として作成した資料です。
  • ※当資料は、信頼できると判断した情報に基づき作成されていますが、情報の正確性・完全性について弊社が保証するものではありません。

外国株式口座開設外国株式お取引

※外国株式のお取引には、外国株式の口座開設が必要となります。
お取引をご検討されておられる方は、お早目のお手続きをお勧めいたします。

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
  • 本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

<手数料等およびリスク情報について>

外国株式のお取引にあたっては、所定の手数料がかかります(手数料はお客さまの取引コース、取引チャネルや外国有価証券市場等により異なることから記載しておりません)。外国株式の取引は、株価や為替市場の変動等により損失が生じるおそれがあります。
詳しくは、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示、または上場有価証券等書面をご確認ください。

お客様サイトへログイン

外国株式の投資情報

商品・サービスのご案内

  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!
  • 米国株式・ETF定期買付サービス

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.