SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-14 14:58:39

マーケット > レポート > 相場晴朗ナレドモ波高シ…衆院選後のFOMCは荒れ模様!?FOMC12/16〜17開催!

相場晴朗ナレドモ波高シ…衆院選後のFOMCは荒れ模様!?FOMC12/16〜17開催!

2014/12/10
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

FOMC 政策金利
発表時間
12/17(水)28:00(日本時間)

前回10月28〜29日の米連邦公開市場委員会(FOMC)は、2012年9月から実施されていた量的緩和政策第3弾(QE3)の終了を決定しました。QE3の終了については、既に9月の会合で示唆されており・・・

前回発表時(10月29日)の振返り(米ドル/円 15分足)
  • ※出所:FX総合分析チャート

今すぐFX口座開設

今すぐお取引

今回のポイントを事前チェック!

前回10月28〜29日の米連邦公開市場委員会(FOMC)は、2012年9月から実施されていた量的緩和政策第3弾(QE3)の終了を決定しました。QE3の終了については、既に9月の会合で示唆されており、またフォワードガイダンスの「ゼロ金利政策を『相当な期間』継続する」との文言も想定通り維持されました。声明文での「労働市場の未活用部分が徐々に改善されている」との表現や「物価上昇は抑えられる可能性は高いものの、FOMCは物価上昇率が目標の2%を下回る水準が続くとの見通しが年初に比べて薄らいできた」と示されたことで、ややタカ派にシフトしたと判断されました。そうした状況下の31日、日銀のサプライズとなった追加の金融緩和決定が加わったことで、その後の為替相場はドル買い方向に大きく動き始めました。

11月に入ってからの米経済指標は、7日に発表された雇用統計を筆頭にして主な指標だけを取り上げても、概ね堅調な内容を示しています。米経済の先行きに不安を感じさせるような気配はほとんど確認されません。FRBが特に注意を払っているのが、雇用の最大化と物価安定の促進になっていますが、18日に発表された生産者物価指数や20日の消費者物価指数の結果にも波乱はなく、ドル高が続いたまま11月後半に向かいました。7日に発表された10月の雇用統計に戻りますが、非農業部門雇用者数が市場予想を下回ったものの、失業率が引き続き改善しました。さらに驚くべき結果となったのが、12月5日に発表された11月の雇用統計でした。非農業部門雇用者数は、市場が強めに予想していた数字をはるかに上回る32万人強となり、懸案だった賃金にも上昇の兆しが見えました。この雇用統計の結果に、市場では当然のごとく利上げ観測の前倒し議論が再燃し、16〜17日今年最後のFOMCで長く続いた「資産買い入れが終了した後も『相当な期間』は、現在のFF金利の誘導目標を維持するのが適切である可能性が高い」文言中の『相当な期間』=considerable time の削除が決まるのではないかとの声が専らとなっているようです。

折しも雇用統計の発表前の12月2日には、フィッシャーFRB副議長も民間メディア会社主催の会議の席上で、前回のFOMCで低金利を『相当な期間』維持するとの上述の象徴的な文言を当局が削除する時期が近づいていると発言しています。また、クリーブランド地区連銀のメスター総裁も、雇用統計発表当日に「米経済が力強さを増している明らかな兆候が出ているとの認識を示すために声明を調整し、当面金利は上昇しないとのメッセージを発信することをやめる必要がある」と発言しました。それでも、この投票権を持つ二人のFOMC政策委員は、いざ16〜17日のFOMCで、ハト派的な議事進行となった場合に反対票を投じるか否かについては、いずれも明確な態度を示しませんでした。11月19日に公表された前回FOMC議事録には、日本や欧州、中国の景気減速を懸念していたことも明らかになっています。オバマ大統領も共和党対策であると見られながらも、欧州や日本の経済停滞が米国の景気回復の継続に障害となっていることを述べています。雇用統計の改善に注目すれば次回会合でのフォワードガイダンスの文言変更は元より、利上げ時期への言及もあるのではとの憶測にも傾きますが、イエレン議長を中心にしたハト派が決断に非常に慎重なことも留意しておくべきでしょう。

FOMCとは

日本でいう日銀の金融政策決定会合に相当する委員会のことで、現在の景況判断と公開市場操作(政策金利の上げ下げや為替レートの誘導目標)の方針が発表され、アメリカの株式市場や為替レート、世界の金融マーケットに大きな影響を与えます。基本的に6週間ごとの火曜日、年に8回開催されます。

金融政策によってなぜ為替が動くのか。FOMCの他にはどういった発表によって動くのかご紹介!是非ご確認下さい!

FXゼミナール  イチからはじめて、気づけばマスター!

「FXって雑誌やTVのCMで見るけど具体的にはどんなものなの?」そんな方にFXの基礎から、具体的な取引方法までイチから分かりやすく解説いたします!

更にFXゼミナールでは基礎、初級、中級とステップを踏んでFXを理解することができます。
是非ご確認ください!

こんな方におすすめです!
  • FXってなに?基礎から確認したい方
  • FXはどうやったら利益が出るの?FXの利益の出し方を詳しく知りたい方
  • いつ取引すればよいの?利益が出やすい取引タイミングを知りたい方

今すぐFX口座開設

今すぐお取引

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)は、1取引単位は1万〜1,000万通貨単位で、必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    「ハイレバレッジ50コース(法人口座限定):2%(※)」
    「ハイレバレッジ100コース(法人口座限定):1%(※)」
    「ハイレバレッジ200コース(法人口座限定):0.5%(※)」
    (個人のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引、法人口座のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜約200倍の取引が可能です。)
    ※ 高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX ミニ)は、1取引単位は1,000〜1万通貨単位で、必要保証金は取引金額に保証金率4%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約25倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • ハイレバレッジ100コース(法人口座限定)及びハイレバレッジ200コース(法人口座限定)には決済期限があります。毎週末最終営業日の取引時間終了時点(夏時間午前5:30、冬時間午前6:30)の15分前からお客様の保有建玉は順次強制的に決済されるため、意図せざる損失を被るおそれがあります。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.