SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-12-11 09:10:51

マーケット > レポート > 出世株を探せ!新興株ウィークリー >  値下り銘柄も要チェック、マザーズ新規公開銘柄を検証?

値下り銘柄も要チェック、マザーズ新規公開銘柄を検証?

2019/11/27
投資情報部 長谷川 稔

寒さが募るこのごろですが、街には一斉にクリスマスツリーやイルミネーションが出現してきました。LEDの普及のおかげで電気代をあまり気にせず一般のご家庭でもイルミネーションを楽しんでいる方もいるのではないでしょうか。自分が行ったイルミネーションの中でおすすめは、恵比寿ガーデンプレイスのバカラ製のシャンデリアと丸の内一帯のイルミネーションです。また場所柄もあり、やや小さめですが、銀座7丁目並木通りの資生堂本社前の赤いツリー(本物のモミの木)も例年見事で心が温まります。

株式相場は米中通商交渉の先行き不透明感から、11月以降高値水準でもみ合っています。ただし、世界的に緩和的な金融政策が続いているうえ、企業業績も2020年度からは回復してくる可能性があり、新年の相場には強気スタンスで対処したいと考えています。

今週の「新興株ウィークリー」は、今年新規上場したマザーズ銘柄に焦点を当ててみました。初値から下落した銘柄が数多くありましたが、中には3倍以上に上昇した銘柄もあります。また、下落している銘柄の中にも今後の活躍が期待できるものが隠れている可能性もあるのではないでしょうか。皆様の投資のご参考になれば幸いです。

信用取引口座開設

1今年上場のマザーズ銘柄をチェックする

今年も多くの企業が新興市場への上場を果たしました。表1は2019年に入ってから10月までにマザーズ市場に上場した37銘柄について、現在の株価と上場日の終値を比較したものです。値上がり率が高い順に並べています。38銘柄中12銘柄が上場時の終値を上回り、26銘柄が下回る結果となりました。

なお、個別銘柄の上昇率トップは、Lib Work(1431)で、上場時の終値から約3.6倍以上の上昇となりました。次いでカオナビ(4435)ブシロード(7803)グッドスピード(7676)サイバー・バズ(7069)日本ホスピスホールディングス(7061)と続いています。

次章で個別銘柄についても触れていますが、今回の株価パフォーマンス上位の銘柄の共通点としては、何といっても「業態やビジネスモデルがユニークで、ニッチ市場に特化」していることが特徴であると考えられます。カオナビ(4435)は顔写真を使った企業向けの人材マネジメントシステム、ブシロード(7803)はトレーディングカードや新日本プロレス、グッドスピード(7676)は中古車販売ですがSUVと4WDに販売車種を絞り込んでいます。また日本ホスピスホールディングス(7061)は、文字通り終末期医療施設の運営会社です。これは2018年の新規公開銘柄でも同様でした。こうした傾向は今後の新規公開株への投資の際に大いに参考になるのではないでしょうか。

表1 2019年上場のマザーズ銘柄の株価は!?

取引 チャート ポート
フォリオ
コード 銘柄名 株価(円)
上場日終値 現値
(11/26)
騰落率
A B B/A
1431 1431 1431 1431 Lib Work 1,165 4,275 267.0%
4435 4435 4435 4435 カオナビ 3,440 7,440 116.3%
7803 7803 7803 7803 ブシロード 2,138 4,050 89.4%
7676 7676 7676 7676 グッドスピード 1,720 2,957 71.9%
7069 7069 7069 7069 サイバー・バズ 3,720 4,900 31.7%
7061 7061 7061 7061 日本ホスピスホールディングス 1,766 2,177 23.3%
7049 7049 7049 7049 識学 1,567 1,840 17.4%
7059 7059 7059 7059 コプロ・ホールディングス 2,218 2,551 15.0%
4429 4429 4429 4429 リックソフト 5,150 5,530 7.4%
4441 4441 4441 4441 トビラシステムズ 1,867 1,982 6.2%
4599 4599 4599 4599 ステムリム 951 964 1.4%
4931 4931 4931 4931 新日本製薬 1,615 1,620 0.3%
7674 7674 7674 7674 NATTY SWANKY 3,470 3,450 -0.6%
4439 4439 4439 4439 東名 3,575 3,535 -1.1%
6597 6597 6597 6597 HPCシステムズ 2,010 1,835 -8.7%
7064 7064 7064 7064 ハウテレビジョン 3,415 3,055 -10.5%
7060 7060 7060 7060 ギークス 1,700 1,513 -11.0%
4449 4449 4449 4449 ギフティ 2,060 1,818 -11.7%
4443 4443 4443 4443 Sansan 5,460 4,600 -15.8%
7050 7050 7050 7050 フロンティアインターナショナル 2,830 2,366 -16.4%
4434 4434 4434 4434 サーバーワークス 9,725 8,020 -17.5%
4436 4436 4436 4436 ミンカブ・ジ・インフォノイド 1,327 1,079 -18.7%
7804 7804 7804 7804 ビーアンドピー 2,313 1,818 -21.4%
4442 4442 4442 4442 バルテス 1,890 1,477 -21.9%
7063 7063 7063 7063 エードット 2,953 2,247 -23.9%
4448 4448 4448 4448 Chatwork 1,400 1,054 -24.7%
4446 4446 4446 4446 Link−U 5,760 4,325 -24.9%
2978 2978 2978 2978 ツクルバ 2,117 1,473 -30.4%
4437 4437 4437 4437 gooddaysホールディングス 4,990 3,440 -31.1%
4431 4431 4431 4431 スマレジ 3,925 2,568 -34.6%
7068 7068 7068 7068 フィードフォース 3,050 1,892 -38.0%
4440 4440 4440 4440 ヴィッツ 3,550 1,918 -46.0%
4438 4438 4438 4438 Welby 4,225 2,267 -46.3%
7067 7067 7067 7067 ブランディングテクノロジー 4,160 2,187 -47.4%
7066 7066 7066 7066 ピアズ 5,230 2,451 -53.1%
4445 4445 4445 4445 リビン・テクノロジーズ 7,500 3,270 -56.4%
7062 7062 7062 7062 フレアス 3,415 1,480 -56.7%
4444 4444 4444 4444 インフォネット 3,740 1,596 -57.3%
  • ※Bloomberg、当社WEBサイトをもとにSBI証券が作成。株式分割があった場合はそれを加味した実質的な株価に修正して記載しています。この表は客観的データの提供を目的に作成したもので、掲載銘柄の推奨を意図したものではありませんので、ご注意ください。

