SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2021-09-20 10:56:52

マーケット > レポート > 週刊日本株式アウトルック

週刊日本株式アウトルック

主要イベントを控え個別株物色へ、月末波乱に警戒も

2021/4/23
提供:DZHフィナンシャルリサーチ 日本株情報部 東野幸利

来週の株式見通し(2021/4/26〜4/30)

来週(2021/4/26〜4/30)の日経平均株価の予想レンジは28,500円〜29,500円。東京株式市場は外部環境にらみの地合いが予想される。日銀金融政策決定会合やFOMC(〜4/28)、パウエルFRB議長会見、バイデン米大統領の議会演説などのイベントに加え、米1-3月期GDP速報値や中国4月製造業PMIなどの経済指標、アップルを中心に主要ハイテク企業の決算発表など材料に事欠かない週となる。ゴールデンウィークを前に手控え要因になることが予想され、指数は方向感が出づらい環境が予想される。

一方、国内主要企業の決算発表が本格化することで、個別株ベースでは動意が見られそうだ。相場全体の地合い改善と合わせ、ガイダンス(企業が公表する次年度の業績見通し)リスクが和らぐかが焦点となる。
また、4月最終週となり月末安も警戒要因となる。日経平均株価やTOPIXは昨年6月以降、月末や月末近くになると比較的大きく下げるパターンを繰り返している。今回も4/30の動向には注意が必要だが、4/29は昭和の日の祝日であるため、4/28に前倒しで下げる可能性もあり注意が必要となる。
物色面では、決算発表銘柄のほか、月初以降で買われている海運、情報・通信、電気機器、精密機器、鉄鋼などが弱く、逆に今月相対的に下げている銀行や陸運、空運などが買われる想定もしておきたい。

一方、4/25に行われる3地域での衆議院・参議院補欠選挙も相場のかく乱材料になり得ること、新型コロナ感染状況に応じたイベントや行事などの開催中止や自粛は、海外投資家による売り材料になりかねないことには注意が必要である。今週前半にみられたように、欧州時間で日経平均先物の値動きが荒くなる場面も予想される。

日米首脳会談の共同声明では、中国が軍事的な圧力を強める台湾について、台湾海峡の平和と安定の重要性が強調され、香港と新疆ウイグル自治区の人権状況に対する深刻な懸念を共有すると明記された。
2020年の日本の貿易は輸出が68兆円、輸入が67.8兆円となり、その全体のうち対中輸出は22%(15兆円)、輸入は25%(17.5兆円)を占めている。ちなみに、対米輸出は全体の18%、輸入は11%であり、日本にとっては中国が最大の貿易相手国となっている。日米とで対中包囲網が構築されつつある中、中国によるレアアースなどの対日輸出制限や日本製品の不買運動などを通じて日中関係の悪化につながった場合、株式市場に悪影響を及ぼすことが考えられる。

日経平均株価とTOPIX(東証株価指数)は弱含む展開となっている(図表1)。ただ、これまでも上昇基調にある75日移動平均線を一時的に下回り、反発に転じるケースは多かった。今回重要なのは、日経平均株価が3/24に付けた28,373円の終値ベースの安値を下回らずに反発基調に変われるかどうかだろう。
TOPIXは今年、3度切り上げる高値を形成してきた一方、日経平均株価は3度目の高値が2度目の高値を上回ることができず、直近安値を下回る波動を形成した。3/24に付けた安値を下回ると、調整がより長引く可能性が高まる。TOPIXの下値のフシは2/26安値1,864Pになる。

一方、東証1部の短期騰落レシオ(5日)は52.8%(4/21)と目先のボトム圏にある。昨年12月後半以降、TOPIXの安値と騰落レシオのボトムが同じタイミングで到来している。概ね、騰落レシオが60%〜80%にくると株価は反発に転じており、上述した下値のフシを下回らない状態で反転できるかが注目される。

日経平均株価の2007年の高値や2018年から続いた24,000円のフシは、ともに1989年高値から崩れていく過程で形成したもみ合いの中心水準である。直近終値ベースの2月高値30,467円は、1990年4月安値(28,002円)から同年6月高値(33,192円)までの上昇の中値付近に相当し、すでに高値を付けた可能性もある。

日柄面でみると、2月高値は金融危機後に付けた2008年10月安値から「149カ月」を経過したタイミングだった。2008年10月安値から「149カ月」前は、バブル高値からの急落後、1996年6月に戻り高値を付けたタイミングだった。バブル崩壊後に生じた長期波動における左右対称の「軸」を、2008年10月安値とみる見方では、対等日柄が合致する2月高値が気になるところだ。3月安値を大幅に下回るような動きになると、直近2カ月間の均衡が崩れ、夏場まで調整が続くだろう。

