SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-14 19:30:54

マーケット > レポート > <高金利通貨>豪ドル・NZドルの今後の見通し

<高金利通貨>豪ドル・NZドルの今後の見通し

2014/8/19
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

豪ドルの見通し (政策金利は2.50%)

インフレ・経済成長の先行き見通しは下方修正
8月5日に開催されたオーストラリア準備銀行(RBA)理事会では、政策金利が現行の2.50%のまま据え置かれ、11会合連続での金融政策維持決定となりました。最近の声明文で繰り返し用いられている「金利の安定的な継続が最も賢明」との表現が今月も使われ、しばらくの間は金融政策を変更する意図が低いことが窺われます。
2014年第2四半期の豪州基調インフレ率(前年比)は2.8%へ上昇し、RBAが目標とする3%に近づきつつありますが、声明文に通貨安によるインフレ率上昇を指摘している点が見られたものの、8日に公表された四半期金融政策声明では、2014年内のコア・インフレ率は従来予想(2014年5月時点)の2.50%から2.25%へ下方修正されており、経済成長率も従来予想の2.75%から2.50%へ引き下げられました。背景として、オーストラリア国内における大規模鉱工業投資プロジェクトの終了や、2014年度(2014年7月〜翌6月)に増税と歳出の削減による個人消費の落ち込みが予想されるとの見方などがあるようです。実際に、今年8月に実施された豪消費者団体の行った消費者世論調査では、回答者の3分の1が「生活が苦しい」と回答が載せられています。

足元は、前回値を上回る信頼感指数に支えられたが・・・今後の見通しは?
8月の市場では、経済成長見通しが下方修正される中、8月7日に公表された7月の豪州雇用統計において失業率が前月比+0.4%と悪化、更に雇用者数が増加予想に反して減少した結果、豪ドル円は発表後1時間ほどで約50銭下落しました。その後、下値を試すような動きが見られたものの、8月12日の企業信頼感指数(7月)と翌日の消費者信頼感指数(8月)が前回値を上回ったことで、足元では下落から持ち直す場面も見られました。
今後のポイントとしては、豪州雇用統計や信頼感指数などの豪州の景気先行きを占う経済指標に加え、米国の金融政策に関連したイベントが豪ドル相場の方向を示していくことになりそうです。ただし、ウクライナや中東情勢などの地政学リスクの高まりを注意深く見守る必要がありそうです。

(出所:総合分析チャート 4時間足)

今すぐFX口座開設

今すぐお取引

NZドルの見通し (政策金利は3.50%)

4会合連続して金融政策の変更を実施
前回、7月24日に開催されたニュージーランド準備銀行(RBNZ)理事会は、事前予想の通り金融政策を変更、政策金利の0.25%利上げを実施し年率3.50%としました。声明文には「インフレ期待を引き続き抑制することが重要」と記すとともに、商品価格の下落を背景とした景気の減速がみられるとの見方を示し、今後の利上げは「これまでの利上げの効果と経済指標の強さによる」としながら、過去4会合連続して変更されてきた金融政策が今後は一旦見合わせる意向を示しています。また、現在の為替レートについて「現在のNZドル高は維持できない、今後NZドルが大幅に下落する可能性がある」と記し、NZドル高をけん制しています。

主要輸出品の価格下落は気になるが、景気は良好か・・・今後の見通しは?
足元の経済情勢は、第2四半期小売売上高は前期比1.7%増加し、前期改定値とともに市場予想を上回りました。また、雇用関連指標も若干の減少がみられましたが、労働参加率は史上最高水準にとどまり、リーマンショック以降は減少傾向だった第2四半期失業率も前回値から改善を見せました。一方で、ニュージーランドの輸出金額の構成比が2割強を占める乳製品価格が下落しており、続落する場合は少なからず為替相場へ影響することが考えられます。
今後複数回の会合では金融政策が据え置かれる見通しであるのに加えて、声明がNZドル高を強くけん制したことで、目先NZドル高をためらう材料として意識されることになりそうです。しかしながら、年末から利上げを再開するとの見方が複数の市場関係者の間で囁かれていることに加え、経済指標が示す景気自体は好調であることから、国内要因が発端となってNZドルが急落する事は考えにくいようにも思われます。ただ地政学リスクの高まりに加え、米国の金融政策の変化に伴うNZドル相場の影響は十分に注意する必要があるでしょう。

(出所:総合分析チャート 4時間足)

今すぐFX口座開設

今すぐお取引

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)は、1取引単位は1万〜1,000万通貨単位で、必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    「ハイレバレッジ50コース(法人口座限定):2%(※)」
    「ハイレバレッジ100コース(法人口座限定):1%(※)」
    「ハイレバレッジ200コース(法人口座限定):0.5%(※)」
    (個人のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引、法人口座のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜約200倍の取引が可能です。)
    ※ 高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX ミニ)は、1取引単位は1,000〜1万通貨単位で、必要保証金は取引金額に保証金率4%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約25倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • ハイレバレッジ100コース(法人口座限定)及びハイレバレッジ200コース(法人口座限定)には決済期限があります。毎週末最終営業日の取引時間終了時点(夏時間午前5:30、冬時間午前6:30)の15分前からお客様の保有建玉は順次強制的に決済されるため、意図せざる損失を被るおそれがあります。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.