SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-20 20:28:20

マーケット > レポート > 週刊日本株式アウトルック

週刊日本株式アウトルック

イベントリスクから一時開放、焦点は米景気認識へ

2017/05/12
提供:DZHフィナンシャルリサーチ 日本株情報部 東野幸利

来週の株式見通し(2017/5/15〜5/19)

来週(2017/5/15〜5/19)の東京株式市場は堅調か。日経平均株価の予想レンジは19,700円-20,400円。海外株式市場や為替市場が落ち着いていれば、国内企業の決算発表の一巡や円高一服で好業績株への見直し買いが期待できる。
全体観としては、来週は大きなイベントリスクへの警戒感から開放され、世界の景気動向に注目度が高まる。なかでも、米国の経済指標に注目だ。5月NY連銀製造業景気指数(5/15)や4月鉱工業生産(5/16)に加え、5月フィラデルフィア連銀製造業景況指数、4月景気先行総合指数(5/18)などの発表があり、米景気への懸念を払拭できるかが焦点となる。自動車販売を中心に米景気認識にやや不透明が強くなっているにもかかわらず、足元の米長期金利はジリ高基調をたどり始めた(図表1)。このタイミングで市場予想を上回る景気指標が続いた場合、米景気に疑心暗鬼の部分が一時的に剥がれ、米長期金利の上昇に弾みがつく展開も想定される。ドル買い・円売りにつながれば、米長期金利に連動性が高い日経平均株価には追い風になる。

短期の投機筋の買い戻しが一巡したあとは目先的な調整も予想されるが、円安バイアスが続いていれば業績改善を見越した海外投資家による長期資金の買いが続くことが予想される。米ダウ平均が再び史上最高値を更新するなどリスクオンを助長するサインが出た際には、投機筋による新規の株買い・円売りポジションを積み増す機運が高まる公算が大きい。
一方、国内の経済指標では、2017年1-3月期の実質GDP(国内総生産)速報値が5/18に発表される。4月工作機械受注(5/15)や、3月機械受注(5/17)も設備投資に先行する指標として注目度が高いほか、4月首都圏マンション販売(5/18)、4月訪日外客数(5/19)なども、好結果なら関連する業種内で個別に物色がありそうだ。
中国では、4月鉱工業生産・小売売上高などが5/15に発表される。

昨年の5月第3週の相場は堅調な展開だった。消費増税延期観測が伝わったことから政策期待が高まり、下げづらい地合いが醸成された。市場予想を大幅に上回る1-3月期GDPは指数への好影響は限定的だったが、軟調な推移が続いていた銀行株に買いが入った。また、米国の6月利上げが意識され、ドル高・円安が進行するなどのポジティブな動きがみられ下値不安が和らいだ。一方、マザーズ市場では主力銘柄がこぞって売られる場面があるなど、トレンドの変調をうかがわせる動きがみられた。

図表1:米長期金利と日経平均株価の推移(2015/9/4-2017/5/10)
  • 出所:BloombergよりDZHフィナンシャルリサーチが作成

日経平均株価は5/1に形成した「陽線つつみ足」を起点に再び動意付き、年初来高値を更新する流れが続いている。4/17安値(18,224円)からの目先波動の上値を伸ばす展開。波動途中の「マド」形成の数からみるといったん頭打ちが予想されるが、高値更新後のモメンタムが維持されており、上値余地が残っていそうだ。
25日移動平均線(18,964円 5/11)が75日移動平均線(19,151円 5/11)を上回るゴールデンクロスが予想され、反落のケースでも1/18安値(18,650円)を起点とした右肩上がりの下値支持線がサポートとなる公算が大きい。

去年4月の急反発は4/8安値(15,471円)から4/25高値(17,613円)までの12日間で2,140円程度上昇した。4/17安値から5/11高値(19,989円)まですでに16日経過しているが、値幅は1,700円程度にとどまっており、ここからまだ370円程度の上値余地が残っていると考えることもできよう。
一方、RSI(9日)でみるとピークアウトの兆候が見え隠れする。一目均衡表では変化日とされる抵抗帯(雲)のネジレが発生するタイミングに近く、相場の加速ないしは、1月から長く続いたボックスレンジの中心付近(おおむね19,000円-19,200円)に向けて調整が始まるシナリオも十分にありえる。

過去の値幅から考えられる上値メドは、(1)11/1高値(17,473円)から11/9安値(16,111円)までの下げ幅1,362円に対する3倍返しの20,197円処、(2)昨年2/12安値(14,865円)から昨年4/25高値(17,613円)までの上昇幅2,748円を、4/25高値に加えた20,361円処、(3)3/2高値(19,668円)から4/17安値(18,224円)までの下げ幅1,444円を、下げの半値水準から上げた21,390円処、(4)3/2高値(19,668円)から4/17安値(18,224円)までの下げ幅1,444円を、3/2高値から上げた21,112円処などが考えられる。

