SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-08-19 09:26:07

マーケット > レポート > 米国トピックス

米国トピックス

米国トピックス8月号

関連銘柄

2018年上半期(1-6月) 注目IPO銘柄のパフォーマンスは?

・2018年上半期(1-6月)に、米国を中心とするIPO市場は活発化し、多数のハイテク関連企業の上場は投資家の関心を集めた。
そのうち、スウェーデンの世界音楽配信最大手のスポティファイ(SPOT)等非米国籍企業の大型IPOが話題になったほか、電子署名サービスのドキュサイン(DOCU)や保管・共有用のウェブサービスのドロップボックス A(DBX)等米国本土企業のIPOも注目された。また、香港取引所に上場した中国のデジタルハードウェアメーカーの小米B(01810)は巨額な資金を調達した。

・IPO上場以来の株価騰落率を見ると、主要IPO銘柄の大半はIPO初日終値を上回るパフォーマンスに達した。中国のゲーム生中継・動画配信サイトの虎牙(HUYA)が108.0%、中国の動画配信最大手の愛奇芸(IQ)が103.2%、米国のソフトウェア企業のピボタル ソフトウェア A(PVTL)が61.9%と騰落率のTOP3に占めた。また、注目度の高いスポティファイ(SPOT)が26.0%、小米B(01810)が11.1%とそれぞれ2桁の上昇率があった。

・世界貿易摩擦への懸念が続いている中、貿易と関連性が低いインターネット、ソフトウェア等の銘柄が物色されることを考え、以下のIPO銘柄群に注目したい。

2018年上半期(1-6月) 注目IPO銘柄の株価騰落率ランキング

IPO
上場日

銘柄名

コード

事業紹介

市場

IPO初日
終値(USD)

7/24
終値(USD)

上場以来
騰落率

5月11日

虎牙

HUYA

中国のゲーム生中継・動画配信サイト

NYSE

16.06

33.40

108.0%

3月29日

愛奇芸

IQ

中国の動画配信最大手

NASDAQ

15.55

31.60

103.2%

4月20日

ピボタル ソフトウェア A

PVTL

ソフトウェア

NYSE

15.73

25.47

61.9%

4月27日

ドキュサイン

DOCU

電子署名サービス

NASDAQ

39.73

53.79

35.4%

4月12日

ズオラ A

ZUO

クラウド型ソフトウェア

NYSE

20.00

25.25

26.3%

4月3日

スポティファイ

SPOT

音楽配信世界最大手

NYSE

149.01

187.81

26.0%

3月28日

ビリビリ

BILI

中国の動画共有サイト

NASDAQ

11.24

13.92

23.8%

4月27日

スマートシートA

SMAR

共同作業の管理・自動化プラットフォーム

NYSE

19.50

22.90

17.4%

4月26日

セリディアンHCM

CDAY

人事関連のソフトウェア

NYSE

31.21

34.96

12.0%

7月9日

小米B

01810

中国のデジタルハードウェアメーカー

HKEX

16.08(HKD)

18.66(HKD)

11.1%

3月23日

ドロップボックス A

DBX

保管・共有用のウェブサービス

NASDAQ

28.48

30.75

8.0%

5月10日

エクイタブル生命保険

EQH

保険を中心とする金融サービス

NYSE

20.34

21.59

6.1%

1月24日

パグセグロデジタル

PAGS

デジタル決済

NYSE

29.20

27.85

-4.6%

5月4日

平安ヘルスケア

01833

中国の医療系フィンテック会社

HKEX

54.80(HKD)

49.85(HKD)

-9.0%

5月24日

グリーンスカイ A

GSKY

住宅リフォームローンアプリ

NASDAQ

23.36

19.25

-17.6%

※当社取扱い銘柄のみ
Bloombergと会社発表資料よりSBI証券作成

ハイテク銘柄は強気、ナスダックの年初来騰落率はS&P500の2倍強!

