SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2020-02-18 06:17:55

マーケット > レポート > 出世株を探せ!新興株ウィークリー >  株主優待・配当実施&好業績の銘柄を抽出!!

株主優待・配当実施&好業績の銘柄を抽出!!

2020/2/12
投資情報部 長谷川 稔

立春も過ぎ、暦の上では春到来ですが、実感としては冬本番を感じさせる最近です。このところ世界中を騒がせている新型コロナウイルスの感染拡大ですが、新規の感染患者数は、2/4(火)頃をピークに減少傾向にあるように思われます。早く暖かくなって、感染拡大が収束に向かうことを願っています。

さて今回の「新興株ウィークリー」は、3月決算銘柄に焦点を当てて、株主優待、配当の権利が取れ、なおかつ好業績が期待できそうな銘柄をピックアップしてみることにしました。3月決算銘柄の権利付き最終日は、3/27(金)で、時間的にはまだ余裕がありますが、優待銘柄の人気が上昇するにつれ、株価が権利付最終日よりも早めに上昇するケースも散見されますので、早めの権利取得をおすすめします。

なお、最近投資家の間で流行している方法に、「つなぎ売り」があります。これは、優待および配当の権利を取得したい銘柄の現物買いと一般信用売りを同時に行うことにより、株価変動リスクを最小限に抑えながら、権利を取得するやり方です。その後は信用の売りに対し現物の現渡しにより取引を終了するものです。詳しくは当社WEBサイトの「初めてのつなぎ売り」において、動画でも解説を行っていますので、ぜひご参考になさってください。

信用取引口座開設

1株主優待・配当を実施&好業績銘柄を抽出!!

それでは早速銘柄をピックアップしてみます。冒頭でご説明したように、今回の「新興株ウィークリー」は、3月決算銘柄に焦点を当てて、株主優待および配当の権利が取れる銘柄をご紹介します。また、ここでの大事なポイントは、株主優待や配当の権利を取れても、株価が下落しキャピタルロスを被っては元も子もないという点です。そこで業績の裏付けがありそうな銘柄をピックアップしてみました。なお、優待銘柄の権利付最終日は今年の場合、3/27(金)となっていますのでご注意ください。

今回のスクリーニング条件は以下の4点です。
(1)東証マザーズまたはJASDAQの上場銘柄であること
(2)3月決算銘柄で、3/27(金)の権利付き最終日までに株式を購入すれば、株主優待や配当の権利が得られるもの
(3)2/10(月)までに第3四半期の決算を発表済みで、時価総額が50億円以上であること
(4)第3四半期までの累計の経常利益が、会社予想の通期経常利益の75%を超えていること(進捗率75%以上)

これらの条件を満たす銘柄を、コード番号順に掲載したものが下の表1となります。
株主優待銘柄は権利付最終日の1ヵ月程度前から値上がりするケースが散見されますので、今のうちに「先取り」して保有するのが得策かもしれません。

表1 株主優待、配当、好業績銘柄はコチラ!!

