SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-03-02 10:24:39

外国株式 >  "インベステリジェンス" 足りてる?〜J.P.モルガンから新ETFが登場〜

"インベステリジェンス" 足りてる?〜J.P.モルガンから新ETFが登場〜

インベステリジェンス足りてる?〜J.P.モルガンから新ETFが登場〜 インベステリジェンス足りてる?〜J.P.モルガンから新ETFが登場〜
  • ※本サイトはJPモルガン・アセット・マネジメント株式会社から提供を受けた資料をもとに掲載しております。

コストも大切な観点ですが、コスト控除後の実質的なリターンはもっと大切です。
その商品が「あなたにどれだけのリターンをもたらしてくれるか」が一番大切なはず。コストのみで比較検討すると目的の達成には遠回りになる可能性もあるため要注意です。アクティブETFは、パッシブETFより中長期的に高いリターンとなることを目指します。

※上記はイメージ図のため、実際とは異なります。中長期的に上回ることを目指しますがその実現を保証するものではありません。

米国株だからこそ、幅広い商品があります。
その中には中長期で成果が出ているアクティブ運用(アクティブ型)の商品もあるため、投資妙味のない銘柄にも幅広く投資をするパッシブ運用の商品しか選ばないのはもったいないのではないでしょうか。あなたがリターンを得る可能性をなるべく高くするためにも、リスクを取ってアクティブ運用の商品も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

ランキングが上位だから、などの理由「だけ」で選んでいませんか?
誰が運用しているかを知ることは意外と大切です。実績のある会社が運用するのと、そうでない会社が運用するのとではパフォーマンスが変わってくる可能性があります。

本質を追求したアクティブETF

いかがでしたか?人によっては少し「ギクッ」としてしまう質問だったかもしれません。私たちJ.P.モルガン・アセット・マネジメントは皆様がご自身の目的に沿って投資をすることで、投資のリターンや楽しさを享受していただきたいと考えています。
本質を見極め続ける投資家の皆様にお役に立てるよう、新しい2つのアクティブETFをご用意しました。

JPモルガン・米国グロース株式・
アクティブETF(JGRO)

銘柄情報はこちら

※PCサイトに遍移します。

JPモルガン・米国バリュー株式・
アクティブETF(JAVA)

銘柄情報はこちら

※PCサイトに遍移します。

JPモルガン・米国グロース株式・アクティブETF(JGRO)は、アクティブ運用のETFです。J.P.モルガン・アセット・マネジメントのグロース株式運用戦略のうち、代表的な戦略である米国ラージキャップ・グロース戦略と米国グロース・アドバンテージ戦略を半分ずつ組み合わせた形で運用を行っています。米国大型株市場を中心として厳選した成長銘柄へ投資を行うことで、長期的なパフォーマンスを追求します。

市場を上回る米国グロース株式運用のパフォーマンス

米国ラージキャップ・グロース戦略と米国グロース・アドバンテージ戦略を半分ずつ組み合わせた「米国グロース株式運用」は、長期的に市場を上回るパフォーマンスとなりました。

【ご参考】J.P.モルガン・アセット・マネジメントの米国グロース株式運用の過去のパフォーマンス
期間:2005年9月末〜2023年3月末(2005年9月末を100として指数化)、米ドルベース、運用報酬控除前

出所:ブルームバーグ、J.P.モルガン・アセット・マネジメント
当ファンドの運用チームの長期の運用実績を示すために、当ファンドの参照戦略となっている米国株ラージキャップ・グロース戦略と米国株グロース・アドバンテージ戦略(いずれもコンポジット、同じ運用戦略を採用するファンド等のデータを集計したものであり、投資家が直接投資できるものではありません)のパフォーマンスを等分に配分し継続保有したと仮定した試算結果を掲載しています。いずれの運用戦略(コンポジット)のパフォーマンスも、当ファンドのパフォーマンスではありません。当ファンドの設定来の運用実績が短いため、米国グロース株式運用の長期のパフォーマンスを参考としてご紹介する目的で示したものです。当ファンドの設定来のリターンは4.23%です(2023年5月末現在、設定日:2022年8月8日、税引き前分配金再投資基準価額(米ドルベース))。米国大型グロース株式指数:ラッセル1000グロース・インデックス、米国株式指数:S&P500指数、いずれも米ドルベース、配当込み。ラッセル1000グロース・インデックス(米ドルベース、配当込み)は、JGROのベンチマークです。S&P500指数は市場動向をご理解いただくために示したものであり、当ファンドのベンチマークではありません。上記のデータ・分析等は過去の実績や将来の予測、作成時点におけるJ.P.モルガン・インベストメント・マネージメント・インクの判断を示したものであり、将来の投資成果および市場環境の変動等を示唆・保証するものではありません。

JPモルガン・米国バリュー株式・アクティブETF(JAVA)は、アクティブ運用のETFです。J.P.モルガン・アセット・マネジメントのバリュー株式運用戦略のうち、代表的な戦略である米国バリュー戦略と米国大型株式バリュー戦略を半分ずつ組み合わせた形で運用を行っています。米国大型株市場を中心として厳選したバリュー銘柄へ投資を行うことで、長期的なパフォーマンスを追求します。

市場を上回る米国バリュー株式運用のパフォーマンス

米国バリュー戦略と米国大型株式バリュー戦略を半分ずつ組み合わせた「米国バリュー株式運用」は、長期的に市場を上回るパフォーマンスとなりました。

【ご参考】J.P.モルガン・アセット・マネジメントの米国バリュー株式運用の過去のパフォーマンス
期間:2001年12月末〜2023年3月末(2001年12月末を100として指数化)、米ドルベース、運用報酬控除前