2抽出銘柄のポイント

それでは表1で抽出された銘柄群のうちについて、「新興株ウィークリー」が注目している数銘柄について、チャートとポイントを簡単にご紹介したいと思います。

ブシロード(7803); 7/29(月)に上場しました。エンターテインメント事業と新日本プロレスの興行を中心とするスポーツ事業の2つが経営の柱です。エンターテインメント事業は自社開発・所有のIP(著作権、商標権)を使ったトレーディングカードやモバイルオンラインゲームなどが主力です。「バンドリ!」、「新日本プロレス」、「ヴァンガード」などの主力IPが好調で、今期の業績も堅調と思われます。日本のアニメの海外普及に伴い、同社のトレーディングカードビジネスにも追い風が吹く可能性がありそうです。

日本ホスピスホールディングス(7061); 3/28(木)に上場しました。社名の通りホスピスを事業化したユニークな会社です。主に患者の終末期ケアを行うホスピス住宅の運営や訪問看護を行っています。超高齢化社会を迎える一方、医療保険財政のひっ迫から、在宅終末医療サービスの提供は今後の重要な社会的ニーズと合致するのではないでしょうか。設立後間もない事業のため、当面は新規物件の設置による事業拡大=収益成長が期待できそうです。

トビラシステムズ(4441); 4/26(金)に上場した会社で、独自のアルゴリズムを用いて、迷惑情報のフィルター事業を行っています。具体的にはモバイル、固定、ビジネスフォンなどの電話にかかってくる迷惑電話を探知し、電話のユーザーに警告を発信したり自動的に拒否するシステムです。モバイルでは大手通信キャリア3社(docomo、KDDI、SoftBank)のオプションパックにアプリ形式でサービスを提供しています。固定電話ではKDDI系列2社のホームゲートウェイにシステムが内蔵されています。迷惑電話の識別には警察組織からの提供データや利用者からのフィードバック、独自調査によるデータベースが使われます。おもに電話を使った高齢者への特殊詐欺防止で需要拡大が続いており、業績は順調です。

バルテス(4442); 5/31(金)に上場しました。ソフトウェア開発企業に対し、開発の全工程でソフトウェア品質の向上支援サービスを提供しているB to Bの会社です。ソフトウェア開発会社の悩みは、人件費コストの高い開発担当者の労働時間の約4割が製品のテスト・検証に割かれていることにある模様です。同社はこのテスト・検証作業のアウトソースの受け皿となっています。また、テスト工程を第三者が行うことで再現性・共有性の高いテストが実現可能となります。テスト市場は同社の試算によれば5.5兆円と大きく、アウトソーシングの潮流が追い風となり、成長ポテンシャルを感じさせる企業です。

スマレジ(4431); 2/28(木)に上場しました。文字通りスマホを使ったPOSレジアプリのクラウドサービス事業を行っている会社です。飲食店向けのオーダーエントリーシステムや勤怠管理システム、給与計算システムなども提供しています。大手以下の小売、外食、流通業向けが主要顧客です。顧客数の拡大に加え、10月からの消費増税時の軽減税率導入が追い風となっています。上場直後に株価は急上昇し、その後は下落に転じましたが、業績好調に加え、キャッシュレス関連銘柄として今後も注目される可能性がありそうです。

