SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-14 08:07:41

マーケット > レポート > 高金利通貨特集〜豪ドル・NZドルの今後〜

高金利通貨特集〜豪ドル・NZドルの今後〜

2014/6/11
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

最新の豪ドルの相場状況

前回(6月3日)のRBA理事会ではややハト派に戻ったか?
6月3日に開催された前回のRBA理事会では政策金利は維持されました。声明文はオーストラリアの最大の資源輸出先である中国の成長について、「2014年初めにやや減速したが、政策当局者の目標におおむね沿った水準を維持している」と記しています。また、足元の為替相場について、概ねこれまでの表現が維持されたものの、豪ドル相場の下落が成長を支援する上で、「効果は低下している」と言及しています。2月4日以降、豪ドル高へのRBAの見方が徐々に変化してきている事を窺う事ができますが、次回以降の理事会で、相場に対する表現に更なる変化が見られた場合、豪ドル相場に変化が起こる可能性もあります。

鉄鉱石の輸出は堅調
オーストラリアが強く影響を受けることが多い中国の景気動向ですが、JETROの調査では2013年10月末時点でオーストラリアの総輸出金額の29.5%を占め、2位の日本は19.3%です。輸出品目別で総輸出金額に占める割合は、「鉱物・燃料」が63.2%、「鉄鉱石」に限っても22.0%を占めています。今後も中国や鉄鉱石価格の影響を強く受けることが考えられるほか、オーストラリア国内では炭素税廃止法案の議決動向による雇用や鉱工業への影響を注目する事が出来そうです。

RBA理事会の為替相場に対する表現の変化
RBA理事会の為替相場に対する表現の変化

(出所:ロイター記事を参考に、SBILMで作成)

豪ドル/米ドル 日足
豪ドル/米ドル 日足

(出所:総合分析チャート)

今すぐFX口座開設

今すぐお取引

最新のNZドルの相場状況

6月12日にRBNZ(ニュージーランド準備銀行)金融政策委員会が開催予定
2014年に入り、3月および4月に開催された金融政策委員会で、それぞれ0.25%ずつ2度の利上げを実施しています。委員会の声明は、2014年末から2015年3月のGDP成長見通しが3.5%と予測されたことを受けた良好な経済成長見通しを示しました。震災復興は低い金利と建設セクターにおける高い成長に支えられているとし、ニュージーランド国内の信頼感は家計・ビジネス・投資のセクションで特に高く、雇用意欲も前向きであるとしています。また、住宅価格を中心に総合インフレ率は上昇傾向にあり、この傾向が今後2年間続くと予想すると述べています。
ブルームバーグの調査では、2014年度末までにRBNZは3.50-3.75%まで利上げすると見込んでいる市場参加者が多いようです。次回の委員会は6月12日開催予定で、市場予想ではさらに0.25%利上げを行い、政策金利を3.25%とする事が見込まれています。

クライストチャーチ地震からの復興投資は住宅投資がけん引
震災からの復興関連投資額は、公的部門・民間部門合計で約400億NZドル(約3.4兆円)とされ、GDPの約20%に相当すると試算されています。NZ財務省の試算では、2016年には住宅投資はGDP比で5.9%に達するとの見方も示されています。

物価上昇は人口増加による可能性も
IMFの調査では、1980年から2014年までにニュージーランドの人口は約1.5倍に増加する見通しを示し、移民増加と高い出生率を理由とした人口増加は今後も継続するとしています。労働人口も増加傾向にありますが、失業率はリーマンショック後に記録した7%を超える水準から減少傾向にあり、2014年第1四半期では6.0%となっています。
以上から、ニュージーランドの物価上昇は一時的な震災復興の影響はあるものの、人口増加と需要拡大に伴う健全な物価上昇と考えることも出来そうです。

NZドル/円 日足
NZドル/円 日足

(出所:総合分析チャート)

今すぐFX口座開設

今すぐお取引

今後の注目ポイントカレンダー

6月中旬以降のオーストラリアの経済指標とイベント予定
6月中旬以降のオーストラリアの経済指標とイベント予定
6月中旬以降のニュージーランドの経済指標とイベント予定
6月中旬以降のニュージーランドの経済指標とイベント予定

今すぐFX口座開設

今すぐお取引

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)は、1取引単位は1万〜1,000万通貨単位で、必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    「ハイレバレッジ50コース(法人口座限定):2%(※)」
    「ハイレバレッジ100コース(法人口座限定):1%(※)」
    「ハイレバレッジ200コース(法人口座限定):0.5%(※)」
    (個人のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引、法人口座のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜約200倍の取引が可能です。)
    ※ 高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX ミニ)は、1取引単位は1,000〜1万通貨単位で、必要保証金は取引金額に保証金率4%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約25倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • ハイレバレッジ100コース(法人口座限定)及びハイレバレッジ200コース(法人口座限定)には決済期限があります。毎週末最終営業日の取引時間終了時点(夏時間午前5:30、冬時間午前6:30)の15分前からお客様の保有建玉は順次強制的に決済されるため、意図せざる損失を被るおそれがあります。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.