SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-24 17:56:58

マーケット > レポート > ちょっとe(イー)銘柄の見つけかた > マイナンバー特需で注目の銘柄は?

マイナンバー特需で注目の銘柄は?

2015/3/5

今年の10月から住民票を有する一人一人にマイナンバーと呼ばれる個人番号が通知されます。マイナンバーとは、2017 年の1月から社会保障、税、災害対策の行政手続に必要となる個人番号のことです。

マイナンバー導入にあたっては官公庁や金融機関においてシステム投資が行われ、関連する業態にとっては「マイナンバー特需」となる可能性があります。本レポートでは、マイナンバー導入で注目される銘柄などをご紹介しています。まずは少額から投資してみようとお考えなら、是非eワラントをご検討ください!

申し込んで即取引可能!お申し込み・管理料は無料!
eワラント取引のお申し込みはこちら
2

マイナンバー導入のインパクト

マイナンバーが必要となる場面として、例えば、子供がいるご家庭での児童手当関係の手続きや年金関係の手続きの際に提示したり、税金を源泉徴収している金融機関や勤務先にも提示する場合などがあります。マイナンバー制度導入にあたっては官公庁や金融機関において、提示を受けたマイナンバーを各種帳票に印字したり、データベースに新規追加保管するなど大規模なシステム変更を伴うことになります。マイナンバーは特定個人情報といういわゆる個人情報よりも厳重な管理が求められており、システムの作りこみや業務フローの見直しなどで情報漏えいを防止する必要がありそうです。

このようにマイナンバー制度の導入は大掛かりな作業が発生する半面、需要が増えるという点においては日本経済にとってはマイナンバー特需発生はポジティブといえるかもしれません。少なくとも官公庁や金融機関にシステム開発・納入実績のある大手システムベンダーには開発特需が発生します。さらに官公庁や金融機関ではマイナンバーに関連した業務やコールセンターの増員も必要となるでしょう。この場合、前述のシステム開発要員に加えてオペレーション・コールセンター要員も必要になりますので人材派遣業にも特需がありそうです。また、マイナンバーを記載したICチップのついたカードの交付も始まることが予定されており、ICカードの発行実績がある事業者にも恩恵があるでしょう。

さらに注目したいのは、制度の認知度をどれだけ上げることができるかという点です。おそらくテレビ広告、新聞広告を中心に多大な広告投入があると思われます。広告代理店や在京キー局、新聞業界、パンフレットやチラシの印刷業者にもマイナンバー特需が発生するでしょう。さらにSNSでの認知向上も謳われており大手SNS運営事業者にも広告収入の恩恵があるかもしれません。

2

マイナンバー特需で恩恵を受けそうな銘柄にeワラントを使って少額からレバレッジ投資

主なマイナンバー特需銘柄として注目されるのは次の表の通りです。
これらの一部の株式にはコールeワラントを通じて少額からレバレッジ投資ができます。

カテゴリー

証券コード

銘柄名

eワラントでの
投資(3/5時点)

システムベンダー

6501

日立

6701

NEC

6702

富士通

人材派遣

6098

リクルートホールディングス

ICカード

4901

富士フイルム

広告代理店

4751

サイバーエージェント

SNS関連

2121

ミクシィ

4689

ヤフー

4751

サイバーエージェント

eワラントで投資するならコレ!?

コールeワラントの場合は株価が権利行使価格を大きく上回っている銘柄ほど初心者向けの銘柄となります。マイナンバー特需の恩恵を受けそうな株式を対象とするコールeワラントのうち、権利行使価格が低めになっている銘柄をピックアップしました。

eワラントの値動きは大きいので、例えば買付時から5割上昇したら利食い、2割下落したら損切りするなど売却の目安を考えて投資するのが成功のコツです。

2

今回のコールくん、プットくんの注目銘柄

コールくんが選ぶ〜注目銘柄

日経平均 コール 第875回

この原資産を選んだ理由

日本経済には少なくともポジティブなモメンタムがあると思えるので、日本株はまだ強気なスタンスを持っているよ。注目している賃金上昇に関しては、3日に厚生労働省の発表があって、各種の名目賃金が前年比で上昇傾向が続いているね。基本給与の伸び率が15年ぶりに高いという報道もあったね。まだ物価上昇を上回る伸びではないけど、方向性としてはポジティブだと考えているよ。
今後は消費者信頼感指数にも表れてきて、また日経平均株価上昇のモメンタムに貢献すると思うなぁ。別の報道機関の調査によると、日経平均株価の構成銘柄の純利益が前期比15%も上昇すると予想されているし、日経平均株価の更なる上昇を予想しているよ。

