SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2021-10-25 00:44:30

マーケット > レポート >  特集レポート >  【マーケット・フラッシュ】週明け株式市場が急落〜要因は恒大問題?それとも国内政治問題?

【マーケット・フラッシュ】週明け株式市場が急落〜要因は恒大問題?それとも国内政治問題?

2021/10/4
投資情報部 鈴木 英之

10/4(月)の東京株式市場では、日経平均株価が一時274円高水準まで買われたものの、次第に売りが優勢となり、前週末比400円超下げる場面もみられました。結局、大引けは326円安の28,444円となりました。

前週末のNY株高を受けて買いが先行しましたが、中国恒大問題への不透明感が続く中、当の中国恒大集団(03333)と、子会社で不動産管理事業の恒大物業(06666)が、香港株式市場において売買停止になり、不透明感を嫌気した売りを誘発したものと考えられます。

なお、10/4(月)の香港市場では、中国本土の不動産開発・運用等を営む合生創展(00754)も売買停止になっていました。同社が、上記の恒大物業(06666)の株式の51%を400億香港ドル(約5,700億円)で買収するとの一部報道があったことを考えると、売買停止の理由がこのM&Aにあった可能性はありそうです。だとすると、10/4(月)の東京株式市場の下落は、やや過剰反応であった可能性もありそうです。

ただ、恒大問題は長期化する公算が大きいと考えられます。10月も12日に1億4,813万ドル、19日に1億2,180万元、30日に1,425万ドルと利払い日が集中する予定です。年内は12月28日に2億5,520万ドルと大きめの利払い日があり、しばらくは目の離せない状態が続きそうです。

恒大問題について中長期的には、具体的な債務再編がより重要になってきます。考えられるシナリオとしては、以下の3つのパターンが想定されます。
(1)中国当局が介入せず、破綻を放置する。
(2)中国当局の介入のもと、秩序ある再編を実施する。
(3)中国当局が全面的に介入し、救済する。

総合的に考えると(2)の可能性が大きいと、SBI証券投資情報部では考えています。

なお、この日は臨時国会が召集され、岸田氏が第100代の内閣総理大臣に指名されました。4日の株価の下落を、新内閣の厳しい船出と結び付ける見方も出てきそうですが、主要な下落要因ではないかもしれません。特に一部で懸念されている配当や譲渡益に対する課税の強化ですが、総選挙を前に議題にのぼる可能性は小さいとみられます。

  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
    重要な開示事項(利益相反関係等)について新しいウィンドウで開きます。

<手数料等及びリスク情報について>

  • 当社の取扱商品は、各商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引、外国為替保証金取引、取引所CFD(くりっく株365)では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等およびリスク情報につきましては、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ及び金融商品取引法に係る表示並びに契約締結前交付書面等の記載内容をご確認ください。
    金融商品取引法に係る表示はこちら新しいウィンドウで開きます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

  • 現物取引をされている方必見!信用取引デビュー&おかえりキャンペーン

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.