SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-17 14:07:57

マーケット > レポート > 2/4(火)12:30(日本時間)予定 豪 金融政策発表 事前予想は?

2/4(火)12:30(日本時間)予定 豪 金融政策発表 事前予想は?

発表スケジュールをチェック!

豪州政策金利
発表時間
2/4(火)12:30(日本時間)
事前予想
2.50%

前回予想

2.50%

 

前回結果

2.50%

発表予定

2/4(火)12:30(日本時間)

前回発表時の為替レートの変動を確認! (豪ドル/円 30分足)
前回発表時の為替レートの変動
  • ※出所:FX総合分析チャート

今すぐFX口座開設

今すぐお取引

今回のポイントを事前チェック!

発表時間
2/4(火)12:30(日本時間)
事前予想
2.50%

2014/1/30
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

2/4(火)12:30(日本時間)予定 豪 金融政策発表 事前予想は?

前回12月3日のオーストラリア準備銀行(RBA)理事会は、市場予想通り政策金利の据え置きを決定しました。声明文は、概ね11月理事会の時と同じ内容となっており、RBAの方針にも変化は見られず金融政策は中立姿勢を維持しています。前々回から引き続いて豪ドルについて「依然として不快なほど高い」と指摘しており、豪ドル高に対する警戒感を露わにしています。12月17日に公表された議事要旨にも「バランスの取れた成長を達成するには更なる豪ドル安が必要とされる」と記しています。前回、前々回と続けて豪ドルが高過ぎることへの強い不快感が示されたのは、昨年5月の利下げ以降、8月に至る間の豪ドルの下落があまりにも順調だったことで当局の手綱が緩み、夏以降に豪ドルが反騰する隙を与えたことが教訓になっていると思われます。これが12月の理事会前の1ヶ月間の豪ドルにある程度の下落があったことを認めながらも、豪ドルが依然として不快なほど高いとの見解に繋がった背景のようです。

さて前回から2ヶ月経過して迎える2月4日の理事会ですが、過去2回の理事会からは豪州経済や周辺経済にも変化が見られ、前回、前々回の声明からは変化が見られそうです。1月23日に発表された中国のHSBC製造業PMIが50を割り込む発表があって以降、中国経済の先行き不安とともに新興国・資源国市場に懸念が広がっています。また豪州国内では、1月22日に発表された第4・四半期の消費者物価指数が市場予想を大きく上回り、前年比2.7%上昇する結果を見せました。豪ドルの下落と低金利が、輸出側の交易改善に寄与、国内住宅関連セクターにも貢献しているのは明白なのですが、一方で消費者物価指数の大幅な伸びにも見られるように、基調インフレ率がRBAの想定よりも高めになってきていることは懸念しているはずです。これらの点から、2014年のいずれかの時期での利下げの可能性は残ると思われますが、今回の会合では政策金利が据え置かれることになりそうです。問題は、昨年の12月12日の11月の豪雇用統計発表後に雇用者数の増加を背景に豪ドルが0.90米ドル台へ上昇した際に、スティーブンスRBA総裁がすかさず豪ドルの適正水準は0.85ドルだと発言したものの、足元で再び懸念されている新興国・資源国市場の先行きや中国経済にも不透明感がある中で、さらなる口先介入を続けるかどうかについては意見が分かれるところです。1月24日のリドアウトRBA理事による「豪ドルの適正水準は0.80ドル」との発言への対応も気になります。会合での豪ドルの水準に対する反応が、今後の豪ドルの方向感を示すと同時に金融政策自体の行方にも影響を与えることになりそうです。

「豪 金融政策発表」とは

豪 金融政策発表とは、中央銀行であるRBA(オーストラリア準備銀行)が、原則として毎月第1火曜日に「金融政策委員会」を実施し、そのときの経済状況から、政策金利をはじめとする「金融政策」を決定し、発表することです。大きな変更があった場合には、マーケットに与える影響が大きいので注目されています。

豪 金融政策発表によってなぜ為替が動くのか。他にはどのような発表によって動くのかご紹介!是非ご確認下さい。

豪ドルは他の通貨に比べて、「高金利通貨」です。スワップ狙いのチャンス!どのような仕組みになっているのか、解説しています。

今すぐFX口座開設

今すぐお取引

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)は、1取引単位は1万〜1,000万通貨単位で、必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    「ハイレバレッジ50コース(法人口座限定):2%(※)」
    「ハイレバレッジ100コース(法人口座限定):1%(※)」
    「ハイレバレッジ200コース(法人口座限定):0.5%(※)」
    (個人のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引、法人口座のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜約200倍の取引が可能です。)
    ※ 高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX ミニ)は、1取引単位は1,000〜1万通貨単位で、必要保証金は取引金額に保証金率4%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約25倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • ハイレバレッジ100コース(法人口座限定)及びハイレバレッジ200コース(法人口座限定)には決済期限があります。毎週末最終営業日の取引時間終了時点(夏時間午前5:30、冬時間午前6:30)の15分前からお客様の保有建玉は順次強制的に決済されるため、意図せざる損失を被るおそれがあります。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.