SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2022-01-23 08:55:57

NISA・つみたてNISA > 今年のNISAは今年のウチに!NISA使い切りオススメ銘柄ランキング

今年のNISAは今年のウチに!NISA使い切りオススメ銘柄ランキング

投資初心者必見!春のNISAおすすめ銘柄特集!

今年も残すところあとわずか。NISA枠のご利用状況はいかがでしょうか。NISAとは、年間120万円の投資枠から得た利益に対して、税金が非課税になる制度です。ただし、投資を行わなかった未使用枠の翌年以降への繰越しはできません。
そこで、「NISAで残っている投資枠をどう活用しよう・・・」と迷っている方のために、12月株主優待銘柄や投資信託・米国ETFの人気銘柄をランキング形式でご紹介!ぜひ、参考にしてNISA枠を使い切りましょう!

1株主優待で使い切ろう!120万円以下で買える人気銘柄ランキング

株式投資の魅力の一つとして株主優待があります。株主優待とは、企業から株主へ、割引券や優待券など、その企業に関連する商品を提供する制度です。NISA枠を活用して投資先企業から株主優待をもらいましょう!

総合ランキング

順位

銘柄名

参考最低獲得金額

優待内容

取引

日本たばこ産業(2914) 229,100

自社商品等

現買

楽天グループ(4755) 123,100

自社電子マネー等

現買

日本マクドナルドホールディングス(2702) 513,000

飲食券

現買

4位

すかいらーくホールディングス(3197) 152,200

飲食券

現買

5位

ヒューリック(3003) 335,700

商品

現買

6位

キリンホールディングス(2503) 192,850

自社グループ商品等

現買

7位

アウトソーシング(2427) 157,400

クオカード

現買

8位

ライオン(4912) 175,200

自社製品

現買

9位

サッポロホールディングス(2501) 233,400

食品・飲料詰合せ

現買

10位

ファンペップ(4881) 29,900

商品購入割引

現買

  • ※12月権利確定銘柄(優待の獲得に継続保有条件がある銘柄を除く)で、2020/12/1〜12/31の1ヶ月間でSBI証券のお客さまの取引者数が多く人気のある銘柄。株主優待内容は、東洋経済新報社のデータを元にSBI証券作成。
  • ※参考最低獲得金額は2021/11/24終値と優待の取得に必要な最低購入株数をかけた金額です。
  • ※なお、本ページでご紹介する銘柄は客観的な基準に基づき抽出したものであり、個別の銘柄の売買を推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はお客さまご自身の判断でお願いいたします。
  • ※継続保有や長期保有特典による株主優待を実施している銘柄については、権利確定日における株式の保有だけでなく、保有期間、保有株数等の条件が付随する場合があります。付随条件のある株式の株主優待取得ご希望の場合には、必ずご自身で各発行会社の株主優待内容をご確認ください。

優待内容や大型優良株などのこだわり条件で銘柄が探せる便利なツールはこちら

お取引

2投資信託では何が人気?NISA買付金額ランキング!

100円から1円単位で買付ができる投資信託なら、NISA枠使って様々な投資信託を購入することができます!2021年後半の人気ファンドをランキングでご紹介しておりますので、ファンド選びのご参考にしてみてください!

  • ※2021/11/15 〜 2021/11/19の期間中のSBI証券販売金額ランキングを表示しております。
  • ※当社取扱いの国内公募株式投資信託(MMF/中F、公社債投信、外国籍投信、ETF/ETN、WEB非取扱ファンド、買付停止中のファンド、償還済みのファンド等を除く)に関する販売実績を基に、販売金額(再投資を除く)が多い銘柄順で表示。

3ポイント倍増中!SBI証券推奨のアクティブファンド販売金額ランキング!

  • ※キャンペーン対象銘柄の2021/11/25時点での販売金額ランキングです。
    詳しくはキャンペーンページをご覧ください。

4米国投資なら!上半期米国ETF買付金額ランキング

分散投資に適していることや、保有コストが低いことから人気の米国ETF。
NISA、ジュニアNISA口座預りで買付いただくと買付手数料が無料となるなど、NISA、ジュニアNISA口座との相性はバッチリです!こちらで紹介している人気のETFでぜひ、米国ETFデビューをしてみてはいかがでしょうか!

