SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-12-09 11:42:37

マーケット > レポート > 高金利通貨の豪ドルも動く!8/5(火) 豪 金融政策発表

高金利通貨の豪ドルも動く!8/5(火) 豪 金融政策発表

2014/7/31
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

豪 政策金利
発表時間
8/5(火)13:30(日本時間)
前回値
2.5%
事前予想
2.5%

前回7月1日のオーストラリア準備銀行(RBA)理事会は、市場予想通り現行2.50%のキャッシュレートの据え置きを決定しました。政策金利の据え置きは、10会合連続の決定となりました。声明は「当面は金利を安定化させることが最も賢明」との従来からの中立的な金融政策の継続を指摘。その他の内容についても前回会合から大きな変更はありませんでした。金融政策とは別に市場が注目していたのは・・・

前回発表時(7/1)の豪ドル/円の動きをチャートで振り返る

前回発表時(7/1)の豪ドル/円の動きをチャートで振り返る
  • ※出所:FX総合分析チャート 15分足

今すぐFX口座開設

今すぐお取引

今回のポイントを事前チェック!

前回7月1日のオーストラリア準備銀行(RBA)理事会は、市場予想通り現行2.50%のキャッシュレートの据え置きを決定しました。政策金利の据え置きは、10会合連続の決定となりました。声明は「当面は金利を安定化させることが最も賢明」との従来からの中立的な金融政策の継続を指摘。その他の内容についても前回会合から大きな変更はありませんでした。金融政策とは別に市場が注目していたのは、通貨高に対する当局のけん制強化の有無でした。5月半ば過ぎには0.92ドル台前半まで下落していた豪ドルですが、6月3日の会合で強いけん制がなく6月中も上昇相場が続いたことで、さすがに7月の会合では通貨高へのけん制が強まるとの予想が広がっていたためです。しかし、7月も強いけん制はなく、豪ドルはその日の海外市場で4月の高値を上回る0.95ドル台まで買い進まれました。ところが、翌2日に発表された豪貿易赤字の大幅な拡大と3日にスティーブンス総裁が講演で「投資家が豪ドル急落の可能性を過小評価している」と発言したことから、警戒感が薄れていた市場で豪ドルは0.93ドル台前半に急落しました。この講演で総裁が利下げの可能性まで匂わせたことも反応を大きくしました。このまま豪ドルの上値が抑えられていれば問題はなかったのですが、7月中に何度も総裁から豪ドル高が理解できない旨の発言があったにも関わらず、今(7月29日:0.94ドル前後)も豪ドルの堅調さが続いています。
8月5日の会合は、7月15日に発表された前回会合の議事要旨の「現状において最も慎重な針路は一定期間の金利安定になる公算が大きい」とのフォワード・ガイダンスから確認できるように、ほぼ現状の金融政策を維持する決定になると考えて間違いなさそうです。ただ、議事要旨からRBAが現行の低金利が鉱業セクター投資から非鉱業セクターへの転換、そして財政緊縮による景気後退からの回復に十分だと確信していないこともわかり、RBAがハト派的バイアスを掛けていることがわかっています。そこで前回の会合以降これまでの経済指標を振り返っておくと、7月10日に発表された6月の雇用統計では、5月の雇用者数が減少したために統計的に大幅な反動増になるのではと予想もありましたが、結果は15,900人増でした。この雇用者数の増加もパートタイム雇用が増加した結果で、失業率も6%に上昇する軟調な内容でした。15日に発表された議事要旨でも、今年これまでの労働市場は改善しているとしながらも、雇用に関する言及は全体の割合に比べると少なく、以前からRBAが年後半の失業率の小幅な上昇を予想していたことからも、結果は想定内だったはずです。7月23日に発表された第2四半期の消費者物価指数(CPI)は、総合インフレ率が市場予想通りの0.5%、コアCPIのトリムベースは0.8%と市場予想を上回りました。豪ドルは、このコアCPI前年比の結果がRBAの目標とする2〜3%の上限に近づいたことで利下げ観測が後退したことから上昇したようですが、一項目が全体のトリムベースの数字を引き上げたようで、インフレ圧力が強まったと判断するには慎重になったほうが良さそうです。これらの指標結果からも、声明での「当面は金利を安定かさせるのが賢明」との判断が当面続くことになりそうで、スティーブンス総裁による豪ドル高へのけん制がどこまで強まるのかが一番の注目点になるような会合となりそうです。

7/23 豪 第2四半期 消費者物価指数(CPI)発表時の豪ドル/円の動き
7/23 豪 第2四半期 消費者物価指数(CPI)発表時の豪ドル/円の動き
  • ※出所:総合分析チャート 15分足

「豪 金融政策発表」とは

豪 金融政策発表とは、中央銀行であるRBA(オーストラリア準備銀行)が、原則として毎月第1火曜日に「金融政策委員会」を実施し、そのときの経済状況から、政策金利をはじめとする「金融政策」を決定し、発表することです。大きな変更があった場合には、マーケットに与える影響が大きいので注目されています。

豪 金融政策発表によってなぜ為替が動くのか。他にはどのような発表によって動くのかご紹介!是非ご確認下さい。

豪ドルは他の通貨に比べて、「高金利通貨」です。スワップ狙いのチャンス!どのような仕組みになっているのか、解説しています。

今すぐFX口座開設

今すぐお取引

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)は、1取引単位は1万〜1,000万通貨単位で、必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    「ハイレバレッジ50コース(法人口座限定):2%(※)」
    「ハイレバレッジ100コース(法人口座限定):1%(※)」
    「ハイレバレッジ200コース(法人口座限定):0.5%(※)」
    (個人のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引、法人口座のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜約200倍の取引が可能です。)
    ※ 高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX ミニ)は、1取引単位は1,000〜1万通貨単位で、必要保証金は取引金額に保証金率4%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約25倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • ハイレバレッジ100コース(法人口座限定)及びハイレバレッジ200コース(法人口座限定)には決済期限があります。毎週末最終営業日の取引時間終了時点(夏時間午前5:30、冬時間午前6:30)の15分前からお客様の保有建玉は順次強制的に決済されるため、意図せざる損失を被るおそれがあります。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • SBI証券の3っつの無料化
  • 条件達成でプレミアムニュースを無料で体験!?
  • 3商品の口座開設で最大600円GET!
  • 米ドル/円の基準スプレッドを縮小!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.