図表2:日経平均株価の日足チャート(2016/1/4-2017/5/11)
  • 出所:BloombergよりDZHフィナンシャルリサーチが作成

来週の主要な国内経済指標の発表やイベントは、4月国内企業物価指数、4月工作機械受注(5/15)、「MSCI指数」の定期見直し発表(日本時間早朝)、3月第三次産業活動指数(5/16)、3月機械受注(5/17)、1〜3月期GDP、4月首都圏新規マンション発売(5/18)、4月訪日外客数(5/19)がある。

国内の企業決算では、大正薬HD、味の素、ソニーFH、テンプHD、アサヒ、電通、出光興産、日郵政、かんぽ、ゆうちょ、メディパル、あおぞら、オリックス、T&DHD、NTT、三菱Uリース、飯田GHD、洋缶HD、三菱UFJ、三住トラスト、第一生命、みずほ、三井住友、グリコ、近鉄GHD、DICなど(5/15)、住友化、広栄化、住精化、旭ダイヤ、アバール、ムサシ、シャクリーGG(5/16)、フジプレアム、相模ゴム(5/17)、旭コンクリ、イチケン、大同信、ニレコ、ニュートンFC、うかい、光陽社(5/18)、光通信、東京海上、東北新社、TYK、チヨダウーテ、フリージアマク、アンドール、テクノセブン、アイレックス、シダックス、SOMPOHD、MS&AD(5/19)などが発表を予定している。

一方、海外の経済指標の発表やイベントでは、中国4月鉱工業生産、中国4月小売売上高、米5月NY連銀製造業景気指数、米5月NAHB住宅価格指数(5/15)、独5月ZEW景況指数、米4月住宅着工件数・建設許可件数、米4月鉱工業生産指数・設備稼働率(5/16)、米5月フィラデルフィア連銀製造業景況指数、米4月CB景気先行総合指数(5/18)などが注目される。

米国の企業決算は、ホーム・デポ、TJXカンパニーズ(5/16)、シスコシステムズ、ターゲット、シノプシス(5/17)、ウォルマート・ストアーズ、ラルフローレン、アプライド・マテリアルズ、ギャップ(5/18)などが発表を予定している。

来週の注目銘柄(2017/5/15〜5/19)

銘柄
コード

銘柄名

目標株価(円)

ロスカット
株価(円)

注目ポイント

2678

4,050円

2,950円

倉庫火災を嫌気した売りが一服し、足元では株価が落ち着きつつある。4/28に発表された4月度(3/21〜4/20)の月次動向では、LOHACO事業の持ち直しも確認できた。横浜倉庫からの代替出荷開始で出荷能力が回復している。主力のBtoB事業に関しては、前年同月比6.9%増と好調で、LOHACOの落ち込み分をカバーしており、全体でも同3.3%増とプラスを確保している。株価は75日移動平均線を上回り、底入れ機運が強い。3,400円処からが戻り売りをこなせるかの正念場となる。そういった意味では目先的には微調整を入れる可能性も高いが、25日移動平均線などをサポートに直近安値を切り上げる動きをみせるかがポイント。2/14の戻り高値(3,720円)は200日移動平均線にも近く、上回ることができれば売り方の多少の買い戻しで上値余地が広がる公算が大きい。ターゲットは4,050円、ロスカットは2,950円

4023

5,500円

4,760円

「クレラップ」など樹脂製品の製造・販売を手がける。仏大統領選挙を通過しグローバル市場でリスクオンにより傾斜する中、業績面で不安の少ない銘柄や割安感の強い銘柄などには見直し買いが続くことが予想される。2017年3月期の第3四半期累計(4-12月)までの連結営業利益は93.4億円と既に会社の通期計画90億円を超過している。主力の樹脂製品事業で「NEWクレラップ」の販売が好調である。PERは10倍台前半と過熱感はなく、PBRは1倍を大きく割り込む水準で、現状のバリュエーションには割安感がある。決算発表は5/12を予定している。株価は75日移動平均線を一時下回る場面があったが、早期に出直り基調を強め高値奪回。2016年4月安値(3,300円)からの上昇波動はすでに2015年11月に付けた戻り高値(5,010円)を上回っており、短期的には2014年11月高値(5,920円)を目指す動きが続いていると判断したい。ターゲットは5,500円、ロスカットは4,760円