この権利行使価格と満期日を選んだ理由

少し権利行使価格が高めのコールにしたけど、満期までの期間が長い分価格変動リスクは抑え目の銘柄を選んだよ。

保有期間の目安

保有から2週間前後で売却するつもり。

目標売却価格(買気配値)

3.20円前後

  • ※あくまでも目安であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。
この銘柄を見ている方はこんな銘柄も見ています

日経平均コール876回
日経平均コール855回
日経平均コール856回
日経平均コール877回
日経平均コール872回

  • ※コメント作成時、eワラントホームページのアクセス状況に基づきます。

この原資産を選んだ理由

昨年12月ごろから、ブレント原油先物価格とWTI原油先物価格の期近物の価格が急に開いてきていることに気付いたんだ。先週金曜日(2/27)の終値では20%以上の差になっていて、日次での終値ベースで20%以上の差がついたのは2012年12月以来みたいだよ。
このところ米国のシェール関連企業が倒産したり、WTIの原油在庫の伸びが鈍化しているとの報道をよく聞くね。ただ、全体の需給が引き締まっているわけではないので原油価格が大幅に反発していく状況ではないと思ってるよ。むしろブレントの価格がWTIに近づいていくんじゃないかと考えたんだ。

この権利行使価格と満期日を選んだ理由

権利行使価格がブレント原油先物価格に近い銘柄で満期まである程度期間がある比較的値動きの大きい銘柄なので、目安とする保有期間の1ヶ月くらいの投資を考えるにはちょうど良い銘柄だと思ったよ。

保有期間の目安

1ヶ月くらい保有して売却するつもりだよ。

目標売却価格(買気配値)

6.00円前後

  • ※あくまでも目安であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。
この銘柄を見ている方はこんな銘柄も見ています

ブレント原油先物リンク債_2015年9月限プット3回
日立製作所コール139回
WTI原油先物リンク債_2015年12月限コール1回
ブレント原油先物リンク債_2015年9月限プット2回
ブレント原油先物リンク債_2015年9月限プット1回

  • ※コメント作成時、eワラントホームページのアクセス状況に基づきます。

eワラントが10年以上投資家に支持されているワケ

eワラントのメリット

eワラントの関連コンテンツ

eワラントを極める!(毎週第1営業日更新)

申し込んで即取引可能!お申し込み・管理料は無料!
eワラント取引のお申し込みはこちら

ご注意事項

  • SBI証券を通したマーケットメーカー(eワラント・インターナショナル)との相対取引になります。
  • 配当や株主優待の権利は発生しません。
  • 未成年口座のお客様のeワラント取引のお申し込みは受付いたしておりません。
  • 本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

リスクについて

eワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株式・株価指数、投資証券(REIT)、預託証券、国債先物、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動、時間経過(一部の銘柄を除き、一般に時間経過とともに価格が下落する)や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与えるので、投資元本の保証はなく、投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります(ただし、eワラントの価格が極端に低い場合には、対象原資産の値動きにほとんど反応しない場合があります)。
ニアピンeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数や為替相場の変動や、時間経過(同日内を含む)など様々な要因が価格に影響を与えるので、元本の保証はなく投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります。最大受取可能額は1ワラント当たり100円に設定され、満期参照原資産価格がピン価格から一定価格以上乖離した場合は満期時に価格がゼロになります。同一満期日を持つ全ての種類のニアピンeワラントを購入しても、投資金額の全てを回収することができない可能性があります。
トラッカーeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与える有価証券です。このため、投資元本の保証がなく、損失が生じる恐れがあります。トラッカーeワラントの価格は、eワラントに比べると一般に対象原資産の価格により近い動きをします(ただし、レバレッジトラッカーは同方向または逆方向に増幅されたような値動きとなります)が、任意の二時点間において対象原資産の価格に連動するものではありません。また、金利水準、満期日までの予想受取配当金及び対象原資産の貸株料等の変動によって、対象原資産に対する投資収益率の前提が変化した場合には、トラッカーeワラントの価格も影響を受けます。
さらに、取引時間内であっても取引が停止されることがあります。
お客様の購入価格と売却価格には価格差(売却スプレッド)があります。
詳細は、最新の外国証券情報をご参照ください。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.