SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2022-08-09 06:59:51

マーケット > レポート > 週刊日本株式アウトルック

週刊日本株式アウトルック

月末、四半期末、月初のリバランスや配当需給面でも注目の週

2022/6/24
提供:DZHフィナンシャルリサーチ 日本株情報部 東野幸利

来週の株式見通し(2022/6/27〜7/1)

来週(2022/6/27〜7/1)の日経平均株価の予想レンジは26,000円〜27,000円。米国株式市場の急反発は見込みづらいが、円安や原油相場の調整を背景に日本株優位の展開か。半導体関連を中心にハイテク株や主力株の一角に売りが目立つが、内需株シフトが支えになりそうだ。小売企業の決算もあり、国内消費の回復度合いをはかるバローメータになる。
月末、四半期末、月初を含む週でポジション調整やリバランスが意識されやすいことや、3月期決算企業の配当支払いがピークを迎え、需給面での注目の週となる。市場推計では来週の配当金支払い総額は約3兆円規模に達するという。すべてが再投資にまわることはないが、米国株上昇の追い風などがあれば、再投資効果を材料に買い物が増加する可能性はある。6月最終週は比較的勝率が高い(上昇)こともアノマリーとして有名だ。
経済指標では、米6月消費者信頼感指数(6/28)、中国6月製造業PMI、米5月個人所得・個人消費支出(6/30)、6月日銀短観、中国6月財新製造業PMI、米6月ISM製造業景気指数(7/1)など注目材料が多い。

日経平均株価(図表1)は3/9安値(24,681円)を起点に5/12安値(25,688円)を通る右上がりの抵抗線を前に伸び悩む展開となっている。一方、5日移動平均線(26,060円 6/23)上を保っており、同線の上向きへの変化を通じて抵抗線を上方に抜け出せるかが焦点となる。できるだけ早く25日移動平均線(26,987円 同)上に回復できるかが、相場の安定には欠かせない。
一方、ここから反発基調が続く場合でも、当面は200日移動平均線(27,888円 同)付近や、6/13の急落で形成したマド埋め水準(27,795円)を上限とした保ち合い相場にとどまる可能性が高いとみられる。
6/20安値(25,520円)を下回ると、3月安値水準まで下落余地は拡大する。

図表1:日経平均株価の日足チャート(2021/7/1-2022/6/23)
  • 出所:QUICKよりDZHフィナンシャルリサーチが作成

主要な国内経済指標の発表では、日銀金融政策決定会合の「主な意見」(6/16〜17開催分)(6/27)、5月商業動態統計(6/29)、5月鉱工業生産、5月住宅着工統計(6/30)、5月失業率、5月有効求人倍率、6月都区部消費者物価指数、6月日銀短観(7/1)がある。

国内企業の決算発表では、しまむら、壱番屋、オークワ、あさひ(6/27)、スギHD、ハローズ、パイプドH、ピックルス、銚子丸、ヒマラヤ、NaITO、パレモ・HD(6/28)、ナガイレーベン(6/29)、Jフロント、ダイセキ、高島屋、DCM、平和堂、WNIウェザー、ケーヨー、スターマイカHD、マルマエ、ダイセキソリュ、三陽商、FフォースG、セキチュー、ソーバル、識学(6/30)、ニトリHD、アスクル、象印、トシンG、霞ヶ関キ(7/1)
が予定している。

一方、海外の経済指標の発表やイベントでは、米5月耐久財受注(6/27)、米4月S&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数、米6月消費者信頼感指数(6/28)、米1-3月期GDP確報値、NATO首脳会議(〜6/30)(6/29)、中国6月製造業PMI、米5月個人所得・個人消費支出(6/30)、中国6月財新製造業PMI、米6月ISM製造業景気指数(7/1)などがある。

来週の注目銘柄!(6/27〜7/1)

銘柄
コード

銘柄名

目標株価(円)

ロスカット
株価(円)

注目ポイント

2378

1,300

850

プール、スタジオを備えた総合型フィットネス施設運営。介護リハビリ施設も展開している。2023年3月期の見通しで業績改善基調に変化なしとの見方が強い。株価は5月に底打ち反転となり、緩やかな上昇局面にある。世界的に株式市場が不安定となっているだけに、持ち直す局面でも業績回復の確度が高い銘柄の方が選好されやすいと想定。外部環境の弱材料には一定の耐性を示し、底堅く推移する公算が大きい。2020年以降の底値圏にある点から、中期スタンスでもうま味のある局面だ。アフターコロナ関連銘柄。ターゲットは1,300円、ロスカットは850円

4979

2,200

1,300

農薬と肥料の製造開発を手がける。世界的な原材料高や需給ひっ迫により、農薬と肥料価格も上昇。1Q時点で通期業績予想を上方修正しており、5/31にはJA全農が一部品目を最大で前期比94%値上げすると発表した。同社製品も国内外で好調に推移しており、国産農薬の強い需要継続でさらなる業績上振れが期待できる。株価は上記の1Q決算と上方修正(5/11発表)が好感され、6/8には高値1,919円を付けた。地合いの悪化を受けて調整局面にあるが、押し目買いに注目したい。好業績を支えに2018年以来の2,000円台到達をめざすと予想する。ターゲットは2,200円、ロスカットは1,300円