図1:ブシロード(7803)・日足

図2:日本ホスピスホールディングス(7061)・日足

図3:トビラシステムズ(4441)・日足

図4:バルテス(4442)・日足

図5:スマレジ(4431)・日足

  • ※図1から図5は、当社チャートツールを用いてSBI証券が作成。

2【新興市場Now】マザーズ指数が大幅続伸、JASDAQは年初来高値を連続更新

東証マザーズ指数の11/26(火)終値は905.19と、11/19(火)終値876.46から3.3%の大幅続伸となりました。JASDAQ平均も1.2%の続伸で引き続き年初来高値を更新しました。日経平均は0.3%の上昇でしたから、マザーズ指数、JASDAQ平均ともに日経平均に対して、優位な値動きとなりました。

マザーズ市場の時価総額の大きい銘柄では、前回赤字決算が嫌気されたメルカリ(4385)が大幅反発となったほか、ティーケーピー(3479)サンバイオ(4592)ミクシィ(2121)などがの主力株がいずれも上昇しました。その他の銘柄ではヘリオス(4593)の上昇が目立ちました。MTG(7806)は減損実施による下方修正および決算発表の延期から続落となりました。

JASDAQ市場の時価総額が大きい銘柄では、月次売上の好調が続いているワークマン(7564)の続伸が目立ちました。一方、11/12(火)に下方修正を行ったハーモニック・ドライブ・システムズ(6324)は依然弱含みの展開となっています。

※東証マザーズ指数について:東証マザーズ市場は近い将来東証1部へのステップアップを視野に入れた成長企業向けの市場です。マザーズ指数は、マザーズ市場に上場する全銘柄の時価総額加重平均型(浮動株調整後)の指数です。ただし、一部の時価総額の大きい銘柄の影響度が大きい点に注意を要します。ちなみに10月末のマザーズ市場の時価総額に占めるそーせいグループ(4565)が7.6%、メルカリ(4385)が7.0%、サンバイオ(4592)が5.2%、ミクシィ(2121)が3.8%などとなっています。

図6:東証マザーズ指数(日足)

https://a248.e.akamai.net/f/248/29350/7d/pict.sbisec.co.jp/sbisec/images/base/g_market_report_dom_em_weekly_191127_11.gif

図7:JASDAQ平均(日足)

https://a248.e.akamai.net/f/248/29350/7d/pict.sbisec.co.jp/sbisec/images/base/g_market_report_dom_em_weekly_191127_12.gif
  • ※図6、図7ともに当社チャートツールを用いてSBI証券が作成。

表2:主要株式指標の騰落率(11/19〜11/26)

指数 終値(11/26) 騰落率
日経平均株価 23,373.32 0.3%
東証マザーズ指数 905.19 3.3%
JASDAQ平均株価 3,635.69 1.2%

表3:主要新興市場銘柄の騰落率(11/19〜11/26)

コード 銘柄 終値(11/26) 騰落率
マザーズ市場の時価総額上位銘柄
4385 メルカリ 2,459 6.8%
4592 サンバイオ 4,340 2.4%
4565 そーせいグループ 2,264 -0.8%
3479 ティーケーピー 4,855 3.7%
2121 ミクシィ 2,159 2.4%
JASDAQ市場の時価総額上位銘柄
2702 日本マクドナルドホールディングス 5,480 1.5%
7564 ワークマン 8,670 7.2%
6324 ハーモニック・ドライブ・システムズ 4,655 -4.1%
6425 ユニバーサルエンターテインメント 3,885 -0.6%
4816 東映アニメーション 4,975 2.4%
直近上場銘柄・市場で話題の銘柄
3967 エルテス 1,845 2.6%
4593 ヘリオス 1,469 19.0%
7676 グッドスピード 2,957 -0.5%
3923 ラクス 2,021 1.8%
7806 MTG 815 -5.3%
  • ※表2・表3はBloombergデータをもとにSBI証券が作成。騰落率は11/19(火)と11/26(火)終値の比較による。時価総額は10月末基準。
  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。
  • ※NISA口座で上場株式等の配当金を非課税で受け取るためには、配当金の受領方法を「株式数比例配分方式」に事前にご登録いただく必要があります。

信用取引を行うには、信用取引口座の開設が必要になります。WEBサイト上でのお手続きだけで「最短翌日」口座開設完了!


免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
新しいウィンドウで開きます。重要な開示事項(利益相反関係等)について

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • SBI証券の3っつの無料化
  • 条件達成でプレミアムニュースを無料で体験!?
  • 3商品の口座開設で最大600円GET!
  • 米ドル/円の基準スプレッドを縮小!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.