SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-24 17:47:03

マーケット > レポート > 週刊日本株式アウトルック

週刊日本株式アウトルック

年内の現物売りは一巡、自律反発も疑心暗鬼拭えず

2018/12/21
提供:DZHフィナンシャルリサーチ 日本株情報部 東野幸利

来週の株式見通し(2018/12/25〜12/28)

来週(2018/12/25〜12/28)の日経平均株価の予想レンジは19,200円-21,000円。東京株式市場は年内最終週となる。国内外の経済指標やイベントに目立ったものはなく、基本的には日経平均先物を中心に短期筋による売買が中心か。週末はトヨタ自動車や信越化学などが寄り付きから数分寄り付かないなど、国内機関投資家や特定のファンド系などによる現物売りは今週でいったん一巡した可能性があり、来週は自立反発が予想される。短期的には米主要指数やNY原油相場の反発がカギを握ろう。

2018年の大発会はロケットスタートとなり幸先の良いスタートとなったが、2019年の年明けも現在の下落相場が反転する分岐点となるかが注目される。いずれにしても、今回は大納会と大発会の間に6連休を挟む。大型上場株の株価低迷などを通じて投資家心理は悪化しているが、東証1部の騰落レシオ(25日)が70%台前半、裁定買い残の減少などから冷静に判断すれば、相場はいつ反発に転じても不思議ではない。
来週は新規上場が2社に減少する。今年の上場株へのセカンダリー投資や、小売企業を中心とした9-11月期の決算銘柄、テーマ性のある中小型株への自律反発狙いの買いも予想される。

今週のFOMCでは利上げが決定された。一方、2019年の利上げ見通しは前回の3回から2回に減少。ドル円は1ドル=111円台まで円高が進んでいる。ただ、第4四半期末に向けた米企業の資金の本国送金や年末・年始のドル需要などがあり、200日移動平均線などが下値サポートになりやすい。
今後の注目材料は、来年1月に開催される「日米物品貿易協定(TAG)」に関する日米通商協議や、現在進行中の米中通商協議の進展度合いとなる。1月はドル円のボラティリティ(変動率)が拡大する公算が大きい。

主要な国内経済指標の発表やイベントでは、11月鉱工業生産(12/28)。海外の経済指標やイベントでは、米11月シカゴ連銀活動指数(12/24)、米11月新築住宅販売件数、米12月消費者信頼感指数(12/27)などが注目される。

12/20の日経平均株価(図表1)は大幅に3日続落。年間安値引けとなるような勢いで下げ幅を拡大し、3月安値(20,347円)を下回り年初来安値を更新した。
10/2高値(24,448円)を起点として、10月安値以降のもみ合いが踊り場となった二段下げの展開となっている。10/2高値からの下落幅も4,166円に拡大し、1月高値(24,129円)〜3月安値(20,347円)までの下落幅3,782円を上回った。21,500円水準などが当面の壁となり、しばらく不安定な動きが続く公算が大きい。

RSI(9日)は前日39.5%→27.7%(12/20)に低下。25日移動平均線からのマイナスかい離率は5.8%(12/20)まで拡大した。今年のマイナスかい離率の推移を振り返ると、2/13の8.5%、10/25の8.4%が最大である。これを考慮すると依然として下落余地はあるが、下値メドの参考数値になる。ちなみに、12/20現在の25日移動平均線(21658円12/20)からのマイナス8.5%かい離は19,820円程度となる。

底入れ確認には、下値を切り上げるミニ二番底の形成を見極める必要があるが、3月安値時同様に2017年夏場のもみ合い上限付近に達した。12/20は比較的長い陰線を形成していることから、3月安値時のような「陽線差し込み足」、長い陰線のレンジ内の値動きとなる「陰線(陽線)はらみ足」などが示現できるかに注目したいところだ。

目先の上値メドは、12/13高値21,871円、12/3高値22,698円となる。下値メドは、10/26安値から12/3高値までの戻り幅の1.5倍返しとなる20,107円、上述した19,820円前後、2017年9/1高値19,735円、同年3/13高値19,656円、10/26安値から12/3高値までの戻り幅の倍返し(V計算値)の19,244円、10/2高値から10/26安値までの下げ幅を12/3高値からの下げ幅とみたN計算値19,221円などがある。

