SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-01-21 08:13:23

国内株式 > ETF/ETNとは > 世界で注目を集めるESG投資

世界で注目を集めるESG投資

世界で注目を集めるESG投資

ESG関連ETF

2017年7月にGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は、3つのESG指数を選定しパッシブ運用を開始したことを発表しました。以下、3本のETFは、このGPIFが選定した指数に連動するETFです。

  • ダイワ上場投信-MSCI日本株女性活躍指数(WIN)
  • ダイワ上場投信-MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数
  • ダイワ上場投信-FTSE Blossom Japan Index

ESG投資とは

ESG投資とは、企業評価において従来の財務情報等の分析に加え、Environment(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治)を考慮する投資です。
各テーマの課題には、以下のようなものがあります。

具体例として、Social(社会)の課題である「労働環境の改善」を怠った企業を考えてみましょう。
労働環境が悪い企業の場合、従業員は労働環境の改善を求めてストライキを行うかもしれません。ストライキが行われた企業は業務停止や工場閉鎖に追い込まれ、生産がストップします。その結果、その企業の業績や財務状況に悪影響が出ると考えられます。

また、下のグラフはGovernance(企業統治)の「情報の透明性」に問題があった企業の事例です。この企業は過去に行っていた粉飾決算の事実が発覚し、株価が大きく下落しました。

  • (出所)ブルームバーグ

このように、ESGの課題は企業のリスク要因になる可能性があり、顕在化すると企業価値を大きく損なうことがあります。ESG投資はESGの課題を考慮することで財務情報等には表れないリスクへの耐性を高め、長期的なリターンの向上を目指す新しい投資手法なのです。

ESG投資の拡大

日本ではまだ馴染みの薄いESG投資ですが、実は欧州や米国などではすでに広く普及している投資手法です。2016年時点の世界のESG投資額は約23兆米ドル(日本円で約2,600兆円※)と、2012年対比で約2倍に拡大しています。

  • ※2016年12月の為替レートで円換算
  • (出所)Global Sustainable Investment Reviewより大和投資信託作成

日本におけるESG投資

日本では2017年7月にGPIFがESG指数※を新しく採用し、この指数に連動する日本株のパッシブ運用を1兆円規模で開始することを発表しました。2017年9月にはこのESG指数を連動対象とする日本初のESG関連ETFが3本誕生しています。また、生命保険会社といった機関投資家の一部もESG投資を行う方針を表明しており、日本でも今後さらにESG投資が積極化すると期待されます。

  • ※MSCI日本株女性活躍指数、 MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数、 FTSE Blossom Japan Indexの3指数。
  • ダイワ上場投信-MSCI日本株女性活躍指数(WIN)
  • ダイワ上場投信-MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数
  • ダイワ上場投信-FTSE Blossom Japan Index

ETF/ETN投資に関する留意事項

  • 元本保証はございません。
  • ETF/ETN一口当たりの純資産額と連動を目指す特定の株価指数等が乖離する可能性がございます。
  • 市場価格とETF/ETN一口当たりの純資産額が乖離する可能性がございます。
  • 日本取引所によるリンク債・OTCスワップ型ETF等の対応に係る通知については、下記WEBサイトをご確認ください。
    ETFの信用リスク新しいウィンドウで開きます。(日本取引所グループのWEBサイト)
  • ETNは発行体となる金融機関の信用力を背景として発行される証券であることから、発行体の倒産や財務状況の悪化等の影響により、ETN価格の下落又は無価値となる可能性があります。ETNの投資リスクについては、下記WEBサイトをご確認ください。
    ETNの投資リスク新しいウィンドウで開きます。
  • ETNは、貸株サービスの非対象銘柄です。
  • その他の事項につきましては、日本取引所グループのWEBサイトの「投資リスク」の欄や目論見書等でご確認ください。
    日本取引所グループのWEBサイト(ETF)はこちら新しいウィンドウで開きます。

お客様サイトへログイン

商品・サービスのご案内

  • 国内株式 強力なサポートツール7選
  • 成績表
  • 積立サマリー
キャンペーン実施中!!つみたてNISA
  • 株式投資口座
  • 専門家による銘柄分析!アナリストレポート
  • 日証金の証券担保ローン コムストックローン

ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.