6078

1,600

1,225

企業や健康保険組合を中心に健康管理関連の業務を展開する。株価は5月中旬以降は横ばい圏で推移していたが、6/17に値幅を伴った上昇となり、直近5/24に上を試した際につけた高値1,336円を超えてきた。一目均衡表では、雲がねじれるタイミングで一気に抵抗帯(雲)上に浮上している。週足では実体の長い陽線を形成し、13週移動平均線や26週移動平均線をまとめて上に抜けてきた。今年3月に上場来高値を更新しており、長期では右肩上がりのトレンドは崩れていない。日柄での短期調整が一巡し、上昇基調に回帰する展開を予想する。ターゲットは1,600円、ロスカットは1225円

7157

1,020

610

インターネット専業生保の草分け。今期2桁増収を見込むが、成長投資費用がかさむため最終赤字が続く見通し。直近2022年5月末の保有契約の年換算保険料は、前年同月比14%増と順調。昨今では値上げラッシュによる家計圧迫が取り沙汰されることも多く、同社の保険商品は低価格とわかりやすさに定評があることから、保険の見直しによる顧客流入の加速も期待できる。株価は2021年に入ってから下落が続いていたが、今年4月末から徐々に買い戻される展開。5月半ばには一目均衡表の抵抗帯(雲)を上抜け、25日移動平均線の上向き基調が続いている。6/20には軟調な地合いのなかで陽の丸坊主を形成しており、騰勢を強める展開を予想する。ターゲットは1,020円、ロスカットは610円

8462

1,000

640

独立系ベンチャーキャピタル。金融機関との連携や投資のうち半分がIPOしなくても回収できる仕組みを構築するなど、独自のビジネスモデルを展開している。事業の特性上、今期の予想は開示していないが、前期は大幅な最終増益となった。6/6には1Q(4-6月)に関係会社株式売却益として約2.8億円を計上すると発表。増配や自社株買いなどの株主還元を検討すると説明しており、今後の期待が高まる。6/14は大引け後に大量保有報告書が提出され、同社に株主提案をしているファンドの買い増しが判明した。株価は高値圏でもみ合い局面であり、再度騰勢を強める展開を予想する。ターゲットは1,000円、ロスカットは640円

出所:DZHフィナンシャルリサーチが作成

  • 注目銘柄採用基準・・・6/22現在、東証プライム銘柄・スタンダード銘柄で時価総額が1,000億円以下、PBRが7.0倍以下、今期増収予想(日経)の中から、テクニカル面や成長性、話題性を含め、総合的に考慮してピックアップした。
  • 「目標株価(円)」・・・一目均衡表分析の値幅観測やフィボナッチ、株価の過去の節目などを基準に総合判断。
  • 「ロスカット株価(円)」・・・一目均衡表や移動平均線、株価の過去の節目などを用い総合判断。
  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。
  • ※NISA口座で上場株式等の配当金を非課税で受け取るためには、配当金の受領方法を「株式数比例配分方式」に事前にご登録いただく必要があります。

免責事項・注意事項

  • 本レポートは、株式会社DZHフィナンシャルリサーチ(以下、「DZH」と称します)により作成されたものです。本レポートは、DZHが信頼できると判断した各種データ、公開情報に基づいて作成しておりますが、DZHはその正確性、完全性を保証するものではありません。ここに示したすべての内容は、DZHで入手しえた資料に基づく現時点での判断を示しているに過ぎません。DZHは、本レポート中の情報を合理的な範囲で更新するようにしておりますが、法令上の理由などにより、これができない場合があります。
  • 本レポートは、お客さまへの情報提供のみを目的としたものであり、特定の金融商品の売買あるいは特定の金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。また、本レポートによる情報提供は、投資等に関するアドバイスを含んでおりません。本レポートにおいて言及されている投資やサービスは、個々のお客さまの特定の投資目的、財務状況、もしくは要望を考慮したものではありませんので、個々のお客さまに適切なものであるとは限りません。本レポートで直接あるいは間接に取り上げられている金融商品は、株価の変動や、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化、金利・為替の変動などにより投資元本を割り込むリスクがありますが、DZHは一切その責任を負いません。

    DZHおよびグループ会社は、本レポートの論旨と一致しないレポートを発行している場合があり、また今後そのようなレポートを発行する場合もあります。DZH、グループ会社およびその役職員は、本レポートに記載された金融商品について、ポジションを保有している場合があります。本レポートでインターネットのアドレス等を記載している場合がありますが、DZH自身のアドレスが記載されている場合を除き、ウェブサイト等の内容についてDZHは一切責任を負いません。本レポートの利用に際しては、お客さまご自身でリスク等についてご判断くださいますようお願い申し上げます。
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

ご注意事項

ヘルプ

  • オンラインセミナー
  • 【SBI証券 FX】ポンド/円を含む5通貨ペアの基準スプレッドを大幅縮小!(8/1〜)

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.