図表1:日経平均株価の日足チャート(2018/1/4-2018/12/20)
  • 出所:BloombergよりDZHフィナンシャルリサーチが作成

主要な国内経済指標の発表やイベントでは、11月企業向けサービス価格指数(12/25)、10/30・31開催の日銀金融政策決定会合議事要旨(12/26)、11月完全失業率、11月有効求人倍率、12月都区部消費者物価指数、11月鉱工業生産、11月商業動態統計、12/19・20開催の日銀金融政策決定会合の「主な意見」、大納会(12/28)がある。

企業決算では、しまむら、象印、安川情報、パレモ・HD、ピックルス、KTK、ハピネス&D、あさひ、ストライク、壱番屋(12/25)、ニイタカ、瑞光、ナガイレーベ、ハイデ日高、NaITO、スギHD、オークワ、パルコ(12/26)、夢の街、DCM、Jフロント、ミタチ、一六堂、WNIウェザー、オプトエレクト、ヒマラヤ、宝印刷、タカキュー、ケーヨー、平和堂、ニトリHD、セキチュー、タキヒヨー(12/27)、ソーバル、シベール、アダストリア、ハローズ、トシンG、テクノアルファ、パイプドH、ERI HD、ライトオン、高島屋、日プロセス、北恵(12/28)などが発表を予定している。

一方、海外の経済指標やイベントでは、米11月シカゴ連銀活動指数(12/24)、米10月S&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数(12/26)、米10月FHFA住宅価格指数、米11月新築住宅販売件数、米12月消費者信頼感指数(12/27)、米11月NAR仮契約住宅販売指数(12/28)などが注目される。

なお、12/25はクリスマスのため米、英、香港市場などが休場。12/26はボクシングデーで英、香港市場などが休場となる。

新規上場は、12/25にマザーズに2社が同日上場となる。ベルトラ(7048)は旅行予約サイトを手がけている。国内外の現地体験型オプショナルツアー専門のオンライン予約サイト「VELTRA(ベルトラ)」などを運営している。ここ数年で次々にIPOしてくるオンライン旅行株だけあって、業績は急拡大しており勢いあり。インバウンド需要にも対応しており、人気化が期待される。ただ、仮条件のPERは既に高水準。今年最後のIPOは3社で人気が分散しそうでもあり、ロックアップ解除後のVC次第ではあるものの、持ち越しは難しそうだ。

一方、リンク(4428)はソフトウエア開発を手がけている。自動発注・在庫最適化ソフトウエア「sinops(シノプス)」シリーズを開発・販売している。

来週の注目銘柄(2018/12/25〜12/28)

銘柄
コード

銘柄名

目標株価(円)

ロスカット
株価(円)

注目ポイント

3674

1,755円

1,270円

ネットオークションなどの情報・価格検索や分析サービス行うサイトを運営。2019年9月期の営業利益予想は6億円(前期比46%増)と大幅な増益を見込んでいる。売り上げ成長にフォーカスし、収益を上げながら唯一無二のモデルを構築するとしている。また、積極的、かつ重点的に投資を継続するとしており、引き続き業績好調な成長株として注目したい。株価は11月中旬からの急上昇のあとは高値もみ合い。日柄調整が経過し、25日移動平均線とのかい離が縮小してきたところ。出来高はもみ合い相場で減少しているが、次に増加する局面では株価上昇がともなっている公算が大きい。ターゲットは1,755円、ロスカットは1,270円

3916

1,820円

1,280円

独立系情報サービス会社。ソフトウェア開発の比重が9割超。2019年6月期の第1四半期の営業利益は2.3億円(前年同期比36%増)と好調な着地となった。自社商品事業において、「WebARGUS:ウェブアルゴス」と「xoBlos:ゾブロス」が順調に伸長していることなどが寄与した。今後も強みのある金融系、車載系などの領域で案件規模を拡大させるとしており、成長は続くと考える。株価は7月安値(988円)を起点に下値を切り上げる右肩上がりが続いているが、12月高値1,999円からはスピード調整を強いられている。ただ、1,400円付近は過去の高値や安値水準に近く、早々に自立反発が見込めそうだ。ターゲットは1,820円、ロスカットは1,280円

4461

3,700円

2,660円

凝集剤、合成糊料など工業用薬剤首位。2019年3月期の上期の営業利益は20.6億円(前期比13%減)となった。減益の主因は、基礎原料ナフサ価格の上昇。しかし、ナフサ価格は、11月下旬時点で前月末から大幅に下落している。売上高は前年を上回る推移となっており、第3四半期以降は採算改善による業績回復が期待される。株価は11月安値(2,317円)を起点に順調に上昇。75日移動平均線手前でいったん頭打ちになっているが、下値も限定的で値固めに入っている。3,795円の高値の壁に向けて一段高が見込めそう。ターゲットは3,700円、ロスカットは2,660円