図表1:日経平均株価とTOPIXの推移(日足、2020/12/14-2021/4/22)
  • 出所:QUICKよりDZHフィナンシャルリサーチが作成

主要な国内経済指標の発表やイベントでは、日銀金融政策決定会合(〜4/27)(4/26)、黒田日銀総裁会見、日銀が経済・物価情勢の展望を公表(4/27)、3月商業動態統計、3月住宅着工統計(4/28)、3月失業率、3月有効求人倍率4月都区部消費者物価指数、3月鉱工業生産(4/30)がある。

企業決算では、キヤノン、日東電、日立金、JSR、スタンレ電、富通ゼネ、コクヨ、Vコマース、日車輌(4/26)、第一三共、ファナック、JR東海、アステラス薬、京セラ、シマノ、アドバンテ、NRI、野村HD、オムロン、マキタ、キッコーマン、ZOZO、大ガス、小林製薬、富士電機、イビデン、日立建、日野自、野村不HD、新電工、アンリツ、ネットワン、NESIC、マネックスG、コメリ、航空電、MARUWA、沖縄セルラー、信越ポリ、メルコ、セプテーニHD、不二家(4/27)、ソニーG、キーエンス、信越化、村田製、OLC、デンソー、ZHD、三菱電、富士通、豊田織機、JR東日本、TDK、JPX、ヤマトHD、アイシン、TOTO、関西電、東ガス、大和証G、サイバエージ、CTC、日通、SBI、エプソン、SCSK、ガイシ、ポーラオルHD、ゼオン、日立物、豊田合、トヨタ紡織、九電工、ISID、日電硝、トクヤマ、前田工繊、兼松エレク(4/28)、東エレク、HOYA、JT、三井物、コマツ、レーザーテク、SGHD、MonotaRO、ANA、JR西日本、M&A、LIXIL、コーセー、京王、大東建、メルカリ、ナブテスコ、東武、京成、商船三井、住友林、双日、Jパワー、KADOKAWA、アルプスアル、インフォマート、太陽HD、都競馬、ノエビアHD、M&Aキャピ、トランスコスモ、ダイビル、平和不、GMOFHD、東海東京、牧野フ、Aiming(4/30)などが発表を予定している。

一方、海外の経済指標やイベントでは、独4月Ifo景況感指数、米3月耐久財受注、米2年国債入札、米5年国債入札(4/26)、FOMC(〜4/28)、米2月S&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数、米4月消費者信頼感指数、米7年国債入札(4/27)、パウエルFRB議長会見、バイデン米大統領の議会演説(4/28)、米1-3月期GDP速報値(4/29)、中国4月製造業PMI、ユーロ圏1-3月期GDP、米3月個人消費支出・個人所得(4/30)などがある。

米企業決算では、テスラ(4/26)、アルファベット、マイクロソフト、ビザ、スターバックス、イルミナ、スリーエム、テキサス・インスツルメンツ、UPS(4/27)、アップル、フェイスブック、ボーイング、クアルコム、フォード・モータ−、イーベイ、オートマチック・データ・プロセシング(4/28)、アマゾン・ドットコム、マスターカード、ツイッター、ギリアド・サイエンシズ、キャタピラー、マクドナルド、メルク、コムキャスト、ウェスタン・デジタル(4/29)、エクソン・モービル、シェブロン(4/30)などが発表を予定している。

来週の注目銘柄!(4/26〜4/30)

銘柄
コード

銘柄名

目標株価(円)

ロスカット
株価(円)

注目ポイント

3031

4,100

2,800

衣料・雑貨の企業間電子商取引「スーパーデリバリー」運営。同社の3Q累計(5-1月)の連結営業利益は10億円(前年同期比82.0%増)と堅調な伸びた。EC事業において通常商品のアパレル・雑貨の流通が順調に増加した。フィナンシャル事業における売掛保証などの利用も伸びた。直近ではフィデアホールディングス傘下の荘内銀行・北都銀行や、北洋銀行などと顧客紹介で業務提携しており、トップラインの成長に向けた期待は今後も高まりそうだ。ターゲットは4,100円、ロスカットは2,800円

4666

2,600

1,800

24時間無人時間貸し駐車場タイムズを運営。同社の1Q(11-1月)の連結純損益は47億円の赤字(前年同期は26億円の黒字)だったと発表した。主力の駐車場事業国内で、緊急事態宣言の再発令に伴う交通量の抑制により駐車場稼働率が低下した。駐車場事業海外でも、英国のロックダウン再発令により稼働率が大きく低下した。株価は3月下旬以降さえない動きを見せているが、足元では悪材料出尽くし感が強く、また国内大手証券で目標株価を引き上げる動きも見られているため、今後は下値を拾う買いが向かいやすいと考える。ターゲットは2,600円、ロスカットは1,800円