取引 チャート ポート
フォリオ
コード 銘柄名 株価(円)
2月10日
会社予想
配当金
(3月末)
(円)
3月末に100株以上保有で
贈呈予定の株主優待内容概要
2224 2224 2224 2224 コモ 2,579 7.0 3,000円相当の自社製品(パン等)
2469 2469 2469 2469 ヒビノ 2,309 17.5 名産品、自社ライブハウス特典等と交換可能なポイント
2790 2790 2790 2790 ナフコ 1,475 19.0 1,000円の全国共通ギフト券
3800 3800 3800 3800 ユニリタ 2,019 32.0 2,000円相当のJCBギフトカード
4816 4816 4816 4816 東映アニメーション 4,975 52.0 1,200円相当(300円X4枚)の限定キャラクター・クオカード
4838 4838 4838 4838 スペースシャワーネットワーク 538 10.0 500円相当のクオカード
5217 5217 5217 5217 テクノクオーツ 11,300 70.0 山形産サクランボ
7638 7638 7638 7638 NEW ART HOLDINGS 911 30.0 自社ジュエリー商品等の買い物優待カード
8045 8045 8045 8045 横浜丸魚 1,044 12.0 1,000円相当のクオカード
8119 8119 8119 8119 三栄コーポレーション 3,655 100.0 株主優待ポイント2,000(株主優待カタログで交換可能)
9057 9057 9057 9057 遠州トラック 2,826 20.0 クラウンマスクメロン2個
9436 9436 9436 9436 沖縄セルラー電話 4,270 68.0 3000円相当のカタログギフト「au Wowma!」
9625 9625 9625 9625 セレスポ 3,035 60.0 抽選で自社関連スポーツ競技大会・公演のチケット
9853 9853 9853 9853 銀座ルノアール 1,105 14.0 1000円相当の飲食券
9950 9950 9950 9950 ハチバン 3,150 10.0 優待食事券500円X5枚
9955 9955 9955 9955 ヨンキュウ 1,749 12.0 3000円相当の商品(ウナギ)、または1000円のクオカード
9996 9996 9996 9996 サトー商会 1,688 15.0 2Kgのコメ(宮城県産ひとめぼれ)
  • ※当社株主優待検索機能、各社資料等をもとにSBI証券が作成。株主優待は権利付最終日(すべての掲載銘柄が3/27)時点に100株保有している場合の株主優待の内容について、その概要を記載したものです。詳細は各社の公式発表をご覧ください。なお、配当金は3月末株主に対する配当金で、年間の配当金とは異なる場合があります。NEW ART HOLDINGS(7638)の単元株式数は100株ですが、株主優待内容は1株以上の株主に対する内容です。

2抽出銘柄のポイント

それでは表1で抽出された銘柄群のうち数銘柄について、チャートとポイントを簡単にご紹介したいと思います。

ヒビノ(2469);2006年にJASDAQに上場しています。音響や映像機材の貸出しと設置・オペレーション業務を行う会社です。数多くのミュージシャンのコンサートを手がけた実績を持ち、日本のミュージックシーンには欠かせない会社と言ってよいでしょう。欧米やアジアにも進出しています。今年から株主優待制度を拡充し100株以上の株主には2,000ポイントが贈呈され、地域の名産品や雑貨、クオカード、同社運営のライブハウスでのミュージックチャージなどと交換できます。

東映アニメーション(4816);2000年にJASDAQ市場に上場しています。東映(9605)系のアニメ制作会社で、TVアニメに強みを持っています。「ドラゴンボール」、「ワンピース」、「セーラームーン」、「ゲゲゲの鬼太郎」などのヒット作を生み出しています。これらヒット作の版権をキャラクター商品やアプリゲームなどへの応用、海外展開などで幅広い収益源を有しています。内外の版権ビジネスが好調で、業績は好調です。100株以上の株主には、株主優待限定のクオカード4枚(1枚が300円)が贈呈されます。アニメファンには見逃せない制度かもしれません。

テクノクオーツ(5217); 1999年にJASDAQに上場しています。ジーエルサイエンス(7705)の子会社で、半導体製造用の石英部品の製造に特化している会社です。半導体業界の設備投資拡大や製品の精密化・微細化などによる付加価値上昇が加わり、企業規模が拡大しています。今期は半導体業界の調整で減益予想ですが、3Q決算ですでに年間予想の90%以上の進捗となっています。山形県に工場がある関係から、株主優待は山形産の高級サクランボが6月中旬から7月上旬に送付される予定です。

ヨンキュウ(9955);1993年にJASDAQに上場しています。鮮魚の養殖業者向けの稚魚(主に真鯛)や飼料販売と自社による鮮魚の販売が2本柱です。今後は豊後水道でのマグロや鹿児島でのうなぎ養殖事業が注目されます。水産資源の枯渇から、今後は「捕る漁業」から「育てる漁業」へのシフトが進行するため注目されます。株主優待としては、3,000円相当の自社商品(うなぎのかば焼)または1,000円相当のクオカードが選択できます。

図1 ヒビノ(2469)・日足

図2 東映アニメーション(4816)・日足

図3 テクノクオーツ(5217)・日足

図4 ヨンキュウ(9955)・日足

  • ※図1から図4は、当社チャートツールを用いてSBI証券が作成。

2【新興市場Now】マザーズ、JASDAQとも小幅反発

東証マザーズ指数の2/10(月)終値は840.90と、2/4(火)終値836.92に対して0.5%の反発となりました。JASDAQ平均も0.9%の反発となりました。同じ期間の日経平均は2.6%の大幅反発だったので、新興株市場は日経平均に対し劣位に推移しました。新型コロナウイルスの感染拡大から世界的に株価は不安定となっていますが、相対的に流動性が小さい新興株市場の不振が目立っています。

