SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2022-05-26 02:24:27

マーケット > レポート >  特集レポート >  【マーケット・フラッシュ】海外のイベント待ちで投資家の様子見姿勢は強まる?

【マーケット・フラッシュ】海外のイベント待ちで投資家の様子見姿勢は強まる?

2022/5/2
投資情報部 齊木 良

米国現地28日(木)、29日(金)の米国株式市場は値動きが大きい展開でした。28日はメタ プラットフォームズ(フェイスブック)の決算内容が好感されてS&P500指数(以下、S&P500)とナスダック総合指数(以下、ナスダック)はそれぞれ2.5%高、3.1%高の大幅高になりましたが、29日はアマゾン ドット コムの業績見通しが嫌気されたことやアップルがサプライチェーンの制約で4-6月の売上高に与える悪影響が最大80億ドルになる可能性を明らかにしたことなどから、S&P500は3.6%安、ナスダックは4.2%安になりました。特にナスダックは52週安値を更新するとともに昨年11月の高値から見て2割以上の下落、いわゆる弱気相場に入りました。VIX指数も33.4と30を超えており、地合いの悪さが感じられます。

4月の月間騰落率ではS&P500が8.8%安となり2020年3月以来、ナスダックは13.3%安で2008年10月以来のパフォーマンスの悪さになりました。主力ハイテク5社(GAFAM)の決算を受けた株価の動きを見ると、マイクロソフトとメタ プラットフォームズは株価が上昇して好感されましたが、アップルやアルファベット A(グーグル)、アマゾン ドット コムは株価が下落しました。株価の動きを見る限り、ややネガティブな印象があります。

ここ1ヵ月の米国株式市場の株価下落要因は、①米金融当局による積極的な利上げ懸念、②中国上海のロックダウンによるサプライチェーン制約や景気減速懸念、③ロシア、ウクライナ問題の長期化懸念、などが挙げられます。

①に関しては5月3-4日にFOMCがあり、政策金利の0.5%ポイントの引き上げが見込まれています。利上げが予想通りにとどまれば一旦株式市場は落ち着きを取り戻す可能性があります。FOMCの後にはパウエルFRB議長の記者会見もありますので、資産圧縮計画などの発言内容も合わせて注目されそうです。

②に関しては4月30日に発表された中国の4月製造業購買担当者指数(PMI)が前月より2.1ポイント低下して47.4になりました。好不況の分かれ目である50を2ヵ月連続で下回っています。中国は5月4日まで祝日で中国本土株式市場が休場になるため、PMIを受けた中国株の反応をすぐには確認できませんが、ネガティブな印象は払拭できないと思われます。

③に関してはロシアが5月9日の対独戦勝記念日になんらかのアクションを起こすかどうかが注目されます。一部報道ではロシアが開戦を宣言して、大規模動員に乗り出す可能性も報じられています。

今週の日本株は、ゴールデンウィークを挟み営業日数が少ない中、前述のFOMCがあるほか、米国現地6日には米雇用統計も控え、ポジションが取りにくく、イベント待ちの神経質な展開になる可能性があります。従って方向感が出るのは早くて来週以降と言えそうです。

  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
    重要な開示事項(利益相反関係等)について新しいウィンドウで開きます。

<手数料等及びリスク情報について>

  • 当社の取扱商品は、各商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引、外国為替保証金取引、取引所CFD(くりっく株365)では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等およびリスク情報につきましては、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ及び金融商品取引法に係る表示並びに契約締結前交付書面等の記載内容をご確認ください。
    金融商品取引法に係る表示はこちら新しいウィンドウで開きます。
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

  • オンラインセミナー
  • 【HYPER SBI 2で取引すればさらにお得!?】日計り信用取引キャンペーン

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

入金・出金・振替

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.