SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-09-17 18:16:17

マーケット > レポート > 2.50%からの変更はあるか?豪ドルの動きは?〜9/2(火)豪金融政策発表〜

2.50%からの変更はあるか?豪ドルの動きは?〜9/2(火)豪金融政策発表〜

2014/8/27
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

豪 政策金利
発表時間
9/2(火)13:30(日本時間)
前回値
2.50%
事前予想
2.50%

前回8月5日のオーストラリア準備銀行(RBA)理事会は、昨年の8月以来続く現行の政策金利を2.50%に据え置く決定をしました。これで政策金利の据え置きは、11会合連続の決定となりました。声明文も「当面は金利を安定化させることが最も賢明」との文言を中心に・・・

前回発表時(8/5)の豪ドル/円の動きをチャートで振り返る

前回発表時の為替レートの変動を確認!(豪ドル/円 15分足)
  • ※出所:FX総合分析チャート 15分足

今すぐFX口座開設

今すぐお取引

今回のポイントを事前チェック!

前回8月5日のオーストラリア準備銀行(RBA)理事会は、昨年の8月以来続く現行の政策金利を2.50%に据え置く決定をしました。これで政策金利の据え置きは、11会合連続の決定となりました。声明文も「当面は金利を安定化させることが最も賢明」との文言を中心に、前回の声明文を踏襲している部分がほとんどでした。政策金利の据え置き自体は、市場の多くが予想していたこともあって、発表直後に若干上昇を見せた豪ドルも大きな変動には至りませんでした。一部で注目された豪ドル高へのけん制についても、豪ドルは「特に主要商品価格の下落を考えれば過去の水準から依然高い」との言及に留まり、是が非でも通貨安に誘導させるまでの意志は感じられませんでした。
3月以降続く「金利を一定期間安定化させることが最も賢明」との中立的な政策方針の維持が、7月と8月の会合で改めて確認された感もあり、9月2日の会合でも現状の政策を継続するのはほぼ確実と思われます。今年の初めから5月まで、雇用指標の新規雇用者数が大幅に増加する月もあり、失業率も安定的に推移していたのですが、8月7日に発表された7月の失業率が前月よりも更に悪化したことで、僅かながら存在していた年内の利上げ論者の声は非常に小さくなるはずです。翌日8月8日に発表されたRBA四半期金融政策報告で、「7月の失業率上昇は調査方法の変更などが一因の可能性」と指摘、同時に「失業率は当面高止まりの公算、2016年までは低下しない見通し」としていることは今後の参考になりそうです。四半期金融政策報告はこの他にも、「2014年末の基調インフレ率見通しを2.50%から2.25%に引き下げ、15年末は2.25%から3.25%に引き上げ」や「労働市場の緩みと生産性の向上により、国内コストは引き続き抑制される見込み」などが記されていました。どうしても基調インフレ率見通しと政策金利の変更の見通しを結び付けがちですが、この部分でも実際に発表されている指標結果と報告にも整合性が見られており、何か突発的な変化がなければ当面は政策金利の変更はなさそうです。8月19日に発表された議事要旨で明らかとなったのは、理事会メンバーが今年のはじめ頃からの住宅ローン金利の下落を指摘しながら、金融市場に実質的な注目すべき緩和が進んでいるとした点です。四半期金融政策報告と議事要旨がともにオーストラリア経済が近い将来が軟調となり、その後再び拡大すると予測しており、当局が予測しているように非鉱山セクター部門の成長が順調であれば、やや広がっている利下げの可能性も再び小さくなるでしょう。20日スティーブンス総裁は、「オーストラリア経済にとって利下げよりも信頼感の改善が必要」との認識を示し、同時に「将来のある時点で豪ドルは大幅に下落するリスクがある」とも発言しています。豪ドル安の進行を望みながらも為替介入の実施を自重しているRBAにとって、米国金利が早めに上昇することによって豪ドル安がもたらされるような状況が理想的なはずです。前回の会合の決定から大きな変化が生じるとすれば、内外環境の大幅な変化、とりわけ中国経済の大幅減速などが一番のリスクになりそうです。
(8月21日午前10時45分発表の中国HSBC製造業PMIが市場予想を下回る内容を示した際は、下落の動きとなりました)

8/21 中国HSBC製造業PMI発表時の豪ドル/円の動き
8/21 中国HSBC製造業PMI発表時の豪ドル/円の動き
  • ※出所:FX総合分析チャート 15分足

「豪 金融政策発表」とは

豪 金融政策発表とは、中央銀行であるRBA(オーストラリア準備銀行)が、原則として毎月第1火曜日に「金融政策委員会」を実施し、そのときの経済状況から、政策金利をはじめとする「金融政策」を決定し、発表することです。大きな変更があった場合には、マーケットに与える影響が大きいので注目されています。

豪 金融政策発表によってなぜ為替が動くのか。他にはどのような発表によって動くのかご紹介!是非ご確認下さい。

豪ドルは他の通貨に比べて、「高金利通貨」です。スワップ狙いのチャンス!どのような仕組みになっているのか、解説しています。

今すぐFX口座開設

今すぐお取引

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)は、1取引単位は1万〜1,000万通貨単位で、必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    「ハイレバレッジ50コース(法人口座限定):2%(※)」
    「ハイレバレッジ100コース(法人口座限定):1%(※)」
    「ハイレバレッジ200コース(法人口座限定):0.5%(※)」
    (個人のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引、法人口座のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜約200倍の取引が可能です。)
    ※ 高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX ミニ)は、1取引単位は1,000〜1万通貨単位で、必要保証金は取引金額に保証金率4%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約25倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • ハイレバレッジ100コース(法人口座限定)及びハイレバレッジ200コース(法人口座限定)には決済期限があります。毎週末最終営業日の取引時間終了時点(夏時間午前5:30、冬時間午前6:30)の15分前からお客様の保有建玉は順次強制的に決済されるため、意図せざる損失を被るおそれがあります。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!
  • 【ドル/円0.3銭】マイナー6通貨ペア スプレッド縮小!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.