4502

4,670円

3,480円

国内製薬大手。がん、中枢神経、消化器領域に強い。10月末に2019年3月期の通期連結営業利益予想を従来の2,010億円から2,689億円(前期比11.2%増)へ引き上げた。多発性骨髄腫治療剤の米国での競合品の追加参入時期を見直したことによる増収影響や、成長ドライバー製品の伸長が寄与するもよう。シャイアー買収効果が今後出現してくることが見込まれる。株価は9月高値(4,943円)を起点に短期波動も調整局面にあるが、12/19の十字に近い足と翌日の陽線は底入れサインか。下値固めを経て本格リバウンド局面入りが予想される。ターゲットは4,670円、ロスカットは3,480円

9843

16,800円

13,870円

12/13付けの日本経済新聞では、第3四半期(3-11月)の連結営業利益が前年同期比1割増の790億円前後で、通期見通しに対する進ちょく率がほぼ8割に達したとの観測を報じている。12/27に予定されている決算発表時には上方修正の可能性は小さいともされたことから、これを受けた株価の反応は限定的であった。しかし、世界株安が景気減速懸念を高める中、業績堅調が「見えて」いる同社の相対的な買い安心感が強まると考える。株価は10月安値と11月安値とで二番底を形成。その後は一目均衡表の抵抗帯(雲)に上値を抑えられているが、下値も堅く値固めが続いている。11/29高値(15,395円)をクリアできると、16,800円付近まで上値余地は拡大する。ターゲットは16,800円、ロスカットは13,870円

出所:DZHフィナンシャルリサーチが作成

  • 注目銘柄採用基準・・・東証上場銘柄で12/19現在、時価総額が100億円以上、PBRが8.0倍程度以下、信用倍率が12.0倍以下(12/14現在)の中から、中長期の移動平均線からのかい離率や業績動向、話題性、材料性などを総合的に考慮 してピックアップした。
  • 「目標株価(円)」・・・一目均衡表分析の値幅観測やフィボナッチ、株価の過去の節目などを基準に総合判断。
  • 「ロスカット株価(円)」・・・一目均衡表や移動平均線、株価の過去の節目などを用い総合判断。
  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。
  • ※NISA口座で上場株式等の配当金を非課税で受け取るためには、配当金の受領方法を「株式数比例配分方式」に事前にご登録いただく必要があります。

免責事項・注意事項

  • 本レポートは、株式会社DZHフィナンシャルリサーチ(以下、「DZH」と称します)により作成されたものです。本レポートは、DZHが信頼できると判断した各種データ、公開情報に基づいて作成しておりますが、DZHはその正確性、完全性を保証するものではありません。ここに示したすべての内容は、DZHで入手しえた資料に基づく現時点での判断を示しているに過ぎません。DZHは、本レポート中の情報を合理的な範囲で更新するようにしておりますが、法令上の理由などにより、これができない場合があります。
  • 本レポートは、お客さまへの情報提供のみを目的としたものであり、特定の金融商品の売買あるいは特定の金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。また、本レポートによる情報提供は、投資等に関するアドバイスを含んでおりません。本レポートにおいて言及されている投資やサービスは、個々のお客さまの特定の投資目的、財務状況、もしくは要望を考慮したものではありませんので、個々のお客さまに適切なものであるとは限りません。本レポートで直接あるいは間接に取り上げられている金融商品は、株価の変動や、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化、金利・為替の変動などにより投資元本を割り込むリスクがありますが、DZHは一切その責任を負いません。

    DZHおよびグループ会社は、本レポートの論旨と一致しないレポートを発行している場合があり、また今後そのようなレポートを発行する場合もあります。DZH、グループ会社およびその役職員は、本レポートに記載された金融商品について、ポジションを保有している場合があります。本レポートでインターネットのアドレス等を記載している場合がありますが、DZH自身のアドレスが記載されている場合を除き、ウェブサイト等の内容についてDZHは一切責任を負いません。本レポートの利用に際しては、お客さまご自身でリスク等についてご判断くださいますようお願い申し上げます。

お客様サイトへログイン

ご注意事項

ヘルプ

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.