マザーズ市場の時価総額上位ではメルカリ(4385)が大幅続伸となりました。NTTドコモとポイントサービスで提携したニュースが引き続き好感されました。それ以外の主力銘柄も、ティーケーピー(3479)そーせいグループ(4565)ミクシィ(2121)が上昇しました。そのほかの銘柄ではエルテス(3967)もサイバーセキュリティーへの見直しからか、小幅続伸となりましたが、MTG(7806)は大幅下落となりました。

JASDAQ市場の時価総額が大きい銘柄では、前回、上方修正でとりあえずの好材料出尽くしから大幅下落したワークマン(7564)が下げ止まりました。このほかでは、ハーモニック・ドライブ・システムズ(6324)が小幅上昇しましたが、日本マクドナルドホールディングス(2702)は小幅下落とまちまちでした。

※東証マザーズ指数について:東証マザーズ市場は近い将来東証1部へのステップアップを視野に入れた成長企業向けの市場です。マザーズ指数は、マザーズ市場に上場する全銘柄の時価総額加重平均型(浮動株調整後)の指数です。ただし、一部の時価総額の大きい銘柄の影響度が大きい点に注意を要します。ちなみに1月末のマザーズ市場の時価総額に占める構成比は、メルカリ(4385)が5.7%、そーせいグループ(4565)が5.5%、ミクシィ(2121)が3.3%、ジーエヌアイグループ(2160)が3.2%などとなっています。

図5:東証マザーズ指数(日足)

https://a248.e.akamai.net/f/248/29350/7d/pict.sbisec.co.jp/sbisec/images/base/g_market_report_dom_em_weekly_200212_11.gif

図6:JASDAQ平均(日足)

https://a248.e.akamai.net/f/248/29350/7d/pict.sbisec.co.jp/sbisec/images/base/g_market_report_dom_em_weekly_200212_12.gif
  • ※図5、図6ともに当社チャートツールを用いてSBI証券が作成。

表2:主要株式指標の騰落率(2/4〜2/10)

指数 終値(2/10) 騰落率
日経平均株価 23,685.98 2.6%
東証マザーズ指数 840.90 0.5%
JASDAQ平均株価 3,820.03 0.9%

表3:主要新興市場銘柄の騰落率(2/4〜2/10)

コード 銘柄 終値(2/10) 騰落率
マザーズ市場の時価総額上位銘柄
4385 メルカリ 2,197 7.2%
3923 ラクス 1,749 -3.2%
3479 ティーケーピー 3,775 0.9%
4565 そーせいグループ 2,055 2.3%
2121 ミクシィ 1,924 1.3%
JASDAQ市場の時価総額上位銘柄
7564 ワークマン 8,840 1.4%
2702 日本マクドナルドホールディングス 5,180 -0.2%
6324 ハーモニック・ドライブ・システムズ 5,120 1.0%
6425 ユニバーサルエンターテインメント 3,120 -2.2%
4816 東映アニメーション 4,975 -2.8%
直近上場銘柄・市場で話題の銘柄
3967 エルテス 2,307 0.8%
4593 ヘリオス 1,921 0.7%
6027 弁護士ドットコム 4,620 -0.9%
4592 サンバイオ 2,318 0.2%
7806 MTG 805 -6.9%
  • ※表2・表3はBloombergデータをもとにSBI証券が作成。騰落率は2/4(火)と2/10(月)終値の比較による。時価総額は1月末基準。
  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。
  • ※NISA口座で上場株式等の配当金を非課税で受け取るためには、配当金の受領方法を「株式数比例配分方式」に事前にご登録いただく必要があります。

信用取引を行うには、信用取引口座の開設が必要になります。WEBサイト上でのお手続きだけで「最短翌日」口座開設完了!


免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
新しいウィンドウで開きます。重要な開示事項(利益相反関係等)について

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • SBI証券の3つの無料化
  • 条件達成でプレミアムニュースを無料で体験!?
  • 米ドル/円の基準スプレッドを縮小!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.