順位

ティッカー

銘柄名

特徴

取引

SPYD SPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF

S&P500高配当指数のトータルリターン(経費控除前)のパフォーマンスに概ね連動する投資成果を上げることを目標とする。

買付

定期

VOO バンガード S&P 500 ETF

S&P 500指数の投資パフォーマンスに連動する投資成果を目指す。

買付

定期

VYM バンガード 米国高配当株式ETF

高い配当利回りの銘柄で構成されているETF。

買付

定期

4位

VTI バンガード トータル ストック マーケット ETF

米国株式市場の投資可能銘柄のほぼ100%をカバーしている。

買付

定期

5位

VT バンガード トータル ワールド ストックETF

米国を含む全世界の先進国株式市場および新興国株式市場を投資対象とし、FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスに連動した投資成果を目指す。

買付

定期

  • ※2021/4〜2021/9の期間で、SBI証券のNISA、ジュニアNISA口座預りでお取引された方が多かった米国ETF銘柄人気ランキング

おすすめのキャンペーン

NISA・つみたてNISAの金融機関変更完了で1,000名様に2,000円当たる!NISA・つみたてNISA乗換キャンペーン

NISA・つみたてNISAの金融機関変更完了で1,000名様に2,000円当たる!NISA・つみたてNISA乗換キャンペーン

キャンペーン期間中に他の金融機関で開設された「NISA」「つみたてNISA」を、SBI証券へ金融機関変更され、開設が完了されたお客さまがキャンペーンの対象となります。

キャンペーン期間:2021/10/1(金)〜2022/2/15(火)

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
新しいウィンドウで開きます。重要な開示事項(利益相反関係等)について

NISA・つみたてNISAのご注意事項

  • リスク及び手数料について
    SBI証券の取扱商品は、商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますので、詳細につきましては、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。
  • 同一年において1人1口座(1金融機関)しか開設できません
    つみたてNISAの口座開設は、金融機関を変更した場合を除き、1人につき1口座に限られ、複数の金融機関にはお申し込みいただけません。金融機関の変更により、複数の金融機関でつみたてNISAの口座を開設されたことになる場合でも、各年において1つの口座でしかお取引いただけません。また、つみたてNISAの口座内に保有されている商品を他の年分の勘定又は金融機関に移管することもできません。なお、金融機関を変更される年分の勘定にて、既に金融商品をお買付されていた場合、その年分について金融機関を変更することはできません。
  • つみたてNISAで購入できる商品はSBI証券が指定する商品に限られます
    SBI証券におけるつみたてNISAの取扱商品は公募株式投資信託となります。※取扱商品は今後変更の可能性があります。
  • 非課税投資枠が設定され、売却するとその非課税投資枠の再利用はできません
    つみたてNISAの非課税投資枠は年間40万円までとなります。非課税投資枠は途中売却が可能ですが、売却部分の枠の再利用はできません。また、投資を行わなかった未使用枠の翌年以降への繰越しはできません。
    投資信託における分配金のうち特別分配金(元本払戻金)は、従来より非課税であり、つみたてNISAにおいては制度上のメリットは享受できません。
  • 損失は税務上ないものとされます
    つみたてNISAの口座で発生した損失は税務上ないものとされ、一般口座や特定口座での譲渡益・配当金等と損益通算はできず、繰越控除もできません。
  • NISAとつみたてNISAはいずれかの選択制です
    NISA・つみたてNISAは選択制であり、同一年に両方の適用を受けることはできず、原則として変更は各年においてお申し込みいただく必要があります。
  • つみたてNISAでは積立による定期・継続的な買付しかできません
    つみたてNISAでのお取引は積立契約に基づく定期かつ継続的な方法による買付に限られます。
  • つみたてNISAではロールオーバーができません
    つみたてNISAはNISAと異なり、ロールオーバーにより口座内に保有されている商品を異なる年分の勘定に移管することはできません。
  • つみたてNISAでは信託報酬等の概算値が原則として年1回通知されます
    つみたてNISAで買付した投資信託の信託報酬等の概算値を原則として年1回通知いたします。
  • つみたてNISAでは基準経過日における氏名・住所の確認が求められます
    つみたてNISAでは口座を設定してから10年経過日、および以後5年を経過するごとに氏名・住所等の確認が必要となります。当社がお客さまの氏名・住所等が確認できない場合にはお取引ができなくなる場合もございますのでご注意ください。

お客様サイトへログイン

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.