SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-20 00:56:58

マーケット > レポート > 米FOMCの結果と今後の展望

米FOMCの結果と今後の展望

2013/9/20
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

米FOMCの結果と今後の展望

発表時間
9/18(水)
27:00(日本時間)

【2013年9月17‐18日、米FOMC結果と今後の展望】
9月17〜18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)は、市場の大半が資産買い入れの縮小を見込んでいた中で、「月額850億ドルの資産を買い入れる量的緩和を当面継続する」という予想外の方針を表明しました。最近では、縮小への着手の有無についての議論は大きく減少し、資産買い入れ金額の減額規模だけが議論の対象となっていただけに、市場にとってこの決定はかなりの驚きとなりました。

発表されたFOMC声明から今回の決定に影響したと思われるわかりやすい3点を抜き出してみると、
(1)雇用市場の状況は、ここ数ヵ月間に一段の改善を示しているが、失業率はなお高水準にある。
(2)家計支出と企業設備投資は増加し、住宅セクターは力強い。ただ住宅貸付金利が上昇し、財政政策が経済成長を抑えている。
(3)インフレは中長期的な目標を下回っている。インフレ期待も安定。
これらのポイントだけでは今回の決定に至った背景を見出し難いのですが、バーナンキ議長の委員会後の会見内容や質疑応答にその理由の一部が見え隠れしていたようです。
まず、雇用については、前回「来年半ばまでの失業率7.0%が目安」と発言したものの、今回は「魔法の数字はない」として、事実上7.0%の失業率目安を撤回しています。7.3%まで改善してきた結果を評価しながらも引き続き容認できる水準を上回っているとして、今後の足踏みや後退をかなり懸念しているようです。また、住宅セクターについては、やはり最近発表されている住宅関連の経済指標結果がまだらになっている点を委員会メンバーの多くが気にしているようです。当然、過度の金利上昇となれば住宅セクターへの悪影響を与えることも今回の見送りの大きな理由の一つのはずです。委員会メンバーに「インフレ圧力はない」との認識を共有する一方で、デフレに対する懸念はかなり大きいようです。インフレ率が目標を下回り続ける場合、利上げに消極的になる必要があるとも述べています。

今回の決定を受けて、多くのアナリストがバーナンキ議長の「この日の決定は予防的な措置だった」との会見冒頭の言葉を素直に受け止め、年内最後の12月のFOMCでの資産買い入れの縮小着手との判断に修正しているようです。ただ、前回までに議長本人が緩和縮小のサインを出していた状況下で「量的緩和縮小にあらかじめ決まった時期はない。特別な経済指標の数値目標もない」との発言変化を単純に聞き流してよいのかは疑問です。年内の緩和縮小の可能性があることを示唆しながらも、「最近の経済指標等が資産買い入れの縮小を正当化できない」とも述べているように、最近下振れを見せている経済指標の弱さも委員会の決定をさらに慎重にさせたようです。来年1月に任期満了となる議長の後任人事も不確定要素の一つになっているでしょう。今回の緩和縮小の着手にはバーナンキ議長自らのヒントがあったこともさることながら、市場が過度に緩和政策からの脱却に期待感を持ち過ぎたことも事実です。市場がこうした流れに傾き易いことへの予防措置も含まれているのかも知れません。
市場は今回の資産買い入れの継続の決定を概ね歓迎、とりわけ足元の株式市場や新興国市場にとっては好材料となりそうです。また今後の外国為替市場については、量的緩和の縮小着手が12月のFOMCにずれ込んだとの予断は持たずに、引き続き米国の住宅関連、雇用関連を中心にした経済指標結果を注意深く見守っていくことが重要になりそうです。

FOMCとは

日本でいう日銀の金融政策決定会合に相当する委員会のことで、現在の景況判断と公開市場操作(政策金利の上げ下げや為替レートの誘導目標)の方針が発表され、アメリカの株式市場や為替レート、引いては世界の金融マーケットに大きな影響を与えます。基本的に6週間ごとの火曜日、年に8回開催されます。

金融政策によってなぜ為替が動くのか。FOMCの他にはどういった発表によって動くのかご紹介!是非ご確認下さい!

今すぐFX口座開設

今すぐお取引

発表スケジュールをチェック!

FOMC金利誘導目標

事前予想

0.25%

 

今回発表

0.25%

発表時間

9/18(水)27:00(日本時間)

今回発表時の為替レートの変動を確認!
今回発表時の為替レート
  • ※出所:FX総合分析チャート 15分足

今すぐFX口座開設

今すぐお取引

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)は、1取引単位は1万〜1,000万通貨単位で、必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    「ハイレバレッジ50コース(法人口座限定):2%(※)」
    「ハイレバレッジ100コース(法人口座限定):1%(※)」
    「ハイレバレッジ200コース(法人口座限定):0.5%(※)」
    (個人のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引、法人口座のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜約200倍の取引が可能です。)
    ※ 高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX ミニ)は、1取引単位は1,000〜1万通貨単位で、必要保証金は取引金額に保証金率4%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約25倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • ハイレバレッジ100コース(法人口座限定)及びハイレバレッジ200コース(法人口座限定)には決済期限があります。毎週末最終営業日の取引時間終了時点(夏時間午前5:30、冬時間午前6:30)の15分前からお客様の保有建玉は順次強制的に決済されるため、意図せざる損失を被るおそれがあります。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.