5301

700円

508円

炭素業界のパイオニア。タイヤ用の「カーボンブラック」で国内首位。半導体向けにはファインカーボンが復調している。エコカーの普及でリチウムイオン電池の負極材が先進国向けに需要拡大中である。同社は5/9、2017年12月期通期の連結営業利益予想を従来の52.0億円から67.0億円(前期比5.9倍)に引き上げると発表した。カーボンブラックの販売量増加および価格が上昇したことが寄与するよう。株価は400円以下の底固めが完了し、長期低迷水準から出直り局面にある。13週移動平均線割れはダマシに終わった。信用取組み妙味あり。週足の連続陰線を跳ね除け、700円台まで身軽だろう。ターゲット700円、ロスカットは508円

6807

1,750円

1,440円

コネクタや航空関連の電子機器などを手がける。同社は4/26、2018年3月期の通期連結営業利益予想を160億円(前期比32.7%増)と発表した。市場コンセンサスは152億円。自動車市場における電装化のいっそうの進展、携帯機器市場ではスマホの機能進化による需要増、さらに産業機器市場の回復が見込まれることから、積極的な事業活動を展開するとしている。前期は大幅減益の着地で従来計画を下回ったが、株価のネガティブ視する動きは限定的である。短期的には戻り売りが意識される水準まで上昇し、下押す展開も想定される。ただ、200日移動平均線をいったん上回ったことで、押し目は早々に拾われる可能性が高まった。当面は2016年12月高値(1,776円)付近が上値の壁となるが、上回ると2,000円トライはあるだろう。その際は信用買い残のほぐれ度合いなどが上値の軽さを決めるカギとなる。ターゲットは1,750円、ロスカットは1,440円

8016

970円

790円

「23区」などのアパレルブランドを手がける。足元ではEC(電子商取引)に力を入れており、収益性が大きく改善している。2017年2月期は、前期比7%減収ながら同11%営業増益と、利益を稼げる体質になりつつあることが確認できた。2018年2月期はさらなる利益率の改善に取り組み、同36%営業増益と大幅増益を見込む。株価は1月高値(919円)から調整を強いられたが、200日移動平均線付近から戻り歩調を続けている。2009年以降は底ばいを続けてきたが、足元の短期波動で2013年7月高値(980円)を上回ることができれば、当面は1,200円台まで強いフシはなさそうだ。ターゲットは970円、ロスカットは790円

出所:DZHフィナンシャルリサーチが作成

  • 注目銘柄採用基準・・・ 東証1部銘柄で5/10現在、時価総額が700億円以上、PBRが5.0倍以下、配当利回りが0.5%以上、株価が25日・75日移動平均線を上回っている中から、業績、テーマ・話題性などを総合的に考慮してピックアップした。
  • 「目標株価(円)」・・・一目均衡表分析の値幅観測やフィボナッチ、株価の過去の節目などを基準に総合判断。
  • 「ロスカット株価(円)」・・・一目均衡表や移動平均線、株価の過去の節目などを用い総合判断。
  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。
  • ※NISA口座で上場株式等の配当金を非課税で受け取るためには、配当金の受領方法を「株式数比例配分方式」に事前にご登録いただく必要があります。

免責事項・注意事項

  • 本レポートは、株式会社DZHフィナンシャルリサーチ(以下、「DZH」と称します)により作成されたものです。本レポートは、DZHが信頼できると判断した各種データ、公開情報に基づいて作成しておりますが、DZHはその正確性、完全性を保証するものではありません。ここに示したすべての内容は、DZHで入手しえた資料に基づく現時点での判断を示しているに過ぎません。DZHは、本レポート中の情報を合理的な範囲で更新するようにしておりますが、法令上の理由などにより、これができない場合があります。
  • 本レポートは、お客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の金融商品の売買あるいは特定の金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。また、本レポートによる情報提供は、投資等に関するアドバイスを含んでおりません。本レポートにおいて言及されている投資やサービスは、個々のお客様の特定の投資目的、財務状況、もしくは要望を考慮したものではありませんので、個々のお客様に適切なものであるとは限りません。本レポートで直接あるいは間接に取り上げられている金融商品は、株価の変動や、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化、金利・為替の変動などにより投資元本を割り込むリスクがありますが、DZHは一切その責任を負いません。

    DZHおよびグループ会社は、本レポートの論旨と一致しないレポートを発行している場合があり、また今後そのようなレポートを発行する場合もあります。DZH、グループ会社およびその役職員は、本レポートに記載された金融商品について、ポジションを保有している場合があります。本レポートでインターネットのアドレス等を記載している場合がありますが、DZH自身のアドレスが記載されている場合を除き、ウェブサイト等の内容についてDZHは一切責任を負いません。本レポートの利用に際しては、お客様ご自身でリスク等についてご判断くださいますようお願い申し上げます。

お客様サイトへログイン

ご注意事項

ヘルプ

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.