・2018/2Q(4-6月)の米国企業決算はピークをむかえ、個別企業の好決算は主要3指数の上昇をけん引したが、世界貿易摩擦リスクが株価の上値を抑えている模様。7/24(火)時点、主要3指数の年初来の株価パフォーマンスは揃ってプラスになったが、各指数の株価パフォーマンスでは大きな差がみられる。

・貿易摩擦の影響を受けやすい米国の主要工業企業を含むNYダウは、年初来から僅か2.1%上昇にとどまり、S&P500も5.5%と小幅な伸びとなった。一方、ハイテク銘柄を数多く集めるナスダック指数は、年初来から13.6%上昇し、S&P500の上昇率の2倍強となった。

・ナスダックの時価総額上位の一部構成銘柄群を見ると、インテル(INTC)は13.0%とナスダックを少し劣後したが、代表的なハイテク銘柄群「FAANG」、半導体のエヌビディア(NVDA)、ソフトウェアのペイパル(PYPL)は全てナスダックの株価パフォーマンスを大幅に上回った。
市場では再びテクノロジー株への注目が高まっている中、ここではナスダックの株価パフォーマンスを上回った銘柄群をご紹介する。

ナスダック主要構成企業の株価年初来騰落率 (7/24現時点の株価を基準)

銘柄名

コード

業種

年初来騰落率

ネットフリックス

NFLX

動画配信

86.1%

アマゾン ドット コム

AMZN

ネット通販

56.4%

エヌビディア

NVDA

ゲーム機器用半導体

28.5%

マイクロソフト

MSFT

ソフトウェア

25.9%

ペイパル

PYPL

オンライン決済

24.2%

ASMLホールディング

ASML

半導体装置

22.9%

フェイスブック A

FB

SNS運営

21.7%

アルファベット A

GOOGL

ネット検索

19.3%

アップル

AAPL

通信機器

14.0%

インテル

INTC

半導体

13.0%

当社の取り扱い銘柄をチェック!

マクロ材料

IMF世界経済見通しが据え置き、貿易摩擦は成長を抑える可能性

・7/16(月)、IMF(国際通貨基金)は7月の世界経済見通しを公表。2018年の世界GDP成長率を共に3.9%とし、4月の予想値を据え置いた。また、米国と中国の成長率見通しも変わらなかった。IMFは、世界貿易摩擦は中期的な経済成長を下押ししかねないと指摘した。今後、貿易摩擦が一段と拡大すれば、米国、中国等世界通商額に占める割合が大きな国の経済成長の勢いが鈍化するとみられている。

米国景気拡大が継続、年内利上げが2回へ?

・6月の米国ISM製造業景気指数は60.2と前月の58.7から上昇し、4ヵ月ぶりの高水準となった。また、調査対象の18業種のうち17業種が前月比「景気は拡大している」を回答した。米国内の景気拡大と消費需要増によりインフレ進行の可能性がある。また、今年後半に2回の追加利上げが実施される可能性がさらに高まるとみられている。

マクロ分析、市場見通し等、動画でチェック!

ミクロ分析

S&P500企業は、2割強の増益見通し!

・2018/2Q(4-6月)の米国企業の好決算期待より、S&P500構成企業の利益は前年同期比20.58%増となる見通し。変動率の大きいエネルギーを除く10業種では、減益見通しの業種はなく、10%以上増益は7業種と好調な業績がみられている。特に、素材、情報技術、金融の増益率が1Qとほぼ同じように、全体の上位3位となる。一方、公益事業と不動産の利益は低成長になるとみられる。

米国大手銀行決算は総じて好調

・7/13(金)から始まった米国大手銀行の決算は注目を集めた。主要6行の決算結果は総じて予想通りの好調さとなった。ウェルズファーゴ(WFC)は過去の不正発覚の影響で減益したが、他の5行は前年同期比大幅な増益となった。米銀の増益共通点は減税効果、利上げによる純金利収入増および景気拡大を受けた借り入れ需要の恩恵である。今年、好調な米経済成長と年内の追加利上げを背景に、大手銀行の収益拡大が期待される。

ミクロ分析、銘柄選択等、最新レポートでチェック!

外国株式口座開設外国株式お取引

ご注意事項

<手数料等およびリスク情報について>
外国株式のお取引にあたっては、所定の手数料がかかります(手数料はお客さまの取引コース、取引チャネルや外国有価証券市場等により異なることから記載しておりません)。外国株式の取引は、株価や為替市場の変動等により損失が生じるおそれがあります。詳しくは、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示、または上場有価証券等書面をご確認ください

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • SBBO-X
  • ロボアドバイザー「WealthNavi for SBI証券」 CM全国放送記念キャンペーン!
  • FIGS

PR


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.