出所:ブルームバーグ、J.P.モルガン・アセット・マネジメント
当ファンドの運用チームの長期の運用実績を示すために、当ファンドの参照戦略となっている米国株バリュー戦略と米国大型株式バリュー戦略(いずれもコンポジット、同じ運用戦略を採用するファンド等のデータを集計したものであり、投資家が直接投資できるものではありません)のパフォーマンスを等分に配分し継続保有したと仮定した試算結果を掲載しています。いずれの運用戦略(コンポジット)のパフォーマンスも、当ファンドのパフォーマンスではありません。当ファンドの設定来の運用実績が短いため、米国バリュー株式運用の長期のパフォーマンスを参考としてご紹介する目的で示したものです。当ファンドの設定来のリターン(年率)は2.05%です(2023年5月末現在、設定日:2021年10月4日、税引き前分配金再投資基準価額(米ドルベース))。米国大型バリュー株式指数:ラッセル1000バリュー・インデックス(米ドルベース、配当込み)。ラッセル1000バリュー・インデックス(米ドルベース、配当込み)は、JAVAのベンチマークです。上記のデータ・分析等は過去の実績や将来の予測、作成時点におけるJ.P.モルガン・インベストメント・マネージメント・インクの判断を示したものであり、将来の投資成果および市場環境の変動等を示唆・保証するものではありません。

JPモルガン・米国グロース株式・アクティブETF(JGRO)運用担当者

JPモルガン・米国バリュー株式・アクティブETF(JAVA) 運用担当者

私たちJ.P.モルガン・アセット・マネジメントは、アクティブETFの先駆者として、弊社グループならではの運用力をいかした独自のETFラインナップを展開。
債券アクティブETFの中では世界第1位の運用残高を誇る「JPST」や、株式アクティブETFの中では世界第1位の残高を誇る「JEPI」を運用するなど、世界的なアクティブETFプロバイダーとして躍進しています。

※出所:ブルームバーグ、J.P.モルガン・アセット・マネジメント、2023年4月末時点

JPモルガン・米国グロース株式・
アクティブETF(JGRO)

銘柄情報はこちら

※PCサイトに遍移します。

JPモルガン・米国バリュー株式・
アクティブETF(JAVA)

銘柄情報はこちら

※PCサイトに遍移します。

指数について


■出所:ロンドン証券取引所グループplc及びそのグループ各社(併せて「LSEグループ」という)。©LSEグループ。FTSE Russellは、LSEグループが所有する一部の子会社の商号です。「FTSE Russell®」は、関連するLSEグループ各社の商標であり、ライセンスに基づきその他のLSEグループ各社によって使用されます。FTSE Russellのインデックスまたはデータのすべての権利は、当該インデックスまたはデータを保有しているLSEグループ各社に帰属します。LSEグループまたはライセンサーはいずれもインデックスまたはデータの誤りあるいは省略に対して責任を負いません。いかなる当事者も、この連絡に含まれるインデックスまたはデータに依存することはできません。LSEグループからのデータの追加配布は、関連するLSEグループ各社の明確な書面による同意なしに許可されることはありません。LSEグループは、この連絡の内容を宣伝促進、支援、推薦することはありません。


■S&Pの各指数は、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスLLCが発表しており、著作権はS&Pダウ・ジョーンズ・インデックスLLCに帰属しています。


注意事項


■本ページはJPモルガン・アセット・マネジメント株式会社のグループ会社(J.P.モルガン・インベストメント・マネージメント・インク(JPMIM))が信頼性が高いとみなす情報等に基づいて作成されたものです。当該情報が正確であることを保証するものではなく、JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社およびJPモルガン・アセット・マネジメント株式会社のグループ会社は、本ページに記載された情報を使用することによりお客さまが投資運用を行った結果被った損害を補償いたしません。本ページに記載された意見・見通しは表記時点でのJPモルガン・アセット・マネジメント株式会社およびJPモルガン・アセット・マネジメント株式会社のグループ会社の判断を反映したものであり、将来の市場環境の変動や、当該意見・見通しの実現を保証するものではございません。また、当該意見・見通しは将来予告なしに変更されることがあります。JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社もしくはJPモルガン・アセット・マネジメント株式会社のグループ会社またはそれらの従業員は本ページで言及している有価証券を保有している場合があります。J.P.モルガン・アセット・マネジメントは、JPモルガン・チェース・アンド・カンパニーおよび世界の関連会社の資産運用ビジネスのブランドです。

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
  • 本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

<手数料等およびリスク情報について>

外国株式のお取引にあたっては、所定の手数料がかかります(手数料はお客さまの取引コース、取引チャネルや外国有価証券市場等により異なることから記載しておりません)。外国株式の取引は、株価や為替市場の変動等により損失が生じるおそれがあります。
詳しくは、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法等に係る表示、または上場有価証券等書面をご確認ください。

ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

ソフトバンクグループ株式会社 第59回無担保社債

ご案内
・【よりスムーズな解決を実現!】お問い合わせ内容の事前入力サービス

よくあるお問合せ
・証券税制と確定申告について
・NISA関連のお問い合わせ
・パスワード関連のお問い合わせ

HYPER SBI 2 ダウンロード
システム障害時の対応

外国株式の投資情報

  • ソフトバンクグループ株式会社 第59回無担保社債

銘柄追加のご要望はこちらのフォームからお寄せください。

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.