6869

15,000

10,600

検体検査機器・試薬で高シェア。同社の3Q累計(4-12月)の連結営業利益(IFRS)は359億円(前年同期比11.2%減)と軟調となった。新型コロナウイルス感染拡大により、米州における血球計数検査分野の機器・試薬の販売が減少したほか、売上原価の悪化も響いた。ただ、国内大手証券が投資判断を引き上げるなどして足元では買われる動きも見て取れ、25日移動平均線を上抜けたこともあって今後は買いが強まっていくと考える。ターゲットは15,000円、ロスカットは10,600円

7839

5,700

4,000

高級ヘルメット製造世界首位、国内生産。同社の1Q(10-12月)の連結売上高は58億円(前年同期比28.9%増)、営業利益は14億円(同34.1%増)と堅調に伸びた。国内外の販売数量が、前年度末に船積みなどの関係で積み上がった在庫を販売したこと、中国を中心に好調な受注が継続したことから増加した。株価は昨年5月以降堅調に推移しており、モメンタムからくる買い安心感もあって、今後も資金は向かいやすいと考える。ターゲットは5,700円、ロスカットは4,000円

9419

620

430

他社インフラを借りて公衆無線LAN、WiMAXサービス展開。今期は連結営業利益予想4,600万円(前期比35.5%減)と軟調な見通しとなっている。自社ECのマーケティング投資を強化する方針で、先行費用が損益を圧迫する。ただ、足元では動意づく動きも見て取れ、地方自治体向けオープン募集型アイデアソンによる事業開発を開始するなど成長期待を高める材料も出てきている。悪材料出尽くしの後、今後は業績進捗の上振れ期待から、買いは徐々に向かうと考える。ターゲットは620円、ロスカットは430円

出所:DZHフィナンシャルリサーチが作成

  • 注目銘柄採用基準・・・東証1部上場銘柄で4/22現在、時価総額が3兆円以下、PERが30.0倍以上、PBRが3.0倍以上、信用倍率が10.0倍以下(4/16現在)、株価が5日移動平均線を上回っている中から、業績面、話題性、成長性などを総合的に考慮してピックアップした。
  • 「目標株価(円)」・・・一目均衡表分析の値幅観測やフィボナッチ、株価の過去の節目などを基準に総合判断。
  • 「ロスカット株価(円)」・・・一目均衡表や移動平均線、株価の過去の節目などを用い総合判断。
  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。
  • ※NISA口座で上場株式等の配当金を非課税で受け取るためには、配当金の受領方法を「株式数比例配分方式」に事前にご登録いただく必要があります。

免責事項・注意事項

  • 本レポートは、株式会社DZHフィナンシャルリサーチ(以下、「DZH」と称します)により作成されたものです。本レポートは、DZHが信頼できると判断した各種データ、公開情報に基づいて作成しておりますが、DZHはその正確性、完全性を保証するものではありません。ここに示したすべての内容は、DZHで入手しえた資料に基づく現時点での判断を示しているに過ぎません。DZHは、本レポート中の情報を合理的な範囲で更新するようにしておりますが、法令上の理由などにより、これができない場合があります。
  • 本レポートは、お客さまへの情報提供のみを目的としたものであり、特定の金融商品の売買あるいは特定の金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。また、本レポートによる情報提供は、投資等に関するアドバイスを含んでおりません。本レポートにおいて言及されている投資やサービスは、個々のお客さまの特定の投資目的、財務状況、もしくは要望を考慮したものではありませんので、個々のお客さまに適切なものであるとは限りません。本レポートで直接あるいは間接に取り上げられている金融商品は、株価の変動や、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化、金利・為替の変動などにより投資元本を割り込むリスクがありますが、DZHは一切その責任を負いません。

    DZHおよびグループ会社は、本レポートの論旨と一致しないレポートを発行している場合があり、また今後そのようなレポートを発行する場合もあります。DZH、グループ会社およびその役職員は、本レポートに記載された金融商品について、ポジションを保有している場合があります。本レポートでインターネットのアドレス等を記載している場合がありますが、DZH自身のアドレスが記載されている場合を除き、ウェブサイト等の内容についてDZHは一切責任を負いません。本レポートの利用に際しては、お客さまご自身でリスク等についてご判断くださいますようお願い申し上げます。

お客様サイトへログイン

ご注意事項

ヘルプ

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

  • 意外と簡単に達成できる!?SBI証券の大口優遇プログラム

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.