SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2021-01-22 06:07:37

国内株式 > MAXIS カーボン・エフィシェント日本株上場投信のご紹介

MAXIS カーボン・エフィシェント日本株上場投信のご紹介

足元、ESG投資が注目されており、その動きは2020年にますます活発になっています。
ESGとは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字を取ったものです。この3つを考慮することが「長期的な企業価値の最大化に寄与する」といった長期的なリターンを追求するための手法とされています。
ESG投資の中でも、「E 」=環境にフォーカスした国内株式の株価指数(インデックス)として、S&P/JPX カーボン・エフィシェント指数があります。当該指数に連動する成果を目指すETF(MAXISカーボン・エフィシェント日本株上場投信(2560))を取り扱っております。SBI証券では、当該銘柄の取引手数料は無料(※)となっております。(※インターネットコースのインターネット取引が対象)

※Youtubeへ遷移します。

コード 銘柄名 概要 取引
2560 MAXISカーボン・エフィシェント日本株上場投信 S&P/JPXカーボン・エフィシェント指数に連動する成果をめざして運用を行います。 現買信買

MAXISカーボン・エフィシェント日本株上場投信(2560)

組入上位10銘柄(組入銘柄数:755銘柄)

No. 銘柄 業種 比率
1 トヨタ自動車 輸送用機器 4.2%
2 ソニー 電気機器 3.1%
3 武田薬品工業 医薬品 1.9%
4 ソフトバンクグループ 情報・通信業 1.9%
5 キーエンス 電気機器 1.8%
6 リクルートホールディングス サービス業 1.5%
7 KDDI 情報・通信業 1.5%
8 第一三共   医薬品 1.3%
9 任天堂 その他製品 1.3%
10 日本電信電話       情報・通信業 1.3%

(2020年6月末時点)
(出所) 三菱UFJ国際投信作成

TOPIXと同様のパフォーマンスが期待される

TOPIXと同程度の産業グループ構成比率を維持することにより、TOPIXとの乖離を抑制しております。
そのため、TOPIXと同様のリスク/リターンプロファイルを実現しております。

※上記は指数を使用しており、ETFの運用実績を示すものではありません。

(出所) Bloombergのデータを基に三菱UFJ国際投信作成
(期間)2009年3月末〜2020年6月末、日次

炭素排出量によって構成ウエイトを調整

炭素効率性の高い企業(=炭素排出量の少ない企業)の構成ウェイトを高め、炭素効率性の低い企業(=炭素排出量の多い企業)の構成ウェイトを下げます。

指数の炭素効率性

炭素効率性改善率:20.46%

(出所) 「S&P Global Carbon Efficient Index Series Japanese EquityQ3 2019」のデータを基に三菱UFJ国際投信作成
(基準日)2019年9月末時点

炭素排出に関する情報開示でもウエイトを調整

構成ウエイトに企業の炭素排出に関する情報開示状況を反映させます。
指数構築方法にこのようなインセンティブ付けを組み込むことで、企業の情報開示を促進させる狙いがあります。

温室効果ガス排出量の開示状況(%)

(出所)GPIF 「ESG活動報告2018」のデータを基に三菱UFJ国際投信作成
(注)集計対象はS&Pグローバル大中型株指数構成銘柄、データは2018年8月末時点。開示/非開示は、Trucostの判断に基づく。

取引手数料無料の国内ETF銘柄数

当社が指定する国内上場ETFの現物取引手数料は無料です(インターネットコースのインターネット取引が対象)。信用取引においては、全ての国内ETFについて、取引手数料は無料となります。

国内ETF無料銘柄数の比較(現物)

  SBI証券 楽天証券 auカブコム証券 松井証券 マネックス証券
銘柄数 103 102 99 0 5

新しいウィンドウで開きます。取引手数料無料銘柄一覧はこちら

  • ※2020/8/4時点
  • ※比較対象範囲は、主要ネット証券5社となります。「主要ネット証券」とは、口座開設数上位5社のSBI証券、auカブコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(五十音順)を指します。

ETF・ETN投資に関する留意事項

  • 元本保証はございません。
  • ETF・ETN一口当たりの純資産額と連動を目指す特定の株価指数等が乖離する可能性がございます。
  • 市場価格とETF・ETN一口当たりの純資産額が乖離する可能性がございます。
  • 日本取引所によるリンク債・OTCスワップ型ETF等の対応に係る通知については、下記WEBサイトをご確認ください。
    ETFの信用リスク新しいウィンドウで開きます。(日本取引所グループのWEBサイト)
  • ETNは発行体となる金融機関の信用力を背景として発行される証券であることから、発行体の倒産や財務状況の悪化等の影響により、ETN価格の下落又は無価値となる可能性があります。ETNの投資リスクについては、下記WEBサイトをご確認ください。
    ETNの投資リスク新しいウィンドウで開きます。
  • ETNは、貸株サービスの非対象銘柄です。
  • その他の事項につきましては、日本取引所グループのWEBサイトの「投資リスク」の欄や目論見書等でご確認ください。
    日本取引所グループのWEBサイト(ETF)はこちら新しいウィンドウで開きます。

その他留意事項

  • 上記の内容は、過去の実績・状況または作成時点での見通し・分析であり、将来の市場環境の変動や運用状況・成果を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりません。
  • 本資料中の指数等の知的所有権、その他一切の権利はその発行者および許諾者に帰属します。また、発行者および許諾者が指数等の正確性、完全性を保証するものではありません。各指数等に関する免責事項等については、委託会社のホームページ(https://www.am.mufg.jp/other/disclaimer.html)を合わせてご確認ください。
  • 本資料の内容は作成時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
  • 本資料は信頼できると判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性等を保証するものではありません。

免責事項・注意事項

  • 本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。
  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
新しいウィンドウで開きます。重要な開示事項(利益相反関係等)について

お客様サイトへログイン

商品・サービスのご案内

  • HYPER 空売りキャンペーン
  • 新登場「STOCK REPORTS」
  • 1日の約定代金最大300万まで手数料0円!
  • 株式投資口座
  • 専門家による銘柄分析!アナリストレポート
  • 日証金の証券担保ローン コムストックローン

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.