SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2022-05-26 02:08:18

マーケット > レポート >  特集レポート >  【マーケット・フラッシュ】NY・東京市場株価急落を単純に「0.5%利上げ懸念」で片づけてよいのか?

【マーケット・フラッシュ】NY・東京市場株価急落を単純に「0.5%利上げ懸念」で片づけてよいのか?

2022/4/25
投資情報部 鈴木 英之

4/22(金)の米国株式市場では、NYダウが前日比981ドル安し、大幅続落となりました。その理由としては、パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長が、(次回のFOMCで)0.5%の利上げを示唆したことに加え、その後も「速いペースで動くことが適切だ」と述べ、急速・大幅な利上げが景気減速・後退を招くと懸念されたためと説明しています。

この見方については、おおむねその通りではあるものの、一部注意すべき点がありそうです。特に、次回FOMCで0.5%利上げされる可能性については、短期金融市場が予想していた確率が4月下旬頃から90%を上回っており、すでに織り込み済みとなっていたと考えられます。それどころか、すでに0.5%の利上げが年内3〜4回あるというのが市場コンセンサスであり、特に新しい観点ではなかったという点です。
ただ、市場では、FRBの利上げについて「フロントローディング(最初に重点的に行う)」の方向性が指摘されています。現在、短期金融市場では、6/15(水)に結果発表のFOMCにおいて、政策金利上限(現行は0.5%)が1.75%になる確率が76.7%とされ、5月0.5%利上げを加味すると、このFOMCでは0.75%利上げされる可能性がコンセンサスになっていると見受けられます。

「0.5%」が意外だったのではなく、「0.75%」利上げされるFOMCも意識され始めたことが警戒されたと考えられます。

より本質的には、インフレ・金利上昇と景気減速・後退が並行するスタグフレーションの可能性が強まったことが、株価下落の背景であると考えられます。4/21(木)にはフィラデルフィア連銀製造業景況指数(4月)が市場予想を下回り、3月から低下しました。4/22(金)に発表の米国総合PMIでは価格指数が上昇し、景況感が市場予想を下回ったことが確認されています。今後、景況感の悪化を示唆する材料がさらに続き、スタグフレーション懸念を強めないか否か、注意が必要になりそうです。

なお、4/24(日)実施の仏大統領選挙では、現職のマクロン氏の当選確実が報じられています。事前には市場やメディアの一部で、反NATOを掲げる極右のルペン氏が当選する可能性も残っていることが懸念され、同氏当選の場合は株価急落の可能性が指摘されていました。直前にはマクロン氏の支持率が回復傾向であったため、警戒感は後退していたとみられるものの、市場の一部には事前に持ち高を整理した向きもあったとみられます。4/22(金)の株価急落の要因は、利上げに関する懸念だけではなかった可能性もありそうです。

4/25(月)午前の東京株式市場では、日経平均株価が一時600円超も下げる展開になっています。前週末にかけて米国株が続落した流れを引き継いだとみられます。当面は4/12(火)取引時間中安値26,304円、チャート上の窓埋め水準に相当する3/16(水)取引時間中高値25,824円等が下値支持ラインになりそうです。

  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
    重要な開示事項(利益相反関係等)について新しいウィンドウで開きます。

<手数料等及びリスク情報について>

  • 当社の取扱商品は、各商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引、外国為替保証金取引、取引所CFD(くりっく株365)では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等およびリスク情報につきましては、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ及び金融商品取引法に係る表示並びに契約締結前交付書面等の記載内容をご確認ください。
    金融商品取引法に係る表示はこちら新しいウィンドウで開きます。
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

  • オンラインセミナー
  • 【HYPER SBI 2で取引すればさらにお得!?】日計り信用取引キャンペーン

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

入金・出金・振替

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.